第70話 ミー? ミーが生きている? (オヤブン視点)

 もう、ミーに逢う事はない。

 逢いたくても逢えない。



 ずっとそう思っていた。


『ミーちゃんはココにいる。生きているんだ。傷を負ってしまっているけど、ちゃんと、生きているんだ』



 え?


 生きている?


 傷を負っているけど、生きている?




 俺は自分の耳を疑った。


 ミーが生きている、このチビ白猫はそう言った。




 もしかして動けないけど生きているのか?

 それとも俺に逢いたくないのか?


 だけど、あの例の事故の前の晩まで、ミーからの俺に対する想いは、くすぐったいくらい伝わってきていた。


 嫌われてはいないはずだ。


 だけど、生きているんなら、なんらかの形で、覗き込んだ時、俺には見えた筈だ。






 だから、アイツ、あのチビ白猫からの心の声は、きっと俺の妄想なんだ。


 俺はもう、ミーの事を考えすぎて、妄想するようになってしまったんだ。


 チビ白猫との頭の中の会話は、きっと俺の願望なんだろう。




 そう思った。




 そう思ったけど......生きている。

 そう、一度聞いてしまったら、俺の心の一部がちょっとだけだけど期待した。



 もう、絶対逢えない。


 そう思っていたミーに逢える。逢えるかもしれない。



 俺は確かめずにはいられなくなり、ミーの飼い主達に見つからないよう、忍び足でだけど素早く、ミーの家の庭に下りた。



 少し前まで、雑草が生い茂っていた草が、やけにこざっぱりとしていた。



 そうか、飼い主達もミーが居なくなった事への寂しさを乗り越えたのかもしれないな。



 だからあのチビ白猫を飼い始めたのかな......。



 俺も乗り越えなきゃならねーのか?



 やるせねーよ。


 俺はちゃんと現実を見ようと、窓から顔を出してミーの家の中を見渡した。



 そして、チビ白猫のさらに奥に、俺の目がおかしくなったのか、ミーによく似た猫が塞ぎ込んでいる様に下を向いていた。



 俺の心臓の鼓動がドクッと大きくなった。


 そしてミーに良く似た猫が、顔を上げてこちらを向く。



 目が合った。



 ミーだ。



 あの色っぽい艶のある顔はミーだ。


 鼻の横に生えている1cm四方の黒毛が愛嬌あって可愛らしい。



 口元の傷は痛々しいが目の前に、夢にまで見たミーが居た。


 ミーと目が合い、あの艶っぽい緑の目と目が合い、ドキッとして、思わず俺は飛び上がった。




 ミー、ミーが目の前に居る。


 俺はミーに語りかけた。


「ミー、ミー」



 俺が呼ぶとミーは辛そうに顔を背ける。


 小さな可愛らしい前足で自分の顔を隠している。


「み、見ないで。私のこんな汚い顔見ないで」


 本当に辛そうに言うミーの声。



 だけど、何度も夢に見たミーの声。



「な、何言っているんだ。ミーは綺麗だよ。

傷は痛々しいけど、痛くないか、心配だけど、その色っぽい目元、変わらず綺麗だよ。

何より、生きてて良かった。本当に良かった」



 俺はそう叫んでいた。


 家の中の人の事も気にしていたから、そんなに大きな声ではないが......。


 もう、俺の声は安堵からの感情の昂りがすごく、悲鳴の様に震えていた。


「う、嘘よ」


 そう呟いたミー。

 そんな風には言っているが、俺の声がミーの心に届いたのかゆっくりと俺の側、窓際まで、歩いて来てくれた。



 戸惑っている様子で、信じられないとでも言うように、でも少し嬉しそうに、ゆっくりと俺の近くまできてくれた。


 窓を挟んでだが、ココならミーの声がハッキリ聞こえる。


 それに、ミーの足取りを見ると、外傷は顔だけだったのかふらつきも無く、しっかり歩いていた。



 よ、良かった。



 本当に、良かった。


「避けていて、ごめんなさい。こんな姿になった私は、もうアナタに嫌われてしまうかと思っていたの。辛かった。


貴方に、オヤブンさんに逢いたかった」



 恥ずかしそうにミーが呟く。


「ミー、嫌いになんかなるものか。ミー、俺の可愛いミー。生きていてくれた。良かった。本当に良かった」


 俺は窓ガラスの向こうに居るミーに向かって右の前足を伸ばした。


 ミーも、戸惑いながらも、窓ガラス越しに俺の右の前足に自分の左の前足を重ねた。




 視線を感じる。


 


 チビ白猫がニヤニヤした顔でこちらを見ている。




 き、気まずい......。





 なんだか俺は無性に恥ずかしくなった。


 それに、子供には教育上良くないよな。


「ミー、まだ傷に触るから夜の散歩は無理だよな? 日中に、許してくれるなら、また逢いにきても良いか? そして傷が治ったら、また二人で一緒に夜の散歩に行きたい」


 俺がそう言うと恥ずかしそうにミーは頷いた。



「じゃー、またな」


 そう言い、また俺は歩きだした。


 後ろを振り向かなかった俺はミーがどんな表情をしているか分からなかったけど、子猫の前で臭い台詞を言い過ぎたからか、恥ずかしさで、どうにかなりそうだった俺は少し早足で、足を前に進めた。



 でも、また明日、ミーに逢える。


 ミー、何度も言うけど......良かった。


 本当に良かった。


 ミー、生きててくれて、ありがとう。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る