第68話 俺の声が届くなら(ホロ視点)

 

 足だけが黒い白猫、そいつの考えていることが頭の中に一気に流れてくる。



 


 

 何だかコイツの考えを、話を聞いていると、俺が雪を……。  

 こんな姿になってしまっても、雪の事が忘れられない。


 言葉も通じない。


 どんなに思っても伝わらない。



 分かっていても諦めきれない。



 そんな思いとコイツの思いが重なって、俺自体も胸がツーンと痛くなった。



 


 

 おい、なんでお前はミーちゃんが死んでしまっていると思っているんだ。



 


 

 ココにいるじゃねーか。



 なんで気づかないんだよ。


 





 

 ミーちゃんを見ると、物陰に隠れる様に縮こまっている。



 


 


 

「ニャ―ナンニャ(オヤブンさん、また来てる。まだ私の事を思ってくれているの? だけど、こんな姿じゃ逢えるわけない。逢ったって嫌われるだけよ)」



 


 

 ミーはボソッと呟いた。



 

 その声は切なくなるような、諦めてしまったような小さな声だった。



 


 

 諦めるなよ!



 


 

 俺はそう叫びたかった。



 


 

 こんな、側に。


 ココに居るのに。



 


 

 逢えるのに。



 


 

 認識してもらえるのに。



 


 

 俺はもどかしくてどうにかなりそうだった。



 ゴロゴロと暴れまわりたいくらいだが、そんな事しても伝わる訳もない。



 


 

 それに、ミーちゃん達と、俺と雪の事とはごっちゃにできる内容ではない。



 

 ミーは傷ついている。



 

 恐がっている。



 


 

 分かっているけど俺はもどかしくて仕方がなかった。



 


 

 俺は、こんな俺だけど、どうにかしてこいつらを逢わせてやりたくなった。



 

 それにミーが自信を取り戻すことで、どうにか前みたいに明るいミーに戻れるんじゃないかそう思った。



 


 

 こいつの声が俺の頭に届く。



 

 俺は窓の向こうの足だけが黒い白猫と目が合った。



 


 

 俺のパワーがどれくらい育っているのか分からない。



 

 俺自体、いったい何ができるか分からないし、そもそもどうしてこんなことが出来るかも分からない。


 だけどココは夢の世界じゃない。



 


 

 現実世界だ。



 

 だけど確かにアイツの心の声が聞こえる。



 もしかして俺の声もアイツに聞こえるんじゃないだろうか?

 

 試してみない手はない。




 そう思った俺はアイツに、足だけが黒い白猫のアイツに語りかけた。



 

 聞えないかもしれない。


 だけどもしかしたら、聞こえるかもしれない。



 


 


 

『アナタはミーちゃんの事を知っているのかい?


ミーちゃんを大事に思っているかい?』



 


 


 

 俺はそう念じながら語りかけた。



 

『なんだ? 俺はおかしくなってしまったのか? 俺の頭に勝手に喋りかけてくるオマエは誰だ? お前はミーの事を知っているのか? なんだろうな、チビ白猫、なんでお前はこんなことが出来る? なんで離れているのに俺はお前と会話ができるんだ?』



 


 

 通じた。



 


 

 足だけが黒い白猫は俺の質問には全然答えてくれなかったが俺の声が届いていることが分かった。




 もしかしたら、コイツに俺の声が届くならコイツとミーちゃんを逢わせる事ができるかもしれない。



 俺はそう思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る