第23話 そうか、お前の妹か……(ホロ視点)

 


 ソファーの上で、デンとプディがジャレ合っているのを、俺はソファーの斜め下に置いてあるクッションの上で寛ぎながら見ていた。



 デンは俺を守らなきゃいけないと思っていた所があった為、初めはプディを警戒していた。


 だけど根っからの平和主義者のデンだ。

 人懐っこいプディ相手じゃ、あっという間に虜になっている様だった。




 現在デンはプディのお尻の匂いを嗅いだり、お腹をベロベロと舐めている。

 流石のプディも若干引き気味だ。


 大きな黒い犬と、フワフワした柔らかい毛の様に少し毛足の長いグレーと白のキジトラ模様である子猫の事だから、微笑ましいが、もしこれが人間だったら、デンはかなり危ないロリコン野郎だ。



 まあ仲が良いのは良い事なんだがな。


 俺は昨日の体験で、若干疲れ気味で、居眠りしながら欠伸ばかりしていた。

 プディもそれが分かっているのか今日は俺の方には近寄らず、デンや幸太郎の近くばかり寄って行き、俺の事は放っておいてくれていた。



 自分だけの時間を持つのも好きな俺は、これ幸いと一人の時間も楽しんでいた。



 そんな時、玄関の方が騒がしい。



 最近は訪問者が来ると、ろくなことが無い。




 今度は誰た?


 比奈が来る時間では、まだないはずだぞ。


 俺は時計を見上げ時間を確認した。



 やはり、まだ比奈が来るまで3時間くらいあるはずだ。





 大きな足跡が響き、リビングの扉の方に近づいてくる音がする。


 玄関の方から聞こえてくる声、一人は幸太郎。


 もう一人も聞き覚えがある。



 嫌な予感がするぞ、この騒がしい感じ、アイツしかいないじゃないか。



 大きく扉を開き、ズカズカと自分の家の様に入ってきたのは思った通り、幸太郎の親友の高志だ。



 俺は友達を選んだ方が良いと思うのだが、こればかりは仕方がない。


 まあ、もちろん良い所もあるとは思うんだがな、幸太郎が振り回されている様な気がしてならない。


「おっ、プディ、本当にいるじゃないか。どうだ? ここの居心地は?」


 そう言いながら、高志は、デンとは反対側であるプディの横に腰かけ、かき混ぜる様にプディを撫でたが、プディは珍しく、その場をすぐ離れ、俺の近くまで来て座った。


「おっ、人懐こいプディちゃんに、嫌われているのか?」


 いつも俺達以外の前では仏頂面の幸太郎が、プディに逃げられて、拗ねている高志を見て笑った。


「いや、こいつも女の子だからな、照れているんだろうな。俺、モテるから」


 強がってはいるが高志はショックを受けている様だった。



「にゃ~(照れているのか?)」


 俺の質問に、ため息をつきながらプディが答えた。


「にゃんや(あの人、ちょっとうっとうしいのよね)」


 なかなか、中学生女子が反抗期に父親に言うようなセリフだ。




「ニャ―っニャ(高志と、……あの男と会った事あるのか?)」


「な~、ニャっ、キャ(ああ、比奈ちゃんの兄貴なのよ)」





 なるほどな、比奈はお前の妹か……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る