ゴーォ!

出張図書館3年目になりました。早いですねぇ。

さすがに3年目になると、定着して…ないですね(笑)

定着はしているのかもしれませんが、それ以前に「学校図書館に面白い本はない」っていうイメージが払拭されていないということが最近分かりました。


まずはここからですね。

―やってやれない事はない!―

―為せば成る!―

が心情の司書ですから、先生達に図書館利用を、しつこいくらいアピールしました。


「面白い本買ってます!」

「冊数は少ないかもですが、質は高いです!」

アピールを3ヶ月位してました。


我ながらすごいと思いますよ。

復職して数ヶ月しか経ってないのに、新年度始まってからすぐにアピールしてるんですから。


最近、授業での図書館利用が増えておりまして、生徒が図書館まで来て借りてくれるようになったんです。

「こんなに本があったんだ」とか、「これあったんだ!」とか言ってくれて、司書冥利に尽きるとはこのことです。

本当に嬉しいことですね。


これからも面白い本を出来るだけたくさんいれるからね。

と思いつつ、今日もバソコンに向かってポチポチやりながら選書しています。


最近、選書は本屋に行ける時は行って選んで、それ以外はパソコンで試し読みが出来るものは読んでみてから購入リストに入れています。前までは公共図書館で借りてから入れていたのですが…6年目にもなると装丁や概要、出版社である程度分かるようになってきました。

これも職業病かなぁなんて思いながら、楽しく公私共々、本漬けの毎日です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る