転生したら奴隷だった

作者 中野陽糹

134

49人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

異世界転生した少女は奴隷だった――しかも言葉もろくにわからない。ご都合主義とは程遠い、現実的で残酷な世界です。
女の子の奴隷ですから、それはもう問題が山積み。それでも最愛の女主人と共に過ごした日々は彼女にとって幸せな時間でした。が、そんな女主人も失ってしまい、残酷な世界に放り出された彼女は勇者一行に拾われる。
美女ハーレムを満喫する勇者だが、その後事件が起こって――

圧倒的に世界の弱者である主人公が、機転を利かせて立ち回っていきます。
彼女の前に起こる事件。ただの事件ではありません、謎の死が人々の前に立ちふさがります。

そしてその謎が、読者への挑戦状として叩きつけられる!
あれかなこうかな?と予想しつつ、私はつい真相ページを捲ってしまいました。

心が踊った!なんてことでしょう、当初からは予想していなかった展開に興奮が隠せません!
真実は一体どうなのか?皆様も是非ご一読くださいませ!

主人公とその主人の何気ないふれあいも、百合感溢れて素晴らしいです。

★★★ Excellent!!!

とにかく、景色や人の容姿の描写表現が美しくて好きです!

転生したら奴隷だった、というのは異世界転生ものだったらそこで無双になったりする流れだと思っていたけど、そんなこともなく、異世界転生したら、こうなるんだろうな、と感じさせられた現実的な異世界転生だと思いました。

女主人といたときの主人公、勇者のパーティーにいたときの主人公、明暗がはっきりしていて面白かったです

続きも楽しみです

★★★ Excellent!!!

 まず、奇抜なタイトルを付けてしまったことをお詫び申し上げます。
 しかし、それ程の衝撃!
 異世界転生でありながら、そのブームに殴り込みをかけるような、まったく別視点での作品。

 小説ならではの視点を利用したミステリーにも仕上がっていて、テーマがしっかりありながらもエンターテイメントであり、読む手が止まることはありませんでした。

 そして、まったく甘くない世界観。
 ウーマンリブというか、そんな感じで落ち着ちつくのかな? と、思ったら私が甘かった!

 主人公を軽く扱う世界で、唯一無二の存在である女主人。
 彼女との思い出だけが宝物のように美しく語られる。
 彼女の存在は何を意味するのだろうか。
 転生前の現代社会おいても、異世界おいても、彼女だけなのだ。
 しかし、もう彼女はいない。

 ただただ、甘い私は主人公に一縷でもいいから望みをつかんで欲しくなってしまう! 

★★★ Excellent!!!

読みやすく最後まで、すっと読めました!!

大好きな女主人と嫌悪感を持つ勇者、物語の前半ですが、この対比が面白くまたは、切なく描かれています!!主人公は、とても冷めた視点で世界を見ています!!嫌悪感を感じている勇者と共に旅をして、どのような心境の変化になるか楽しみです!!

少し変わった異世界転生ものに興味ある方、必見です!

★★ Very Good!!

穏やかに、緩やかに、そして、悲しみを根底に含んだ転生ファンタジーです。

主人公が、女主人を名前で呼ばないのが、ちょっと切ない感じです。

現時点では、まだ序盤なのですが、これから、彼女が、どんな風に探偵になって行き、どんな問題を解決するのか、楽しみです!

★★★ Excellent!!!

別世界に転生した元日本人が、主人公。
職業は、勇者でも魔法使いでもない奴隷だった。
幸いにも優しいご主人の元で働き幸せな生活を送っていたが、主人の死を境に一変する。

転生物語でありながら、今まで世に出てきた物語と一線を引くスタイルは感心します。

世にたくさん出てきた転生物語にメスを入れながらも、独特の世界観を描く手法や展開は素晴らしいの一言!

ファンタジー好きも、食わず嫌いの方にもおすすめです!

是非、ご覧ください!

★★★ Excellent!!!

 転生という言葉がタイトルに入っている物語を初めて読みましたが、自分が大分強い偏見を持っていたのだと気づきました。面白かったです。
 自分の秘密を語る主人公を想いながら、自分は語るべき人生とそれを語る相手を持っているだろうかと考えさせられました。それはそのまま豊かな人生とはなんだろうという疑問でもあります。
 実際には、まだ考えている途中で、これからも考え続けるのだろうとなと、ぼんやり思ってます。