第33話 レヒムルの成り立ちと3つの部屋

「ねえパパ~。あの黒にゃんこなに? 敵さんなの??」


 優衣が父に問いかける。


「さ、さあ……どうなんだろうね……」


 父親として子供の質問になるべく答えたい気持ちは山々の直樹だが、そう返すのが関の山

 ロフニスの地図に従って地下ダンジョンに入ってみると、そこにいたのは謎の空飛ぶ黒猫。

 直樹たちは横並びになり、ユニギャットと名乗る黒猫と対峙していた。

 敵らしい動きでもしてくれれば迷わず攻撃するところなのだが、手足をぶらんとさせてプカプカ浮いてるだけで戦意がほとんど感じられない。

 猫と言えばうちにも猫が……と、直樹は足下のささみの様子を伺ってみたが、ジッと相手を見据えるだけだった。


「ニャんだニャンだ、ただジッと黙ってなに考えてるんだニャギ? 何か用があってここに来たんじゃ無いのかニャギ?」

「にゃーん! にゃにゃにゃにゃーん!」


 ユニギャットからの質問に対し、すかさず答えたのは同じ猫のささみだった。

 もちろん、直樹たちにはいつも通り鳴いてるようにしか聞こえなかったのだが……


「ニャギ? 隠れみのオーブを探しにきただって?」


 ユニギャットは普通に答えた。


「えっ? ささみの言葉がわかるの!?」


 驚きの表情を浮かべる歩斗。

 まあ、ある意味猫同士なんだから当然と言えば当然なのかも知れないが、直樹と優衣も同じように驚いてた。


「ニャギニャギニャギ! 分かって当然猫と猫! それより、隠れみのオーブなら確かにこのダンジョンの中にあるニャギけど、どうして欲しいニャギ? 誰からなにを隠したいんだニャギ?」


 ユニギャットは不敵な笑みを浮かべた。

 どうやら、この状況を楽しんでいるようだ。


「それは……」


 と、一瞬言い淀む直樹。

 正直、このユニギャットという猫が敵なのか味方なのか全く分からない。

 だが少なくとも、自分達が探しに来たアイテムについて知ってることだけは確かだった。

 だとしたら、正直に本当の事を話すのが賢明な判断なんじゃないか?

 なにより子ども達も不安がってるだろうし、早く目的のブツをゲットして……と、直樹は自分の両サイドに立つ歩斗と優衣の表情をチラッと確認してみたが、2人ともニヤニヤニヤニヤしていた。

 どうやら、この状況に不安を感じてるのは自分だけだったらしい、と直樹は苦笑いしながら、ユニギャットに事の顛末をざっくり説明した。


「おお、ニャるほど。オマエら異世界からの転移者だったニャギか! これは想像以上に面白い……すぐにゼルゲゼ様にお伝えしニャギと……」

「えっ? なんだそのゼルゲゼってのは……」


 とっさに出た直樹の疑問に対し、ユニギャットはヒゲをピンとさせた口元をニヤリとさせた。


「ゼルゲゼ様は、このレヒムルを統べる魔王様ニャギ。そんなことも知らニャギとは──」

「いや、そもそもレヒムルっていう言葉が初耳なんだけども」

「ニャルほど。それじゃ特別に教えてあげるニャギ。っていうかどこまで知ってるのかニャギ? ロフミリアは?」

「ああ、それは分かるよ。人間の国ロフレアと魔物の国ミリゼアがあるこの世界の名前だって」

「まーそんな感じニャギ。ちなみに、遙か昔は人間も魔物もごっちゃごちゃに暮らしてたニャギ。でもあるとき対立が起きて、ニャんだかんでそれぞれ国を作って別々に住むことになったニャギ」

「へー、そーなんだ!」


 元々日本史や世界史など歴史を学ぶ事が好きだったため、ユニギャットの話に興味津々な直樹に対し、今はバトルにしか興味の無い歩斗と優衣はあからさまに退屈そうな表情を浮かべ、いつもはぐっすり眠っている時間なのもあって強烈な睡魔に襲われ始めていた。

 しかし、そんなことはお構いなしにユニギャットは話を続ける。


「それで出来たのが人間の国ロフレアと魔物の国ミリゼア。それぞれ西の端と東の端に位置し、積極的な交流もニャいけど特別争うこともニャイっていう微妙な関係を保ち続けているんだニャギ。何でそれだけで争うことがニャくなったかと言えば、答えは簡単。対立を嫌って争い事を無くしたい人・魔物がその国を作ったからニャギ。でも、そんな人・魔物ばかりなわけないニャギ。それじゃ、好戦的な人・魔物はどこに行ったか……」


 ユニギャットは答えが分かるか……と、挑戦的な猫目で直樹を見た。


「えっ? まあ、話の流れから言うと……ここってこと?」

「おお、正解ニャ! そう。この北の大地。好戦的な人と魔物によって作られた国レヒムルだニャギ」

「なるほど。いや、ってことは……」


 直樹の頭の中に、ある疑問が浮かび上がってきた。

 ロフレアとミリゼアの両国は争いを好まない人と魔物によって作られた、ってことは、ウチのリビングが見つかったところで、そもそも大事に至ることなんて無かったんじゃ無いか、と。

 そうなると、あのユセリって子とロフニスって子がでっち上げたってことか……いや、あの子達の表情や声色はとてもふざけてるようには思えなかった。

 まあ、普段は温厚な人であっても、自分に対して攻撃を加えられそうになった場合はちゃんと抵抗しようとするように、得体の知れないもの、つまりウチのリビングを見つけたらなにするか分からないってのは事実なんだろう──。

 その横で、歩斗と優衣が完全に睡魔に負けてしゃがみ込んで眠りに落ちているのだが、それに気付かないほど直樹はユニギャットの話に集中し、疑問に対して本気で考え込んでいた。


「おい、ちゃんと話聞いてるニャギか??」

「えっ、あっ、ごめんごめん。ちょっと考え事を……って、そうだ。こう言っちゃなんだけど、好戦的なキミたちつまりレヒムルの連中は何でみすみすこの北の大地で大人しくしてるんだい? 距離が遠いわけでも無く、海に隔てられてるわけでもないのに、なんでロフレアやミリゼアに攻めて行かないのかなって……」


 実際、ついさっき自分達が森を抜けてすんなり紫の大地までたどり着いたことを思い出し、直樹は不思議そうな顔つきで首を傾げた。

 それに対し、ユニギャットはニヤリと笑って返す。


「そりゃ、すぐにでも攻め入るニャギよ! ……結界さえニャければ!」

「えっ、結界? そんなもの無かったけど……」

「ニャッニャッニャッ! 異世界からの転移者は影響を受けないからニャギ。とある大魔法使いが張った結界が遮るのは元々この世界に居た人・魔物だけニャギ。つまり、我々はこの北の大地から向こうに出る事は絶対にできニャギし、ロフミリアの民、つまりロフレアの人間とミリゼアの魔物もこの北の大地に足を踏み入れることは出来ニャいってわけニャギ。おかげで、戦いたくても戦えない退屈な日々だニャギ。最初の頃はレヒムルの者同士で争ったこともあったみたいニャけど、虚しくなってすぐにやめたニャギ。まったく、とんでもないことをしてくれたもんだニャギ」


 ユニギャットは両前肢を胸の前で組み、ほっぺたを膨らませてプンプンと怒りをあらわにした。


「なるほど……よく考えられた対処法だなぁそれは……」

「まー悔しいけどそうニャギ……って、ヤツらにも誤算があったけどニャ」

「えっ? 誤算?」

「ニャギニャギ。分裂の件があるまで、この北の大地はほとんど誰も踏み入れたことが無かったんだニャギ。つまり、なにがあるのかわからニャい場所に我々を押し込めたわけだけどニャギ、未開の地だったからこそのメリットもあったニャギ。なんと、この北の大地はレアアイテムが眠るダンジョンの宝庫だったんだニャギ! オマエらが探してる<隠れみのオーブ>があるこのダンジョンもその1つニャギ。それはもう、ヤツらは不覚を取ったと思ってるに違いニャイはず、ニャギニャギニャギ!」


 部屋に響き渡ったユニギャットの高笑いがアラームとなって、完全に夢の中だった歩斗と優衣が目を覚ました。


「むにゃむにゃ……猫の魔物発見! てりゃぁぁ!」


 完全に寝ぼけ状態の優衣がピンクゴールドの剣を振り上げてユニギャットに突進。

 しかし、身軽なユニギャットは闘牛士のようにスッと身を翻して受け流した。

 

「あ、あ……いてっ」


 勢い余って足をもつらせた優衣はつまずいて転んだ。

 

「おい、大丈夫か優衣!」


 娘を心配して駆け寄る直樹。

 しかし、当の本人はケロッとしたもんだった。


「なにあの黒ニャンコ~。強いよぉ~」


 そう言いながら、優衣は剣で地面を押しながらすくっと立ち上がる。

 

「よしっ、お兄ちゃんに任せろ~……むにゃむにゃ」


 同じく寝ぼけ状態が抜けきれていない歩斗が、矢をセットした弓をユニギャットに向けた。

 そして、ためらうことなく矢を放つ。

 そもそも、その矢は回復の矢なんだから命中したところで意味がないわけなのだが、そんなこと知る由も無いユニギャットはまたもやするりと華麗に避けた。


「ニャギニャギ! 好戦的なのはありがたいけど、ニャレ様を倒したところでお目当てのアイテムが手に入るわけじゃ無いんだニャギ。ダンジョンに眠るお宝をゲットするためには、そのダンジョンに設定された"クリア条件"を達成しなきゃいけないんだニャギ。だから、奇跡が起きまくってもしニャレ様を倒したとしても何の意味もないニャギ」


 ユニギャットは優雅にプカプカ浮かびながら、小さな両肩をすくめてみせた。

 

「それじゃ、どうすりゃいいんだよ!! ひひ!!」


 お宝だのクリア条件だの、なにやら楽しそうな文言が耳に飛び込んできたことで、ぐいぐい覚醒し始める歩斗。

 

「にゃーん!」


 と鳴くささみ、そして直樹も優衣も興味津々な眼差しで黒猫の答えを待った。


「ニャギニャギ! よし、じゃあ教えてニャげよう! このダンジョンの奥には3つの部屋があって、それぞれに魔物が潜んでるニャギ。魔物を倒すと鍵が手に入り、さらに奥の部屋に行くことができるニャギ。その部屋には<三鍵の宝箱>っていうのが置いてあって、3つの部屋にいる3体の魔物を倒して3本の鍵を手に入れニャいとその宝箱を開けることはできないニャギ」

「なるほど。じゃあ、その宝箱の中に……」

「お目当ての<隠れみのオーブ>が入ってるニャギ!」

「おお! それじゃ、みんなで一緒にひとつずつ部屋をクリアしていって──」


 と、言いかける直樹をユニギャットが遮った。


「そんな甘くはいかないニャギ。どれかの部屋に潜んでる魔物とバトルになった瞬間、3つの部屋は厳重にロックされて、絶対外から入れなくなってしまうニャギ」

「な……なんだって!?」

「ニャギニャギ! だから、3つの鍵を手に入れるための方法はただひとつ。3つの部屋に分かれて入って、別々に魔物とバトルして勝利するしかないんだニャギ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます