第30話 魔法→突進→回復→魔法

「ちょ、ちょっと、なんでオレが戦うってなった時だけこんな強そうなヤツが……」


 直樹はボヤキながら魔法の杖を両手で構えた。

 目の前に現れた敵は、全身焦げ茶色の毛で覆われたクマのような魔物。

 直樹よりも二回りほど大きいサイズで、腕の太さは5倍ぐらいはありそうだった。


「マグゥゥゥ~ウ!」

「……ひゃっ!」


 魔物が威嚇するような野太い鳴き声を上げると、直樹は思わず情け無い声を漏らした。

 

「パパ頑張って~!」


 声援を送る優衣の顔はお気楽そのもの。

 レベル6の余裕ってやつだろう。


「お、おう。自分でやるって言っちゃったんだからしょうがない……おい、歩斗。パパがやられたらすぐに回復させてくれよ!」


 直樹は、すぐ隣で弓を構えてる息子に声をかけた。


「おう! 任せて任せて!」


 威勢良く答える歩斗。

 しかし、その顔は優衣と同じようにニヤニヤ笑っていた。

 ったく、命がかかってるんだからしっかり頼むぞおい……と、直樹は心の中でもぼやきつつ、意を決して魔法の杖を振り上げた。

 目の前の魔物は相変わらずうなり声を上げ続けているものの、攻撃してくる素振りは今のところない。

 もしかすると、ロフミリアの魔物は先制攻撃しないって決まりでもあるのだろうか……いやそもそも、ただこの場所がこの魔物の住処だっただけで、そこに踏み込んできた人間に向かって威嚇してるだけなんじゃないか……。

 だとしたら、こっちから攻撃するのってどうなんだ……と、直樹は躊躇した。

 しかし、歩斗のレベルアップのために戦うと約束したことを思い出し、ここで逃げ出すわけにはいかないと魔物の事情には目をつぶることに。

 いや、そんなの自分の勝手な想像なだけで単純に襲ってきてるって可能性も十分あるんだから……と、直樹は魔法の杖をギュッと握り直した。


「と言うわけで、とりゃ!」


 直樹が叫びながら魔法の杖を振り下ろすと、その先端から出た火の玉がクマタイプの魔物に向かって一直線に飛んでいった。


「マグ~ウ」


 魔物は余裕の表情を浮かべたままその場にドンと構えている。

 火の玉は完全にその体を捉えているが、全く避ける気配は見せない。

 直樹の放った魔法の火の玉が見事に命中。


「よし!」


 と直樹は思わず叫んでしまったが、クマ魔物の体から出たのは『1』という数字の煙。

 

「えっ? 1?」


 そう言いながら、直樹は子供達がププッと笑う声が聞こえてしまい顔をポッと赤らめた。

 だが、そんな風に恥ずかしがってる余裕は無い。

 クマの魔物は先制攻撃されたらこっちも行くよ、とばかりに猛烈な勢いで直樹目がけて突進した。


「ちょ、ちょい待って……!」


 直樹は情け無い声を出しながらもギリギリの所で身を翻し、体当たり攻撃の直撃は免れた。

 がしかし、ほんの少しだけ触れた左肩から『5』の赤い煙がフワッと出てすぐ消えた。


「おいおい! ちょっとかすっただけでダメージ5!? っていうか、赤い煙ってことは……!」


 ポブロト曰く、赤文字は瀕死状態の証。

 そして、突進をもろに食らっていたら間違い無く一発アウトだったかと思うと、直樹は血の気が引いた。

 クマの魔物はそれだけじゃ満足できないとばかりに、うなり声を上げながらやる気満々で地面の土を足で掻き、今すぐにでも第二波を繰り出そうする気満々。

 

「お、おい歩斗! 急いで回復──」


 直樹が息子に救護要請を送ろうすると、


「よっしゃきた、回復チャーンス!!」


 とっくに弓を構えていた歩斗は何もためらうことなく、父親に向かって矢を放った。

 

「ちょ、大丈夫なのかこ──」


 直樹は自分から回復してくれと頼んだものの、いざ己めがけて矢が飛んできたらきたで、もし間違ってその矢が普通のやつだとしたら……というネガティブイメージが脳裏をよぎる。

 本当に歩斗には弓矢の才能があるのか、放たれた矢は綺麗な放物線を描いて飛んできて、避ける隙など一切無かった。

 鋭い矢尻は見事に直樹の胸を貫くと同時にグサッという音……なんかすることなく、スーッとすり抜けて背後の地面にグサッと刺さった。

 直樹の体から『6』という青色の数字煙が出た。

 

「青……? ってことは、回復できた……んだよな? よっしゃ、サンキュー歩斗!」

「てへへへへ!」


 父親から褒められ、片手で弓を持ったまま照れる歩斗。

 HPが回復した時は青、なんて話は聞いてなかったが、もし通常攻撃だとしたら瀕死状態でダメージ6を食らった時点でアウト。

 確実に死んでしまっていたはずなので、結果的にそれが回復量を示していることを直樹が身をもって証明した形となった。

 しかし、だからといって安心してる暇は無い。

 

「マグマグゥ~ウ!!」


 声高らかに叫ぶクマの魔物は元気そのもの。

 今のところまだ食らったダメージはたったの1なんだから当然のことだった。

 ただ、対する直樹も俄然やる気をみなぎらせる。

 なぜなら、ダメージを受けても歩斗に回復して貰えるという心の余裕が生まれたからである。

 

「とりゃぁ!」


 直樹による魔法攻撃。ダメージ1。


「マグゥ~ウ!」


 魔物の突進攻撃をギリギリ避ける直樹のダメージはまたもや5。

 もちろん赤字だが、すかさず歩斗が回復の弓矢を放ち6回復。

 

「おお! お兄ちゃんすごい!!」

「へへへへへ!」


 妹からも褒められて満面の笑みを浮かべる歩斗。

 俺も体を張ってるんだけど……と、コピペの如く魔法攻撃を繰り出す直樹。

 そして、突進するクマの魔物。

 回復の弓矢を放つ歩斗。

 直樹が魔法、魔物が突進、歩斗が回復……と、三者によるループを何度か繰り返し、とあるターンで歩斗が回復したその時だった。


 ズッチャ、ズッチャ。

 シャン、シャン、シャン♪

 ズッチャチャ、ズチャチャ。

 ギュイン、ギュイン、ギュイイイイン♪


 どこからとも無く流れてきた賑やかな音。

 そう、レベルアップ隊である。


「ただ今の回復により、アユトさんのレベルが2になりました! おめでとうございます!!」

「うぉぉぉ! レベル2きたぁぁぁぁ!!」


 歩斗は全身で喜びを表した。


「にゃーん!」


 近くの木の下で見守っていたささみも賛辞を送る。

 それを見たレベルアップ隊のコビトたちも満足げに笑っていたのだが……。


「やったねお兄ちゃん!」


 と、祝福の声をかける優衣の姿に気付いたレベルアップ隊のリーダーはブルッと身を震わせ、顔が引きつったままままメンバーを引き連れてそそくさと帰っていった。


「もう! またわたしのこと見て逃げちゃったんだけど!」

「ん? レベルアップ隊となんかあったのか、優衣?」

「知らないよ! なんかわかんないけど怖がってるの! もう、今度来たらこの剣で……」


 いや、それが答えじゃ無いのか……と、直樹は心の中でツッコミを入れる。

 まあそれはそれとして、とにかく歩斗がレベルアップできたことで直樹もホッと胸をなで下ろしていた。

 が、それが大きな油断となった。

 

「マグゥ~ウ!!」


 甲高い鳴き声に気付き、直樹がその声の方向に視線を移したときには、クマの魔物はもうすぐ目の前。

 

「うわっ!」


 直樹は咄嗟に体を真横に投げ出すことで、何とかギリギリ魔物の突進攻撃を避けることができた。

 地面に倒れ込んでしまった直樹のダメージは今まで通りの5。


「よし、これなら歩斗に回復してくれれば……って、ん!?」


 直樹の期待も虚しく、歩斗はレベルアップしたことに浮かれていて父のピンチに全く気付いておらず、弓を構えようともしていない。


「おい! 早く回復……」


 直樹が叫ぼうとした途端、クマの魔物はすでに走り出していた。

 さっき倒れ込んだ時に足をくじいてしまったのか、立ち上がって逃げようとしても体が言うことを聞かない。

 残りHPは推定1。

 体当たり攻撃が少しでも体をかすめた瞬間ゲームオーバー。

 こっちの世界で死んだら一体どうなるのか……生き返らせてくれる呪文とかアイテムはあるんだろうか……なんてことを考える直樹のすぐ目の前にクマの魔物が突進してきたその時。


「にゃーん!!」


 唯一、直樹のピンチに気付いていたささみが魔物に向かって大ジャンプ!

 

「マ、マグゥ!?」


 突然の援護攻撃に戸惑ったクマ魔物は、直樹に当たる寸前で急ブレーキをかけ、続けて重心を後ろにかけて後ずさりした。

 その直後、直樹のすぐ目の前にささみが着地した。

 魔物がブレーキをかけていなければ、間違い無くささみの攻撃がクリーンヒットしていただろう。

 

「にゃーん……」


 瀕死状態の直樹にすり寄るささみ。


「ううう……ありがとう、ありがとうな……」


 唯一自分の事を気にかけてくれる愛猫の優しさに触れた直樹は、その目から涙がこぼれ落ちそうになるのをぐっと堪えていた。

 が、しかし。

 感動の場面が流れるにはまだ早い。

 ささみという名の飛び道具ががかわされてしまった今となっては、クマの魔物に死角は無かった。

 レベル6の剣士ユイとレベル2の回復弓使いアユトはまだこの非常事態に気付かず、どんどん経験値稼いでレベルアップしたいね的な話で盛り上がっていた。


「ったくアイツら……! もう、こうなったら自分の力でなんとかするしか……」


 と勇ましい言葉をつぶやく直樹だったが、魔法攻撃で与えられるダメージは常にたったの1。

 まだ赤字煙が出てきてない以上、少なくともあと数回は攻撃を与えなければならない計算だが、それまでに間違い無く自分がやられてしまう。

 万事休す……と、諦めかけたその時。


「にゃーん、にゃーん!!」


 ささみの目はまだ勝利を信じていた。

 そして、何かを訴えかけるように、可愛らしい前肢で直樹のアイテム袋をカリカリとひっかいていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます