第39話 黒マントの少年レムゼ

「ただいまー!」

「ただいま~!」


 不幸中の幸いと言うべきか、鍵を掛け忘れた玄関のドアを開け、歩斗と優衣が我先にと競い合うように家の中へとなだれ込んで来た。

 学校生活の疲れを愛しの我が家で癒やすため……なわけない。


「今日こそ敵を倒しまくってレベル5になってやる!」

「えっ? お兄ちゃん6年生にもなってまだレベル4ってこと?」


 優衣は洗面所でゴシゴシと手洗いしつつ、兄に向かってニヤニヤ笑ってみせた。


「が、学年は関係ねーだろがい! そういうユイはいくつなんだよ!」


 手を洗いながら勢いで返してしまい、しまったと顔をしかめる歩斗。


「へへん、それ聞いちゃう? 私はね……まだレベル9。最近あまりアッチに行けなくてさぁ~。伸び悩んでるんだよねぇ~ふふっ」

「……クッ! イヤミか!」

「へへへ~、でもそれ聞いて来たのアユにいからだけどねっ」


 石けんを洗い流し、コップに水を入れて余裕の表情でうがいを始める優衣。


「ぐぐぐ……返す言葉がねぇ……!」


 歩斗は悔しがりながら、一歩遅れて口に水を含む。

 どうやら会話レベルに関しては4と9以上の開きがありそうだ。

 洗面所にはガラガラガラ声のユニゾンが響き、兄妹そろってペッと同時に吐き出す。


「つーかさ」

「なに?」

「これからまた“外”に行くのに、うがい手洗い要る??」

「お兄ちゃん、それはってもんだよ。ロフミリアの人たちや魔物さんたちからしたら、私たちはよそ者なんだからね。ちゃんと清潔にして行くのが礼儀でしょ?」

「ブスイ……? むむむ……」

「って、せっかく久し振りに行けるのに時間がもったいない! おっさき~!!」


 優衣は廊下に出て階段を駆け上がり、部屋に入ってランドセルを置きつつピンクゴールドの剣を持ち、あっという間にリビングに下りてきた。


「うわっ、ずりぃ! ちょっ待てよ!!」


 歩斗も慌てて階段を駆け上がって子供部屋にランドセルを置く……と、その時。

 ベッドの上で丸くなって気持ちよさそうに眠ってる愛猫ささみの姿を見つけた。


「ねえ、一緒に──」


 行こう!

 と言いかけてブレーキをかける歩斗。

 なぜならささみは最近、仕事が忙しく帰りが遅くなる直樹が夜な夜な少しだけ異世界探検するのに付き合っており、昼間は大体昼寝する生活リズムになっているのを知ってるから。


「これと……それと……」


 歩斗はつま先立ちで足音を立てないように移動し、物音を立てないように弓矢と魔物召喚チョーカーをゆっくり手に取り、静かに部屋を後にした。

 階段を下りてリビングに行くと、既に異世界へ出ていた優衣が窓越しに不安そうな目を向けてきた。

 

「どうした?」


 歩斗は窓を開け、庭に置きっぱなしの履き古した靴を履きながら妹に声をかける。


「これ……」


 地面を指差す優衣。

 歩斗は靴のつま先をトントンさせながら妹の近くに駆け寄り、指差す辺りに目をやった。

 そこにあったのは、無造作に置かれたスコップと濡れて少し色の変わった土。


「これがどうかしたの? いつもみたく母さんが種を植えたって事でしょ?」

「そーだけど、そのママが居ないじゃん!!」

「あっ……」


 確かに、と歩斗は徐々に優衣の不安な眼差しの意味を理解し始めた。

 学校から帰って来ると、香織は大抵リビングかこの庭に居る。

 もし買い物などで外出するとしたら、書き置きを残しておくか携帯で──。


「そうだ」


 歩斗はポケットからスマホを取りだして画面を確認してみたが、母からのメッセージは届いていない。


「えっ……ヤバくない?」

「もう! お兄ちゃんってば今さら気付いたの??」

「えへへへへ……」


 照れる素振りを見せる歩斗だったが、その目は妹のそれと同じように不安の色で滲んだままだった。

 例えば何かしら急な用事が出来て、書き置きも携帯での連絡も忘れて外出したとしても、それが玄関方向であればそこまで心配する必要は無い。

 おっとりしていて少し天然入ってるとは言え、香織は立派な大人だ。

 ただし、消えた方向が“こっちサイド”だと話は大きく変わってくる。

 この世界ではどこでどんな魔物と遭遇するか分からず、ふいに危険なダンジョンに迷い込むなんて危険性もそこら中に転がっている。

 剣術の才能に溢れてしかもレベル9まで成長した優衣はもちろん、レベル4とは言え頼りになる仲間の魔物を召喚できる歩斗でも、一人で探索することにそれほど心配は要らない。

 しかし、香織はこの世界において全くの無力。

 特別な武器もスキルも無く、レベルはもちろん1のまま。


「……探しに行こう!」

「うん! そんじゃ、私は遠くの方まで行ってみるから、アユにいはこの近くで探しといて!」

「オッケー! ……って、むむむ? なんでボクが近くで優衣が遠く?」


 歩斗は不満げに口を尖らせた。


「なんでって、戦闘力もレベルも明らかに私の方が上だし」


 気持ち良いぐらいズバッと言い切る妹の言葉に対し、兄は「く~……!」と言葉にならない言葉を口にする事しかできなかった。

 ただ、6年生になって少しだけ大人になったのか、歩斗は母が消えたという緊急事態に免じて吐き出したい気持ちをグッと抑え込み、


「よし、そうだな。ユイ、無茶するなよ!」


 と、既に駆けだしていた妹の背中に声をかけた。


「うん! お兄ちゃんもね!」


 振り向きながら親指を立てた拳を突き出す優衣。

 

「おうよ! どっちが先に見つけるか競争だ!」


 歩斗も親指を立て返しつつ、早速リビングの近くを調べ始めた。

 香織が水を撒いた土がまだ濡れていたのを考えると、まだ近くに居る可能性は十分あり得る。

 ただ、例えばとてもすばしっこい魔物や空飛ぶドラゴンみたいな敵にさらわれたりなんて事であれば、短時間でも遙か遠くまで……いやいや、と歩斗は首を横に振った。

 異世界と言ってもこの辺りは平和なもんで、ドラゴンが遙か上空を飛ぶ姿は見たことあっても地上まで降りてくるのなんて1度も見たことが無い。

 歩斗はそう自分に言い聞かせ、


「おーい! 母さんやーい!」


 と周辺の探索を開始した。


 


 半分涼坂家の南側、少し密集した木々を抜けた所で歩斗の足がピタッと止まった。

 ……そう、目の前に見知らぬ塔が姿を現したのだ。


「ん? こんなのあったっけ??」


 コンスタントに異世界へ飛び出していた歩斗ですら、今までこの塔の存在に気付いていなかった。


「うーん……怪しいなぁ……!」


 不安というよりは、ワクワク感強めの表情で塔に近づいて行く歩斗。

 消えた母、謎の塔、その点と点を結びつけないようにする方が難しい。

 鉄の扉の前で腕を組み、仁王立ちで何やら考え込む。


「これは……どうしよ!?」


 このまますぐに入るべきか。

 それとも念のため優衣を呼んでくるべきか。

 もちろん、何が起きるか分からない以上、頼れる妹と一緒の方が安全なのは間違い無い。

 なのに戸惑う理由はただひとつ……兄としてのプライド。

 ついさっき洗面所であんな会話をしたばかりなのに、ここで頼ったりなんかしたら結局また経験値を稼ぐのは妹で、レベルはどんどん水をあけられるばかり。

 ここは勇気を振り絞って一人で中へ……と、足を前に出したその時。


「おい」


 突然、後ろから声が飛んできた。


「えっ?」


 とっさに振り向く歩斗。

 そこに居たのは……見知らぬ少年。

 背丈は自分と同じぐらい。

 真っ黒なマントに身を包み、その顔はやたら蒼白く、そこはかとない薄気味悪さを感じながらも歩斗は「誰?」と聞いてみた。


「はぁ? 失礼なヤツだ。知りたければ名を名乗れ!」

「あ、そうか。ボクの名前はアユト。よろしく」

「フンッ! オレ様はレムゼ。まっ、それを知ったところで……ククク」


 謎の少年レムゼは意味ありげな笑みを浮かべた。

 なんだコイツ、な気持ちで一杯の歩斗だったが、今は緊急事態。


「ねえ、ちょっと聞いても良い?」

「なんだ?」

「この辺で大人の女の人を見かけなかった? たぶんボクに似た感じだと思うんだけど……いや、よく言われるけどボクとしてはそんなに似てるとか思ったことな──」


 無駄な話など聞きたくも無いとばかりに、レムゼは即座に「ああ、見たぜ」と答えた。


「えっ? マジで!?」

「ああ。その中に入ってった」


 顔と同じ蒼白い手で塔の扉を指差した。


「おお、ありがとう! ちょっと見てくる!!」


 歩斗はペコッと軽く頭を下げながら、体をクルッと反転させて塔の扉を開けると、迷わず中へ足を踏み入れた。

 そこは真っ暗。

 やっぱり優衣を呼んできた方が良かったか……と後悔しかけたその時。


 バタンッ!


 もの凄い勢いで扉が閉まる。

 その向こうから、微かに「ククク……」という笑い声が聞こえた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます