僕らは生きていたいだけ 〜人と亜人の向かう未来〜

作者 渡会 宏

145

51人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 私は読解力がぜーんぜんありません笑

 読んでいる間は、書いてる文字をそのまま受け止めるだけで、その奥にある作者の意図を読み解くといったことはまったくできない3流読者です笑

 この作品を読んでいる途中から「あっはっは!なにこれ分からん!泣笑」モードに入ってしまった。

 でも、丁寧な描写だし、なんとなく頭に画は浮かぶので、なんとなく先が気になるなと思って読み進める中、なんとなく応援コメントを覗いたら……

 みんなが、「こうだったんですね!」とか、「伏線回収した!!」とか……

 す、すげぇーーー!!!

 なんでみんなそんなに分かるん!?読者みんな天才ですか!?笑

 でもそんな感じで、コメント欄見まくりながら、最後まで読ませていただきました!

 少しダークな世界観をベースに、物語前半は、主人公「晴郎」を中心に、その奮闘と関わる者達の群像が描き出されています。

 ですが、後半になるに連れて、もう一人の主人公が浮かび上がり、その主人公を巡って繰り広げられ、「2大主人公的ダークファンタジーセカイ系」な展開で一気に駆け抜けてゆく、そんな勢いのある物語です。

 ……合ってますかね?渡会先生、他の読者さま笑

 ……とにもかくにも。

 これ、ホントに、ひとつのネット小説の理想系だと思います。

 作者も読者も温かい。

 本編読んで、応援コメント欄見るのが、途中から楽しくなった。

 これは、ネット小説でしかできません……!

 読者とともに作り上げられた、最高傑作だと思います。

 分からなくなったら、コメント欄を笑

★★★ Excellent!!!

人と亜人で別れた世界。
主人公の晴郎は妹と出会うため、亜人の世界へと一歩踏み出した。

今まで自分が生きてきた世界との違い、見た目に驚きながらも、妹の手がかりを追い求めて懸命に生きていく。

そんな中、明かされ始める自身の過去、人と亜人の違い、黒い思惑……
仲間たちと協力しながら、それぞれが自分の守りたいものを手にしようと走り出す。
彼らの物語の結末をぜひ見届けてください!

★★★ Excellent!!!

 主人公が暮らす世界では、人間と亜人が対立していた。人は亜人を恐れ、厭い、谷底の世界に隔離した。主人公の妹は、亜人として生を受け、隔離された世界に連れていかれた。謎の放火事件によって両親を失った主人公は、妹を助けるために旅に出る。その亜人の世界には、様々な人々がいた。そしてそこは、弱肉強食の世界でもあった。様々な亜人たちと出会う中で、主人公は戦い方を教えられ、自分の妹のような存在にも出会う。
 亜人の世界にも子供たちが通う学校があったが、それは地下にあった。主人公はここで、初めて自分と馴染歳の子供たちと交流を持つ。中でも主人公のルームメイトは、人間の世界に強く惹かれていた。そこで、主人公とそのルームメイトは、仲間と共に、人間世界への旅を計画する。しかし、そんな中、主人公は自分が探していた自分の妹について、残酷な事実を思い出す。
 人間世界から戻ってくると、主人公は妹的な存在だった女の子と別れるように言われる。女の子の父親からの命令だった。しかし主人公は、素直にそれに応じることはできないのだった。
 そして主人公は、亜人の正体と、その「治療」について知ることとなる。
 果たして、その計画は?
 人間と亜人は、和解できるのか?

 主人公の成長するたびに発する言葉が印象的な作品でした。
 その言葉は、きっとどの読者様の胸を突くと思います。

 是非、御一読下さい。

★★★ Excellent!!!

「亜人」と呼ばれる異能、異形を持つ人々が生まれ、差別される世界。
晴郎は妹を探すために亜人の国に自ら飛び込む……。

独自の感性が光る世界観に引き込まれます。
現実社会のすぐ隣に地続きに存在する異界である亜人の国は、「異世界」よりも異世界めいて、読み手を幻惑させます。
この世界は不気味であり、それでいて温もりがあり、殺伐としていて、それでも人間味がある。

熱量を持った筆致で描かれるバトルシーンは圧巻です。
著者の瑞々しい感受性に裏打ちされるような人物描写も、熱い。

ストーリーはテンポが速く、伏線が惜しみなく回収され、どんでん返しに驚かされてはまた、あらたな謎が提示され、読み手を飽きさせません。

1章のクライマックスバトルの切なさ、ぜひ多くの方に体感していただきたいです。

★★★ Excellent!!!

少年晴郎は一大決心の果て、亜人が住まう国へと落ちていった。
そこにいるはずの妹を取り戻すために――。

連載中「1章99話 エクストラ」読了時点のレビューとなります。

圧倒的オリジナリティを持つ世界観と純粋な心を持った少年の成長物語です。
冒頭から彼の行動に驚かされ、落ちた世界の異形さにどうなることかと両手をもみ絞り、戦闘シーンや闘技場では手に汗握りました。
先天的な亜人という設定以上に、後天的な亜人という存在やその意図に背筋が凍りました。

晴郎の進む道は険しく、彼が思ったようにはぜんぜんいきません。
だからこそ、応援したくなる。
必至に生きてどこかで幸せを見出して欲しいと願ってやみません。

これからの展開も追っていきます。
もう続きが楽しみで仕方がありません!

★★★ Excellent!!!

主人公・晴郎君は不幸な過去を背負っているにも関わらず、
「生き別れた妹を探し出す!」という目的のために
禁じられた「亜人の国」に飛び込んでしまいます。
そこで様々な人に出会い、戦い、そして成長していく晴郎君。
どんな時も「人を助ける」「決して諦めない」彼の姿勢は、読んでいてとても心が熱くなります。

ただこの話は単なる少年の冒険・成長物語ではありません。
登場人物全てにドラマがあります。
読んでいて疑問に感じた登場人物の言動も、見事に先の話で明らかになります。
見事にキャラが「生きている存在」として描かれているのです。

さらに私が感心したのは、その世界観と設定です。
一見ムリがあるような場面でも、実は緻密にキチンと練り上げられています。
そしてそれによって様々な疑問も解けていきます。

最初は「身近にある不思議な異界」から始まり、やがて壮大な「世界を変える」物語へ。
あと4回で完結という事ですが、ぜひ読んでみて下さい。
「ありきたりでない、キチンとしたファンタジー」を求めている人には
絶対にお薦めです!