第14話 登場人物 まとめ(ホロ視点)

 フー、俺の話はノンビリしているからか、

 中々に物語が進むのは遅いだろう……。


 辰也だった時は、そうでもなかったんだがな?

 いや、やはりノンビリしていたのか?


 まあ、そんなことは、どうでもいい。


 とにかく登場人物が増えてきたので、ちょっと自己紹介がてら話をするぞ?



 まずは俺?

 

ホロ(佐々木 辰也):物語の主人公、子猫。今の姿になる前は、佐々木辰也という人間だった。

 

 もっと詳しく言うと、


ホロ:


 白い子猫、雑種、ノンビリしているが、猫としては中々のヤンチャ。

 見た目はかなりの美形らしい。

 


 いや、猫の世界にも好みがあるからな、場合によっては、そうとも言えないかもしれないがな?


佐々木辰也:


 見た目は、まあ平凡。一言でいえばそれな?

いや、まあ雰囲気イケメンと言えないこともないぞ?

 良くも悪くも普通。中の下ぐらい。


井川 幸太郎:


 ホロとデンの飼い主。ホロとの出会いは接触事故。

 人間関係があまり得意ではなく、友達もある程度はいるが、他者との境界線があり、自分自身を見せることはできない。

 その割には人の事をほうっておけないお人好し。几帳面。


デン:


 ホロより先に幸太郎に飼われていた犬。

 犬種 ゴールデンレトリバー 毛の色 黒

 暢気、陽気、単純、平和主義



雪:


 辰也の同棲していた恋人 

 まん丸くて白くて頬骨の高い顔をしていて、辰也が大事にしていた彼女。

 小指の横のイボがありそれを気にしている。



高志:


 幸太郎の親友。長身で顔は普通だが、いつもヘラヘラしていて少しチャラい印象。煩くて俺はちょっと苦手



クウロ:


 主人公が幼少時代に飼っていた子猫、毛色は美しい黒。指が片方6本、両前足で12本ある。後ろ足は通常の猫と同じである。実際見ると、プニプニしていて可愛い。




 とまあ、こんな感じか?


 また登場人物が増えて俺の頭が追い付かなくなってきたら、こういう機会を設けるかもな?


 まあ、気まぐれな俺の話だからな?

 軽く流してくれ!



 部屋の隅に噛み過ぎてすでにボロボロになっている茶色のネズミのおもちゃが見える。

 狙うように俺の前足に力が入る。



 まあ、そんなとこだ!

 俺は、これから忙しい。


 じゃーな。



   

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る