緑野の国の第三王女物語

すずり

0  姉姫様の葬礼


「大姉様が?」


 きらきらと、光のあふれる、大きな窓辺。硬い声で聞き返したのは、少女だった。真ん丸な空色の瞳が印象的な、あどけない顔立ちをしている。日の光に透けながら細かく波うつ薄茶の髪が、乳白色のまろい頬と薄っぺらな肩に、ふわふわとこぼれかかっていた。

 たっぷりのレースとフリルでふくらんだ空色のドレスと、ひだまり色の羽衣のようなストールに包まれたその姿は、幼い容貌とあいまって、甘く繊細な砂糖菓子を連想させる。けれど今、戸口を向いたその表情は、ひどくこわばっていた。


 はい、と、白い扉の前で、一人の女が頭を下げた。


「暗殺者から夫王様をかばわれ、凶刃にお斃れになったそうでございます」

「……それでこの騒ぎというわけね」


 少女はきゅっと薄紅の唇を結んで、磨きぬかれた窓ごしに、王宮の中庭を見おろした。


 ひだまりのその中庭では、葬礼の準備が着々と進められていた。資材や工具をかついだ彫像職人たちが慌ただしく動きまわり、その間を縫うようにして、水色ローブの吟遊詩人たちが竪琴をかき鳴らしている。空気を震わす弦の音にのせて彼らが切々と歌っているのは、少女の「大姉様」――嫁ぎ先の異国で夫をかばって凶刃に斃れた、この国の第一王女の悲劇的最期だった。


(葬礼というより祭礼ね)


 少女は内心でひとりごちた。


 悲劇的な死を遂げた王女の魂は、国の女神のもとへ召されて、女神と近しいものとなる。それはこの緑野の国に王女として生を受けた者にとって最高の名誉である、というのが、国内の常識であった。


「だからって……凶刃?」


 まるで自分がその刃を受けたかのように、少女は身を震わせた。


「それも、台本のとおりだったの。みずから刺されて死ぬなんて……大姉様は、そこまでしたの」


 緑野の国の王女は、他国へと嫁ぐ際、「悲劇の台本」を携えていく。そして嫁ぎ先の国においてはその台本どおりにふるまって、悲劇的な死を遂げるのだ。


 平坦な女の声が答えた。


「第一王女殿下は、悲劇的に美しく死ぬことに、強いこだわりを持っておいででしたから」


 少女は再び、扉のほうへ視線を向けた。


 少女がいるのは、日当たりのよい、広い室内だ。天井と、六角形に部屋を囲む壁は日の光に輝く白で、床はやわらかな薄緑色。部屋の中には、優美な曲線を描く長椅子や、縁が金細工の巨大な姿見、白地に金で装飾を施した箪笥など、豪華な調度品がならんでいる。

 そんな贅をこらした部屋の、白い大きな扉の前で、声の主は微動だにせず、礼の姿勢をとりつづけていた。

 おそらくまだ若いのだろうが、まっすぐな焦茶の髪を後頭部でぴっちりとひっつめ、重たげな濃紺のドレスを一部の隙もなく着こなしたその姿から、若い娘特有の華やぎは微塵も感じられない。そろえた手指の先にまで、ぴんと糸が通っているようだった。


「……わたしには、わかんない美学だわ」


 少女はそれだけ言うとまた、窓の外を見やってため息をつく。昼前の、まだ白い日ざしが、少女の淡い色合いの髪と伏せられたまつげをきらきらと透かして、じつに絵になる光景だった。


 わずかに顔をあげた女が、そんな少女を無感動な目で見つめた。


「それと、第三王女殿下」


 やはりどこまでも平坦な口調で、彼女は告げた。


「先ほど、御身のお輿入れが決定いたしました。お相手は、砂塵の国の国王陛下でございます」


 瞬間。少女――緑野の国の第三王女リールティアラは、盛大にその幼げな顔を引きつらせた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます