毒多島の戦い

第42話 毒多島と10体の魔物

「うひゃっ! き、君は誰!? どこから来たの??」


 背後から綺麗に裏返った声がしたが、歩斗に一瞬でも振り向く余裕は無い。

 なぜなら、正面に並ぶ10体の魔物がどいつもこいつも自分に向かって睨みを利かせているのだ。

 10体の姿形は様々だが、その色はどれも毒々しい紫色。

 スライムっぽい奴もいれば、鳥のように翼を羽ばたかせてホバリングしてる奴もいたり、ヘビのようにニョロニョロと地面を這ってる奴もいる。


「ちょっ、どーなってんのこれ!?」


 前を見据えたまま叫ぶ歩斗。

 目玉だけ右に左にキョロキョロ動かしてみるが、知ってる景色はゼロ。

 分かる事といったら、ここがまったく見知らぬ土地であるという事ぐらい。

 この草原は高い丘の上にあるみたいでやたら見晴らしが良く、遠くの方には海の端っこと思しき青色も見える。

 そう言えば、少し前にユセリから『ここ(半分涼坂家近辺〉からずっと南には大きな海が広がってるんだよ』なんて話を聞いたことがあったっけ……なんて歩斗が思い出を引っ張りだそうとしたその時。


「ムラドォォォォ!」


 10体の内の1体、小さな鳥のような魔物が甲高い叫びを上げながら歩斗に向かって襲いかかって来た。


「うわっ、いきなり来るの!? ちょっ……えいっ!」


 歩斗は焦りながらも条件反射的に弓矢を手に取り、鳥タイプの魔物に狙いを定めて矢を放った。

 

 ヒューン……スッ。


「あっ、ミスった!」


 それは、鳥タイプの奴が巧みに翼を動かして矢を避けたから……では無い。

 歩斗は相変わらず回復の弓矢しか持っておらず、明らかに今のは無駄撃ち。


「惜しい~!!」


 後方から聞こえるのは、事情を知らない青年の悔しがる声。

 そして、前方からは鳥の魔物が急接近。


「結局ボクが頼れるのはこれっきゃない! 出でよスララスやーい!」


 歩斗は首に巻いたチョーカーを手で触れながら勇ましく叫んだ。

 穏やかな草原に一筋の風が吹き抜け、


「呼ばれて駆けつけイムイム~!」


 と、陽気な声と共に歩斗の頼れる相棒スララスが姿を現した。


「歩斗さん、ちーっすイム!」

「スララスちーっす!」


 歩斗が高々と上げた右手に向かって、スララスがピョーンとジャンプしてハイタッチ……いや、をした。

 さらにスララスは驚くべきことに……。


「ヒャー!? スライムが……飛んでる!?」


 見知らぬ青年が驚くのも無理は無い。

 ピンチになるとすぐに呼び寄せる歩斗のおかげ(せい?)で、スララスのレベルは12にまで上がっていて、レベルが10になった時に覚えた特殊スキルが〈ぶるぶるホバリング〉。

 その原理はさっぱり分からない歩斗だったが、スララスが体をぶるぶる震わすようにしてホバリングする姿が異常に愛らしく、永遠に見ていられるほど大好きな能力だった。

 しかし、だからといってそれだけで敵も攻撃をやめてくれると思ったら大間違い。


「ムラドォォ~オ!」


 好戦的な鳥タイプの魔物はもう目と鼻の先、そのクチバシは的確に歩斗……ではなく、スララスのプルプルボディを捉えていた。


「スララス!!」


 不安に満ちた表情で叫ぶ歩斗……は、すぐにニヤリと笑って見せた。


「なんてね! うちのスララスを舐めたら痛い目見るよっ!」


 余裕のセリフをぶちかますの同時に、鳥魔物の攻撃がスララスにヒット!


 ……ボヨヨ~ン!


 勢いよく飛び込んで来た魔物のクチバシがスララスの体に深く突き刺さったかと思いきや、プルプルボディがボヨンと膨らみ、その反動で逆に鳥の魔物が思いきりはじけ飛んだ。


「スララスナイス!」

「イムイムゥ~!!」


 歩斗に褒められ、誇らしげに口角を上げるスララス。

 レベル12は伊達じゃ無い。

 対する“魔物軍団”は思わぬ迎撃力を目の当たりにして警戒心を強めたのか、地面に倒れたままの鳥魔物を中心に円陣を組み、作戦会議を始めていた。

 未知なる場所へ飛ばされた歩斗に初めて余裕が生まれ、ずっと気になってた声の主を確認するためにチラッと後ろを振り向いてみる。


「ど、どうも~。いやぁ、凄いっすねぇ~!!」


 そこに居たのは明らかに歩斗より年上の青年。

 これといって特徴の無い布の服を身にまとう本人自身も、いたって普通の青年といった面持ち。


「えへへ、そうかなぁ……って、凄いのはスララスか。ねえそれより、ここどこ??」


 歩斗は、とにかく一番気になる質問を投げかけた。

 ほんの少し前まで居たあの塔の一室とは丸っきり逆、閉塞感のへの字も無い開放的なこの草原は一体……。

  

「ここは〈毒多島どくたじま〉! 知らずに来たの??」


 不思議そうに小首を傾げる青年。

 歩斗は魔物軍団の方へチラチラと視線を送り、まだ会議中なのを確認してから続けた。


「ぜんっぜん! 何もかもさっぱり分からないんだけど! お兄さん……いや、おじさん? はなんでここにいんの?」

「お、おじさん……!? ま、まあいいや、僕は〈毒消し草〉を採りにここへやって来たんだ。ここは毒消し草の宝庫だからね」


 爽やかに答えるおじさんもとい青年。


「君もてっきり同じだと思ったんだけど、違うの? もしかして、ただバトルがしたくてやって来たとか??」

「うん、毒消し草には全然興味ないけど、バトルしに来たわけじゃ……あっ、そう言われてみるとそうかも」


 歩斗は魔法陣鍵の下に浮かび上がった『魔物10体討伐(難易度E)』という言葉を思い出していた。

 呪文を唱えながらその魔法陣に触れた直後、眩しい光に包まれてこの草原に転移。

 目の前に10体の魔物。

 と言う事は……。


「あれを全部倒せば魔法陣の鍵を開けることが出来るってわけか!」


 歩斗はニカッと笑いながら両手をパチンと叩いた。

 難しい算数の問題がスルッと解けた時のような爽快感。

 それを感じ取ったのか、スララスも「イムイムゥ~」と嬉しそうな表情を浮かべながら、歩斗の足下にプルルンボディをスリスリする。

 澄み渡った青空のように爽やかな空気に包まれる中、青年の顔は何故かどんよりと曇っていた。


「ねえ君……」

「ん? なに?」

「魔物とバトルをしにやってきたとか、もしかして悪者じゃないよね?」

「えっ? 悪者!? ううん、違うよ! ボクはヒーロー……ってわけでも無いけど、地下1階に閉じ込められた母さんを助けに来たんだし」


 歩斗は戸惑いながらも素直に答えた。


「えっ? 母親を助けに?? って、それじゃ……僕と同じじゃないか」


 青年は歩斗の言葉を聞いて警戒心を緩めたものの、その顔はまだ曇ったまま。


「同じ? ってことは、おじさんもおじさんの母さんを助けるためにここに来たってこと?」

「ああ、そうだよ。僕の母親は悪者に騙されて〈ポズニティ病〉というとんでもない病気にかかってしまったのさ」

「ポズニティ? ちょっと良くわかんないけど……」

「うん。僕も母親がかかるまで、そんな病気なんて存在すら知らなかったから。どんなに体を休ませても、ずっと毒状態から回復する事がないというとんでもない症状の事も……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます