恐怖医科大

フミ夫は将来大学に行きたいなあと考えている。

「京都府立医科大学か、略すとキョウフ医科大だな。医学部には解剖用のホルマリン漬けの死体があるらしいな、確かに恐怖だ」

大丈夫医学部は無理。

「愛知総合医大か、アイソウイ大だ。みんな愛想がいいのかな。中には無愛想な奴もいるだろ」

まだ医学部に行くつもりか。

「東京芸大か、ゲー大ならゲーム作りでも教えてくれるのかな? ゲームの攻略法を教えてくれると助かるんだけど」

「成城大学か、セイジョウ大学ねえ。なかには異常な奴もいるかもな」


お前が異常だ、大学はあきらめろ。

いや待てよ、早稲田の隣の大学なら受かるかも。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る