第47話 気丈のポイズワロウ

「ちょっ、まだ攻撃しようとして来てるんだけど!? さ、さすがにもう一発ぐらいで倒せるよね??」

「は……はイムぅ」


 そうであって欲しいと願いを込めてスララスに問いかける歩斗。

 ハッキリ答えられるわけが無いものの、同じくそうであって欲しいとばかりに弱々しく答えるスララス。

 それに比べて、毒魔物軍団のリーダー毒ツバメの瞳は一切ブレない。

 その背後、歩斗が放った毒爆の矢に対する驚きがまだ抜けずに怯える5体の魔物たちを守るかのように、毒ツバメは力強く翼を羽ばたかせている。


「なんかちょっとやりづらいような……ってダメダメ! ボクは一刻も早く魔物10体倒すミッションをクリアして、母さんが閉じ込められてる地下の階段を出さないといけないんだから!」

「はイムぅ!」


 改めて目的を思い出し、弓を持つ手に力を込める歩斗。

 その意気込みを感じ取った相棒も、ピョンと小さくジャンプして応える。

 そんな両者の間を生ぬるい風が吹き抜けたのをきっかけに、バトルが再開!


「これで終わりだロウ!!」


 毒ツバメは翼を大きく広げて真上に飛び上がったかと思うと、スッと頭を下げて猛烈なスピードで下降し始めた。

 その先に居るのはもちろん歩斗とスララス!


「こっちこそ、これで終わりだよ!!」


 今日一番の集中を見せる歩斗の両手は、一切ブレることなく弓と矢を掴んでいた。

 それを斜め上に向けて迷わず放った毒爆の矢は、相手めがけて一直線に飛んでいく。


 パンッ!


 鳴り響く破裂音は見事命中した証。


「よっしゃ!」


 手応えバッチリの歩斗。

 自信に満ちた目で、力なく落下する毒ツバメの様子を見つめていた……のだが。


 ボワッ。


 毒ツバメの体から飛び出した『32』の数字煙はまたしても白!


「えっ!?」


 三度目の正直とはならず、動揺する歩斗。


「まだまだまだロウ!!」


 地面に落ちる直前、毒ツバメの体がクルンと縦方向に回転し、そのクチバシを歩斗に向けると、低空飛行でどんどん加速していく。


「イムゥ!!」

「わ、わかってるよ! えいっ!」


 もしかして一生倒せないんじゃないか……一瞬よぎった不安を追い払うように、歩斗は思いきり矢を放った。

 低空を猛スピードで飛んでくる敵にピンポイントで合わせるのは至難の業。

 だが、この短時間で歩斗のスキルが飛躍的にアップしたのか、上質な弓矢のおかげか、とにかく放たれた矢は見事に的中!


 パンッ!


 破裂音と共にドサッと草の生えた地面に落ちた毒ツバメの体から、ついに赤い数字煙が飛び出した。


「よっしゃ! あと一発!!」


 歩斗が喜んだのも束の間、なんとすぐさま毒ツバメの体がフワリを浮き上がり、弱々しく翼を羽ばたかせ始めた。


「な、なんで!?」


 歩斗の口から咄嗟に出た一言に対し、ゆっくり飛んで近づいてくる毒ツバメのクチバシが開いた。


「オ……俺がやられたらアイツら全滅だロウ……そうはさせないロウ……」


 瀕死状態とは裏腹に、毒ツバメの目はギラギラと輝いていた。


「イ……イムゥ……!」


 恐れおののくスララス。

 歩斗は口を真一文字に結び、決意に満ちた表情を浮かべていた。

 そして、右手に持った矢をしっかり確認し、弓に添える。

 ギリギリと張り詰める弦の音。

 矢尻を向ける先はもちろん……。


「えいっ!!!」


 気合と共に放たれた矢は、一瞬で毒ツバメの体をとらえた。


 パンッ……と鳴らない。

 HPが0になり、毒ツバメの体がスーッと消え……ることもない。

 ただ静かに、『34』の数字煙が浮かんで消えた。


「人間の子供のくせに強すぎだロウ……俺の完敗だロウ……。身勝手だと分かってるが、俺の命と引き換えにアイツらだけは……」


 てっきり最後の攻撃を受けたと勘違いして、死に際の言葉を呟き続ける毒ツバメ。

 しかし、その体がスーッと消えることは無い。


「イムイムゥ……??」


 スララスも何が起きたのかよく分からず、ハテナマークに満ちた眼差しで歩斗を見上げた。


「い、一体どーなったの……!?」


 ずっと草むらに隠れていたケリッツが、しびれを切らして飛び出して来た。


「だって……カッコ良すぎなんだもん!」


 歩斗の言葉を聞き、さらにポカンとするスララスとケリッツ。

 そんな変な空気を切り裂いたのは、バサバサと羽ばたく翼の音。


「うわぁーイムゥ!」

「ひぃぃ!!」


 ゆっくり飛んで近づいてくる毒ツバメの姿に気づき、悲鳴をあげるスララスとケリッツ。


「どうしてトドメを刺さなかったんだロウ!? それどころか回復させるなんて……」


 何をされたのか気付いた毒ツバメが問いかけた相手はもちろん歩斗。


「えっ? だーかーら、カッコ良かったから、って言ってるじゃん! 聞いてなかった?」

「い、いや、そんなの答えになって無いだロウ……」


 戸惑う毒ツバメ。

 紫色の顔が、心なしか少し赤みがかって見えた。


「だって、めちゃくちゃ仲間想いじゃん! 自分の体張って守るとか、絶対悪い人……じゃなくて悪い魔物なわけないよ~」


 歩斗の“ストレートな言葉攻撃”が炸裂。

 スララスとケリッツも、そういうことだったのか、と納得の表情を浮かべた。

 そして毒ツバメはゆっくり飛び続け、歩斗のすぐ前まで来たところでストップ。

 歩斗の目線に合わせた高さをキープしながら、静かに言葉を口にした。


「……お前の気持ちは分かったロウ。だが、元はと言えば攻撃をしかけたのはオレたちだロウ。このまま倒されずに終わるわけには──」

「もう! 何にも分かってないじゃんか! 僕たちは別に魔物を倒すためにやってるわけじゃないんだから!」


 プンスカとやんわり怒りながら口を尖らす歩斗。


「……それじゃ、何のためにこの島へやって来たのかロウ?」

「そりゃもう、魔物を10体倒すため……あっ」


 恐るべき早さで矛盾を口にしてしまった歩斗は恥ずかしそうにエヘヘと笑った。

 一方、毒ツバメは真顔でそれを受け止める。


「10体……ってことは、やっぱりオレたちを全滅させに来たってことかロウ?」

「いや、違う違う! 魔物を10体って指示されただけだから、別に誰でも良いんじゃないの……かな?」


 未だに魔法陣鍵ミッションについてピンと来ていない歩斗。

 だが、魔物を率いるリーダーだけあって頭が切れるのか、毒ツバメの魔物は戸惑うことなく話を続けた。


「なるほどロウ。ということは、あと6体の魔物を倒す事さえできれば、それが誰であっても良いってことかロウ……?」

「うんうん! そゆこと!!」

「それは良かったロウ。ただ、1つだけ言っておくロウ」

「えっ? なになに?」

はとにかく強いロウ。この場でオレたちを倒した方が何倍も楽だったと後悔するかも知れないがそれでも良いのかロウ?」

「うん。もう決めたから。キミたちとは戦いたくないって」


 淀みなく答える歩斗の顔は、この島に来るまでと比べて幾分大人っぽくなっていた。


「良いだロウ」


 毒ツバメはニヤリと笑った。


「オレの名前はポイズワロウ」

「おお、名前も格好いい! あっ、ボクは歩斗! で、こっちがスララスで、そっちがケリッツ!」

「よし、こっちへ付いて来い」


 毒ツバメもといポイズワロウはバサッと大きく翼を羽ばたかせると、紫色のクチバシを遠くに見える森の方へと向けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます