すっとんきょうなキミとなら

作者 春川晴人

好きになることの初々しさと残酷さ

  • ★★★ Excellent!!!

好きになること。

それは時に、自分に何故?という疑問を投げかける。
初々しさと同時に訪れる残酷さもあるかもしれない。
それでも信じたいです。
残酷さの先ある……2人が笑う未来を。

重い文章でのレビューになってしまいましたが、穏やかな気持ちで読める優しい物語ですよ‼︎

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

月野璃子さんの他のおすすめレビュー 457