第74話 パワーを貯めなきゃ。私がココに来た理由(プディ視点)




 勢いよく、リビングの扉が開いた。


 慌てた様子で部屋に入ってきた幸太郎。





 ホロが居ない事にもう気がついたのかしら?


 ホロは上手い事、おばあさんやミーちゃんとやらの元に向かう事が出来たのかしら?



 もう少し手を貸す事も出来たかもしれないけど、パワーを貯めるには、自分がした行動と言うよりは、それをした事により、その対象者の変化で、自分がどんな風に思うか、心の葛藤や感情の変化、つまり、大きく悩んだ方が、自分の感情を大きく揺り動かせた方がパワーを多く貯める事ができる。



 今回、ホロは無事、やり遂げる事が出来ればかなりのパワーが貯まるだろうし、成長できている筈。




 幸太郎はスマホを見ながら慌てた様子で、部屋の中をぐるぐると歩いていた。



 てっきり家に入ってすぐ、ホロが居ないと気がつき、探し回ると思っていたが、そんな素振りも見られない。



 落ち着いているとは全然言えないが、どう言う事だろうか?



 私はそんな幸太郎の様子を見ながら、ソファーの上でデンと一緒に丸くなっていた。



 デンからはまだ規則正しい寝息が聞こえる。


 もうしばらくは眠っているとは思う。






 ホロ、一匹で、この家を出るのは久しぶりだったのよね。


 大丈夫かしら?


 ホロに何かあったら、私も駆けつける必要があるかしら?





 ホロ......。

 あの子は一体、どういう子なのかしら?






 私の星から来た子なのかしら?



 途中で記憶でも無くしてしまったのかしら?







 分からない。








 私にはホロに話して居ない事がある。




 私には目的があった。






 その目的を果たす為、私達は数匹の仲間と、この地に降りた。


 仲間からの連絡は偶に入るが、何せ皆、感情も元々持たない、パワーも少ない。そう言う育ち方をしている。



 連絡を取り合うだけでもそれは容易な事ではなかった。



 星の王、つまり私の父親は莫大なパワーを持っていた。




 生まれた時から感情に乏しかった父は、自分が星で一番強く有らねばならない。そう思っていたのだと思う。



 私の星では代々、私の家系が星の長を引き継ぐ。



 全てを支配する絶対的権力を手にする。




 だけど、全てを支配出来る程、私の家系は元々、産まれもってパワーを持っている訳ではなかった。




 私がこの事を知ったのはある事がきっかけだった。




 私は信じていた、尊敬していた自分の父親が、実はものすごく自分勝手で怖い存在だと知ったんだ。




 その事を知ったのはある事がきっかけだった。



 私が大事に思う存在。




 私をこの星に渡ろう。


 そしてパワーを貯めよう。



 父に対抗するパワーを貯めて、私が心の底から大事に思っているあのコを自由にしたい。




 そして、そのコと、どこかでひっそりと、心から笑って、感情に思い切り正直に、笑って、怒って、泣いて、この星では普通におこなっているそんな生活を。


 私達の国では絶対出来なかったそんな生活を送りたい。



 そう、思っていた。









 ホロに言っていた。



 貴方がパワーを貯める事によってこの世界を救う事になる。



 そんな風に。




 厳密には違う。



 私は嘘つきだ。


 自分の目的を果たす為に、ホロの純粋な気持ちを利用している。






 私の父親は、卑怯な悪モノだ。

 




 本当は弱い。




 だけど周りに力を与えず、与えない様にし、持たせない様にし。


 自分だけが莫大な力を手にする仕組みを作り出してしまった。




 そして、この星を利用する事を父は思いついてしまった。




 父の事を放って置くと言う事はこの星にとっても、すごく危険な行為だ。



 と言ったって、私にはまだ父の力が大きすぎて、何とも言えない。



 ホロが父と繋がっていない。

 そうは言いきれないが、かけてみる必要があった。



 圧倒的な力に対抗するには、それを超える様な力が必要、仲間が必要だったから。




 私には、父を押さえ込み、私達の星を、あのコを救い出す為、少しでも力を貯める必要があったんだ。

 


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る