気になる子を追いかけたら中学受験

作者 桃色音色

進路希望は、皆が楽しく一緒にいられる場所!

  • ★★★ Excellent!!!

 主人公は勉強が大嫌いな小学生の男の子。主人公には気になるクラスメイトがいた。その子は中学を受験するために、塾に通っていた。主人公は下心から、クラスメイトが通う塾に通い始める。そこではハーフの美少年がいて、塾で寝てばかりいた。そこに、主人公のことが気になる幼馴染の女の子が入塾し、皆で中学受験を目指すことに。幼馴染は初めはクラスメイトをライバル視していたが、話してみると意外に馬が合い、親友となる。塾はクラスごとに、その塾生のレベルに合わせた指導を行っていた。クラスメイトの女の子は出来る方のクラスだったが、他の三人はなかなか上のクラスに行けずにいた。
 そんな中、四人皆で学園祭に参加することになる。そこで出会ったのは、子役として芸能界にいるはずの女の子だった。
 果たして主人公は、無事にクラスメイトと同じ中学に行けるのか?
 塾生たちの人間関係はどう変化しするのか?

 中学受験で塾に行く、というところから始まるが、ギスギスしたところや暗い部分はほとんど出て来ない。様々なキャラクターたちが自分の抱えているモノを克服しながら、皆で和気あいあいとした明るい空気感で満たされる、とても元気になれる作品だ。朝読賞にエントリーされていることもあり、子供たちが読んでも難しくない言葉遣いや表現の工夫が見られ、大人が読んでも子供が読んでも、楽しめる内容になっている。
 受験シーズンと重なることもあり、受験だって楽しんだもの勝ちだと教えてもらったような作品だと思えた。

 是非、御一読下さい!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夷也荊さんの他のおすすめレビュー 794