ナーナ!

新型コロナウイルス感染症の影響で、予定していた生徒図書委員会研修会は無期限延期(実質上中止です。)になりました。

さてさて、その代わりに何か彼らが出来ることはないだろうか?と考えました。


感染症対策を完全にした状態で開催される文化祭。そこに図書委員会として展示を出す。ここまでは決まったのですが、さて何を出すか……。

ただの展示ではつまらないと考えたので、ポップコンテストをしようということになりました。

生徒に募集をかけようかとも考えましたが、とりあえずやってみよう企画なので、図書委員会全員にポップを書いてもらい、それを生徒や先生方、そして保護者の方に投票してもらおうということになりました。

「第1回ポップコンテスト」開催です!!


7月半ばに企画して紙等を準備して夏休み前にお願いをしました。8月の登校日には出してねー!と言うと、みんな「描けるかなぁ」「絵が苦手です」と言いつつも、了承してくれました。


しかし!

ここからが大変だったのです。

毎日図書館に来てくれている生徒は出すのも早いのですが、如何せん「提出物未提出」の常連が集まった図書委員会です。

なかなか、集まりが良くなかったのです。

文化祭の準備で忙しいのだろうと、1週間、2週間と待っても出さない。

恐る恐る聞いてみると「紙がないので探しています」とのこと。

いやいや、それいつの話!?


こんなんで文化祭までに展示企画上手くいくのでしょうか。

不安でいっぱいの8月でした。



結果としては、どうにかなりました。

ポップコンテストの投票の仕方も、書くのではなくポップに貼ってある英字と同じものを大量に準備しておいて、それを箱に入れてもらうようにしました。

投票用紙の英字を切ったりまとめたりが意外と大変で、図書委員会全員でなんとか終わりました。


文化祭終了後に投票結果を図書室前に掲示しておいたのですが、たくさんの生徒が見てくれていて、やって良かったなと思えましたねー。

大変だったけど(笑)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る