第31話 初めての召喚

「そうか! アイテム袋!」


 直樹は右手に持っていた魔法の杖を脇に挟み、肩にかけた布袋の口を開けながらささみの頭を撫でた。

 絶体絶命の危機をひっくり返すような起死回生のアイテムを求めて、袋の中を引っかき回す。

 クマの魔物は直樹のその様子が気になったのかピタッと動きを止め、袋の中から一体何が出てくるのかと興味津々の眼差しを送っている。


「にゃーん、にゃーん!」


 早くしないとクマの魔物の気が変わっちゃうよー、と言いたげにささみが直樹の足を爪でカリカリした。


「イテテテ! わかったわかった! うーん、なんか色々入ってるけど、何がどんな効果のアイテムなのか全然わからんぞ……ん? これは何か良さそうじゃないか」


 そう言って、直樹は袋の中から小さな茶色い巾着袋を取りだした。

 口を閉じている革紐をほどくと、中には青色の丸い玉が5、6個入っていた。

 

「これは……かんしゃく玉??」


 その玉を見た直樹は、少年時代に何度か遊んだことのあるオモチャを思い出していた。

 地面に叩きつけたり足で踏んだりすると、弾けて「パンッ!」と大きな音を立てると同時に火薬の匂いを漂わせる、正式な利用方法が謎なオモチャ。

 

「久しぶりに見たなぁ……って、それと決まったわけじゃないけど──」

「にゃーん!!」


 直樹が悠長にしていると、足下のささみが突然大声で鳴いた。


「ん!?」


 その声に反応した直樹は視線を手元から正面に移すと、そこにはクマ魔物の姿。

 しかも、いつの間にか突進を再開しているではないか。


「うわっ! そうだこれ……くらえ!」


 直樹はかんしゃく玉らしき謎の青玉をクマの魔物のカラダめがけて投げつけた。

 

 パンッ!


 見事命中した青玉は、本当にかんしゃく玉のような音を立てながら弾けた。

 そして、クマ魔物のカラダから『50』の黒い数字煙が出た。


「おお! ダメージ50!! 凄いぞこれ、ありがとうポブロト!!」


 直樹は両手を握りしめて陽気な商人に感謝の言葉を送った。

 ……が、しかし。


「マグゥ~」


 大ダメージを受けたはずのクマ魔物は倒れることなく、平然とした表情で立っていた。


「えっ? どーなってるんだ……」


 それに対して呆然と立ち尽くす直樹。

 

「にゃん、にゃん! にゃーん!!」

「ん、なんだよささみ、なにが言いたいんだ……って、そうか! そういや、ダメージ与えた時の数字煙はいつも白だったのに、今のは黒。瀕死の時は赤だし、回復した時は青。数字煙の色はその効果や状態に応じて変わる……それじゃ、黒は何なんだ? あっ、もしかして……今現在のアイツのHPってことか!?」

「にゃーん!」

「おお、ささみ、やっぱそうだったか!」


 ささみが「ご名答!」という意味で鳴いたのかどうかは定かでは無いが、直樹自身その推測に自信はあった。

 あくまでゲーマーとしての勘ではあるが。

 ただ、それが正解だとすると事態は深刻を極める。

 なんてったって直樹の魔法攻撃で相手に与えられるダメージはたったの1。

 単純計算であと50回は火の玉を当てる必要がある。

 どうひいき目に見ても、それまで生き延びてる可能性はゼロに等しい。

 己の圧倒的優位性を自覚しているのか、クマの魔物はニヤリと笑ったように見えた。

 

「ふぅ。ささみよ、どうやら俺の命はここまでみたいだ。お前は何とか逃げ延びて、リビングに戻ったら香織に愛してると伝えておく──」


 直樹が、最期ぐらいはカッコよく決めようとしたその時。


「出でよ、スララスやーい!」


 突然、歩斗の大声が響き渡った。


「な、なんだ?」


 驚いた直樹が声のした方に顔を向けると、ヘッドライトの明かりが歩斗の姿を照らし出した。

 歩斗が首に巻いたチョーカーを右手で握っている様子を、クマの魔物もキョトンとした顔で見つめている。

 すると、それまで無風状態だった森に一筋の風が吹き抜けた。


「呼ばれて駆けつけイムイム~!」


 歩斗の目の前に、スライムがピョコンと現れた。


「わっ、ホントにきた! スララス!!」

「アユトさん! 先ほどぶりですイム!」

「えっ、名前覚えててくれた! っていうか、本当に来てくれた!」

「当然ですイム! だって、仲間ですからイム!!」

「おお、スララス!!」


 ……と、熱い友情を確かめ合う歩斗とスララス。

 しかし、いまいち状況が飲め込めない直樹は、なんのこっちゃさっぱりわからず唖然とするばかり。

 ただ、クマの魔物も自分と同じように呆気にとられているのをチラッと横目で確認した直樹は、刺激を与えないようにさりげなく、そっと歩斗の元へと抜き足で移動した。

 ささみも猫足で付いていく。


「おい歩斗、なんだその……彼は。どう見てもスライムっぽいが……」


 と、直樹に視線を向けられたスララスは、ちょこんと頭を下げてお辞儀した。

 

「スララスだよパパ! ボクの仲間! これで召喚したんだ、凄いでしょ!」


 歩斗は魔物召喚スキルチョーカーを自慢げに見せつけた。

 そう言えば、晩飯を食べてる時にそんな話を聞いたような……と、直樹はうっすら思い出した。

 スララスは、


「初めましてスララスと申しますイム。よろしくお願いしますイム!」


 と丁寧に挨拶したのだが、チョーカーを装備していない直樹の耳には、


「イムイムイム!」


 といった風にしか聞こえなかった。


「なあ、歩斗は普通に話ができてるってことか?」

「うん! これのおかげ!」


 歩斗は再びスキルチョーカーを見せつけた。


「わかったわかった! それじゃ、もしかしてアイツの言葉もわかってたのか?」


 直樹は、相変わらず呆然と立ち尽くしたままのクマ魔物を見ながら言った。

 

「ううん。わかんない。話せるタイプの魔物とそうじゃないのがいるっぽい」


 と答える歩斗の目の前で、大人しいスライムに興味津々の優衣がスララスの顔をマジマジと見つめたり、つんつくつんつくと指で突いたりしていた。

 

「あっ、そんな見られると恥ずかしいですイム……突いたりとか……あっ……」


 頬を赤く染めながら身もだえるスララス。

 

「にゃーん」


 さらに、ささみも加勢して、爪を引っ込めた前肢でスララスのプルプルな肌をフニフニと押したりし始めた。


「なんだか分からんけど……可愛いなおい。っていうか、どんな感触なんだこれ……」


 直樹もスララスの魅力に取り憑かれ始め、腰をかがめてプルプル肌を撫でようとしたその時。


「マグマグマグゥ~ウ!!」


 クマ魔物が自分もかまってくれとばかりに、声高らかに吠えながら直樹たちに向かってギロリと睨みつけた。

 

「歩斗! 今のはなんて聞こえた?」

「マグマグマグ……って」

「そっか……」


 がっかりと肩を落とす直樹。

 クマの魔物はゆっくりと距離を詰め始めている。


「おいおい、いよいよやばいぞこれ……」


 直樹は焦りに満ちた声を漏らした。

 しかし、歩斗と優衣、そしてささみは全く動じる素振りを見せない。

 その間も、のっそのっそとクマの魔物は近づきつつあるのに、だ。

 すると突然、スララスがクマ魔物の方へとピョンピョン跳ねながら近寄っていった。


「おっ? まさか、あんな可愛いスライムがアイツを倒してくれるのか……!?」


 淡い期待を抱いた直樹だったが、様子がおかしい。

 クマ魔物のすぐ目の前まで行くと、スララスは攻撃する素振りを一切見せず、なにやら「イムイム」と喋り始めた。

 すると、クマ魔物も「マグマグマグ」とスララスに向かって声をかける。

 その様は、とてもバトルしてるようにもこれから始まるようにも見えず、完全に会話。

 それも、かなり親しげであった。


「なあ歩斗。なんて言ってんのかなあれ?」

「うん、スララスの言ってることしか分からないけど、なんか知り合いだったっぽい。あのクマのやつと」

「なるほどね……ってことは、今アイツかなり油断してるよな。この隙に……」


 直樹は脇に挟んでいた魔法の杖を両手で握りしめた。

 何らかの知り合いであるスララスとの再会でテンションが上がり、会話に花を咲かせているクマ魔物の油断しきってる背中側に回り込もうとしたのだが……


「うそ! パパ、もしかしていま攻撃しようとしてるの!?」


 優衣が軽蔑の眼差しを父に向けた。


「えっ、マジ!?」


 歩斗も軽蔑の眼差しを父に向ける。


「にゃーん!!」


 ささみも……以下同文。


「えっ、ま、まさかぁ……ハハハハハ。ちょっとトイレに行こうと思っただけだよ……ハハハハハ……」


 直樹は苦しすぎる言い訳を吐きながら、振りかざした魔法の杖をそっと下ろした。

 そんなことはお構いなしに、スララスとクマの魔物は楽しそうに会話を続けていた。





「このリベアロとは以前、何度か一緒にパーティーを組んでたことがあったんですイム!」


 ひとしきり会話し終えたスララスが歩斗に説明してくれた。

 クマの魔物ことリベアロはこの近辺エリアのボス的存在で、他の魔物たちを守るために侵入者である直樹たちに戦いを挑んだ、ということも判明した。

 

「そうだったのか。俺たちは別に森を荒らしに来たわけじゃないんだけどなぁ。言葉が通じないっていうのは、こういう悲しいすれ違いを生んでしまうものだなぁ……」


 直樹はシリアスな表情を浮かべて頭を振ってみせたが、不意打ちを仕掛けようとした直後とあってはその顔に信憑性を出すのは難しかった。

 それはともかく、リベアロは盟友であるスララスの仲間ということで、歩斗たちを森の出口まで送ってあげる、と自ら申し出てくれた。

 勘違いだったにせよ、涼坂家のパーティーを襲ってしまったことに罪悪感を抱いているようだった。

 

「それはありがたい!」

「クマちゃんありがとう!」

「リベアロ、あり!」

「にゃーん!」


 直樹たちから一斉に感謝の言葉を受け取ったリベアロは、さっきまでの険しい顔が嘘のように照れくさそうな表情を見せた。

 そんなリベアロの先導で北の大地のある方向に向かって歩き出すと、スララスの体がスーッと透明度が増していく。


「えっ、どうしたのスララス!?」


 歩斗が心配そうな顔で訊いた。


「あっ、大丈夫ですイム。たぶんリベアロとのバトルが終了したってことで、召喚の効果も終わるんだと思いますイム。では私はこれで。アユトさん、またいつでも呼んでくださイム~」


 そう言い残し、またもや吹き抜けた一筋の風と共にスララスの体は完全に消えた。


「ばいばいスラちゃん」

「バイバーイ」


 と、手を振る優衣と歩斗。

 そして、淡々と進み続ける大きな熊の背中を追って歩きだした。




「マグ~ウ」


 それじゃ自分はここまで……と、いったように鳴き残し、リベアロは踵を返して森の中へと帰って行った。

 

「ばいばいクマちゃん」

「バイバーイ」


 と、その背中に向かって手を振る優衣と歩斗。

 ここは森の出口。

 森と外の境界線を引いているかの如く、黄土色の道が左右に伸びていた。

 その道を跨いだ向こう側には、緑色の草原が広がっている。

 

「ほら歩斗、優衣。上見てみな」


 顔を上げる直樹に習って、子ども達、そしてささみも上空を見上げた。

 生まれて初めて見た満天の星空に、歩斗と優衣は「うわぁ~!」と口を揃えた。

 地元の夜空は、星が10個でも見えたら良い方なぐらいであり、当然の驚きだった。

 

「凄いなこりゃ……って、ファ~ア」


 思わずあくびを漏らす直樹。

 休日出勤をこなして帰ってきて、眠りについてすぐ目を覚まし、あれよあれよという間に異世界を旅することになってしまったのだから、ふいに睡魔が襲ってくるのも無理は無い。

 ただ、その眠気もすぐに吹き飛ぶ。


「おお! あれは……!」


 直樹は、ロフニスに描いて貰った手書きの地図を取りだし、目の前の景色と交互に見比べた。

 遙か彼方に、大きな黒い山が見えた。

 ロフニスの地図に描かれた黒い三角形に他ならない。

 涼坂家パーティーは、着実にあの北の大地へと近づきつつあった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます