受付嬢

 フミ夫は少し不眠症で病院に通っている。

病院には目元の涼しい受付嬢がいる。

彼は他の患者の迷惑を尻目に、この受付嬢と

ずっとおしゃべりをエンジョイしている。

「僕の手って暖かいんですよ、触ってみます?」

セクハラだ。

「なんかヌルヌルしてるわ」

「グッ」

「写真撮っていいすか?」「お金とるわよ」

「払います!」

冗談でうまくかわされたのに、マジになっている。


こいつは強烈な睡眠薬で20時間くらい眠らせたほうが社会のためだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る