第2章 天空の城と伸びる塔の謎

近くて危険な塔

第38話 魔烈の花と白い塔

 冬が終わり、涼坂家の長男歩斗が6年生、長女の優衣が5年生へと学年が1つずつレベルアップ。

 父の直樹は企画発案者及びチームリーダーとして、社運をかけた新作スマホゲーム開発に大忙しだった。

 そして、母の香織は……。


「わぁ、綺麗に咲いたわね~」


 平日の昼下がり。

 香織がリビングの窓を開けると、春の心地良い風に乗って庭一面に咲く花々の匂いが飛び込んで来た。

 その始まりは、宝箱の中に入っていた〈謎の種〉。

 マイホームの半分が異世界に転移してから数ヶ月が経ち、一握りの種がここまで色鮮やかに成長した。

 さすが異世界ロフミリアで拾った種。

 何もせずとも不思議な力で様々な色や形の花を咲かせ……たわけでは無い。


「そうそう、昨日入れといたんだった!」


 香織は体をクルッと反転させ、パタパタとスリッパの音を立てながらキッチンへと向かい、炊飯器の隣にどーんと居すわる存在感たっぷりな黒い釜の中を覗き込んだ。

 そう、それは優衣が異世界での初冒険で持ち帰った錬金釜。

 正確に言えば、これは優衣の異世界友達ロフニスの家に代々伝わる秘宝。

 それを諸事情により涼坂家が預かってるだけなのだが、本人が「気にせず使っちゃって良いですよ!」と言ってくれたので、気にせず大いに活用しているのであった。


「あら、初めて見る感じの種が出来たんじゃない?」


 香織は錬金釜の中からオレンジ色に輝く一粒の種を取りだし、満足げに呟いた。

 何かを2つ入れると別の新しい何かに変わる、そんな不思議な能力を持つこの釜。

 使い方は意外と簡単。

 錬金したいアイテムAとアイテムBを釜の中に入れる。

 さらに、〈錬金火種〉と呼ばれる錬金素材を適量投入するだけ。

 ロフニス曰く、錬金するアイテムのレア等級により必要な〈錬金火種〉が変わってくるらしいのだが、それを入手するまでは錬金できないのか……と、がっかりしたのも束の間。

 なんと、直樹が旅商人ポブロトから貰った(正確に言うと前払いで買った)アイテム袋の中に、〈錬金糖〉という錬金素材が入っていたのだ。


「早速、植えてみましょ!」

 

 香織は軽い足取りでリビングを抜けて庭に出た。

 赤や青、黄色や紫、緑に黒、白にピンクに……と、足りない色を探す方が大変なほど、本当に色とりどりの花が咲き誇っている。

 最初は赤い花しか無かったことを考えると、錬金釜の力おそるべし、と言ったところだ。

 ちなみに、今この庭に咲いているのは全て〈魔烈の花〉という名の花。

 可愛い見た目とは裏腹に、花が枯れた後に残る実には様々な魔法の力が封じ込められており、自分や敵、それに床や壁にぶつけると殻が破れて中の魔法が発動する。

 そう、それがいわゆる〈魔烈の実〉と呼ばれるアイテム。

 つまり、香織は(本人がどう思ってるかどうかは別として)単に趣味で花を育てているわけではなく、家族みんなの異世界探検の力になっているのだ。


「よしっ、ここが良さそうね」


 香織は色合いのバランスを考えつつ、黄色い花が多く咲いている辺りの土に新しく錬金した種を植えた。

 そして、近くの地面に置きっぱなしにしていた水色のじょうろを手に取り、フンフンフンと鼻歌交じりで水を撒き始める。

 それもただのじょうろでは無く、水属性の特殊な素材が使われているため中に入れた水の量よりも多くの水を撒くことが──。


 ガサゴソガサ……。

 

「あらやだ」


 近くの草むらが僅かに音を立てると、香織は水を撒くのを中断。

 じょうろを地面に置き、代わりにエプロンのポケットから〈魔烈の実〉を取りだした。

 それは鮮やかな赤い〈魔烈の花〉から取ったもので、火炎属性魔法の力が封じ込められている。

 レア等級的にはそれほど高くないのだが、ちょっとした魔物を追い払うには十分の代物。

 香織は音がした草むらの方を向き、重心を低くしていつでもそれを投げられるように構えていると……。


「イムイムイムゥ~!!」


 草むらから飛び出して来たのは、ピンク色のボディに、ふんわりボブヘアという可愛らしすぎるスライム。

 香織とは一緒に異世界を旅した顔なじみだ。


「あらボブスラちゃんだったの! もう、驚かさないでよ~。っていうか久し振り! 元気だった?」

「イムイムゥ!」

「そう、元気そうで何よりね! あっ、そうだ。ちょうど良いものが……ちょっと待ってて」


 香織は小走りでリビングに上がり、キッチンの棚から何かを取りだして急いで戻ってきた。


「はい、どうぞ!」


 腰をかがめてボブスライムに差し出した香織の手の上にあるのは、ひとくちサイズのフィナンシェ。


「ほら、スラちゃんこれ好きでしょ? あっでも、最初に会った時にあげた高級なやつよりは全然安物だから、そこんとこよろしくね!」


 何がよろしくなのか謎だけど……とスライムが思ったかどうか定かでは無いが、少なくとも嬉しそうな表情を浮かべているのは間違い無い。


「イムイムゥ~!」


 頭をペコリと下げた後、ボブスライムは香織の手に向かって顔を寄せ、パクッとフィナンシェを頬張った。


「……イムイムゥ~!!」

「そう! お気に召したみたいで良かった!」


 相変わらず、何のアイテムも使わないで天性の感覚でスライムと会話する香織。

 もっとも、それはボブスライムの方にも言えるのかも知れないが。


「イムイムッ! イムイムゥ~!!」


 突然、ボブスライムがピョンピョンと上下に跳びはねだした。


「ん? どした?」

「イムイムゥ~」

「あら、フィナンシェのお礼でもしてくれるの?」

「イムゥ!!」


 ボブスライムは自慢のふんわりボブをなびかせながら、ピョンピョンと香織の横を通り過ぎ、そのまま涼坂家のリビングを回り込むように飛び跳ねて行く。


「そっちに何かあるのかしら? ちょっと待って~」


 香織は可愛らしいスライムの背中を追って駆けだした。




「やだ、こんな所にこんなものがあったの?」


 ボブスライムを追ってたどり着いたのは、異世界に転移した“半分涼坂家”からほど近い場所。

 そこにあったのは、真っ白な筒状の塔。

 自分が見つけましたー!

 と言わんばかりに、ボブスライムが香織にドヤ顔を向けながらピョンピョンと上下に跳び跳ね続けていた。


「今まで全然気付かなかったわぁ」


 好奇の目を向けながら、香織はゆっくりと塔の回りを一周してみた。

 外壁は大理石のような質感で、1階部分には鉄の扉と3つの窓、それより上の階(と言っても恐らく4階程度)には前後左右に等間隔で窓が4つ。

 決して高い建物とは言えないが、存在感は十分。

 こんなに家から近いのに、何で今まで気付かなかったんだろう……と、香織は小首を傾げながら扉の前で立ち止まる。


「ねえスラちゃん、ちょっと中に入ってみちゃおっかな?」


 跳びはねながら付いてきていたスライムに向かって問いかける。


「イムゥ……」


 ずっと楽しげだったボブスライムの表情が少し曇った。


「あら、やめといた方が良いかな? うーん……ちょっとだけ!」


 おっとりしてるようで意外と冒険心を隠し持つタイプの香織は、「ごめん下さーい」とまるで近所の知り合いの家にでも訪れかのように、ゆっくり扉を開いた。

 中は薄暗いものの、意外と埃やかび臭い匂いなどは無い。


「イムイムゥ……!」


 背後から聞こえるボブスライムの心配そうな声に対して「はいはい、ちょっとだけだからね~」と返事をしながら、香織やゆっくり塔の中へと足を踏み入れた。

 ……と、その時。


 バタンッ!!


 もの凄い勢いで扉が閉まる音。


「えっ?」


 外からの光が完全に遮断され、さすがに焦りながら後ろを振り向く香織。

 そこに見えたのは、閉じきった扉。

 手で押してみても微動だにしない。


「あらぁ……どうしましょ」


 怪しげな塔に閉じ込められた香織だったが、自分の事より、もうすぐ帰って来る子ども達が家の鍵を持っていたかどうかの方が気になっていた……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます