episode14:おいおい、何言っているんだい?今からだよ、サプライズは


「十七点、アレンジ構成に粗が目立ちます」


 ChessRankingSystemチェスランキングシステム


 通称:CRSクラスには、それぞれランクがある。


 それは、チェスに例えられていて、下から兵卒ポーンルーク僧正ビショップ騎士ナイト女王クイーンキングの六つのランクで構成されている。


 一般的には課題曲がいくつか用いられ、舞台で演奏するとされているが、CRSにはそれがあまりない。

 

 稀に、CRSで発表される課題曲も一癖も二癖もある難易度の高い曲ばかり。


 譜面通りに弾くことで評価されるコンクールとは違い、表現、個性、アレンジ力を審査対象に加え、いかに「感動」を与えられたかというルールを取り入れるくらいなのだ。


 よっぽど人は、感動という感情に飢えているのだろう。

 事実、今こうしてCRSが世界で大きく賑わいを見せているのが、いい証拠だ。 

 

「二十一点、アレンジとミスを上手く誤魔化したみたいだけれど、ダメだよ」


 譜面通りが得点になるコンクールとはまた違い、採点基準は人間の純粋な欲求であり、永遠のテーマである感動という名の麻薬。


 そのため、大きな変更がなければ譜面通りではなく、弾き方や譜面自体をアレンジするのも可能なのだ。


 無論、この採点基準を聞いたピアニストたちは歓喜したという。

 原曲通りではなく、自分のアレンジした曲が評価されるのだ。


 あわよくば自分がモーツァルトやベートーヴェンになれると。

 そう、ピアニストたちは予感したからだ。


 

 ――――ただ、そんな淡い期待と希望は見事に打ち砕かれることになる。



「二十九点、丁寧な性格が裏目に出てる。慎重になりすぎて、思い切りがない」


 アレンジとは聞こえはいいが、それは作曲者に喧嘩を売るのと一緒なのだ。


 歴史上に名を残す天才と呼ばれる圧倒的才能の前に、歓喜したピアニストは次々と感動という理不尽な採点基準の前に打ちひしがれてしまう。


 歴史に今でも語り弾かれ続けられている作曲家が作り出した名曲たち。


 作曲家の作ったその心をななぞり、その身を削り、そして人の心を動かすコンクールとは違い、自分の力だけでアレンジし「感動」を与えなければならない。



 ――――シンプルで、わかりやすい採点基準。



 それだけに、過酷で茨の道である。

 それこそが、CRS。

 観客と審査員の心をいかに掴むかが、鍵なのだ。


「単純な練習不足、五点だ」


 だからこそ、だ。僕が評価する採点に会場の観客とルークのピアニストたちの空気が凍り付いているのが、手に取る様にわかる。


「「「「「今回の採点、容赦がなさすぎる……っ!!!!!」」」」」


「あはは、まいったね……。確かに公平にとはいったが、これはまた厳しい。流石は音殺しサウンド・キルってとこか?」


「仕事はキチンと全うするタイプですので」


 隣にいる狂姫こと東雲静が苦笑いしているが、関係ない。

 採点するからには、公平に採点する。


 ちなみに眼鏡とヘアセットで、僕が「早見優人」だってことは彼女しか知らない。他の審査員には「私が保障するから、文句あるやつは出てきたまえ」と黙らせたらしい。


 ありがたいけど、頼まれた側なのでお礼は言わないでおく。


「演奏するからには、心を揺さぶるくらいの技術がないとランクアップなんてもっての他だ。仮に僕じゃない審査員が採点し、観客が評価して、ランクアップが仮にできたとしても、必ず僧正ビショップの猛者たちにやられるだけですからね」


 僧正ビショップからは、相当名が売れたピアニストばかりだ。プライドの高いとされるルークでは、一度挫折を味わったほうが上手くなるし、逆にこれしきのことが乗り越えられないようなら、CRSピアニストとしては、上には絶対にいけない。


「それに、あんたも僕と同じような採点をしているじゃないですか。人のことを言う前に自分を見つめ直してください」


「それは言わない約束だぞ、早見少年。それに、次はなかなか楽しめると思うよ。今回のランクアップ最有力候補だ」


 そういって視線を誘導した方向を向くと、堂々とした顔で明らかにかけ離れたオーラで舞台に上がってくる金色の短い髪が目立ったフランス人の女性……って、おいおい、この人は!?


「ク、クロエ・リシャール!?彼女までCRSに参戦していたんですかっ!?」


「ああ、国民的フランスのスターの登場さ」


「道理でルークが集まる大会にしては、多いと思ったけど……」



 ――――クロエ・リシャール。


 世界で彼女を知らない人は今注目のピアニストだ。


 フランスのトップで活躍するピアニストであり、その美貌と堂々とした姿からメディアからも今大注目される国民的ピアニストで、確か「フランスの女帝」とまで呼ばれてた現役プロピアニストだったはずだ。


 まさかこんな大物までもがCRSの世界に入るとは……。

 狂姫が言っていたサプライズってこれのことか。


「流石、フランスの女帝と呼ばれるだけあるな……」


 ピアノ椅子に座るだけで伝わる。これは、数々の至難を乗り越えてきたからこそ出せる圧倒的な自信と、次の演奏者にいい演奏をさせないと言わんばかりの重圧プレッシャーだ。


「……ああ、いい顔つきだ。雰囲気だけなら既に騎士ナイトクラスだ。私も彼女と勝負してみたいね」


「全く、狂った姫さんだこと。ほら、演奏始まりますからそのオーラ、抑えてください」


「おお、すまないすまない……さて、お手並み拝見といこうかな」


 そして、演奏が始まる。僕がさっきまで作り出した凍りついた空気や、生温い演奏とは違い、会場中の緊張を誘う勢いのある音だった。


「……メフィスト・ワルツ第1番『村の居酒屋での踊り』S.514」


 メフィスト・ワルツ。フランツ・リストが作曲したピアノ曲及び管弦楽曲だ。今クロエ・リシャールが弾いている第1番が有名だが、この曲をこのCRS舞台でアレンジするものは、そういない。


「この曲をアレンジして弾くか……。流石は『フランスの女帝』といったところだ、全体的にバランスがいい」


「はい、それに彼女はCRSでのピアノの見せ方を、もう


 時折見せる指の細かなしなりを観客に見せ、心打つ演出と弾き方。

 滅多に褒めないあの狂姫すらも、バランスがいいと評価した。

 

 先ほどまでは正直眠そうに採点していたが、今は自然と指が動いて自分の弾く音と比較している。クロエ・リシャールの演奏に興味がある証拠だ。


 約九分にも及ぶ長時間の演奏が終盤に向かえる。

 全体的にバランスのよい見事なアレンジに、僕も思わず見入ってしまった。



 ――――そして。



「「「「「ブラボーっ!!!!!」」」」」



 クロエ・リシャールは前代未聞のCRS:ルーク史上最高得点の八十二点を記録した。


「……とんだサプライズでしたよ、久しぶりにいい演奏を生で聞けました。ありがとうございます」


「おいおい、何言っているんだい?今からだよ、サプライズは」


「……え?」


 僕は自分の目を疑った。

 な、なんであの子があの舞台に!?


 会場中が息を呑んだ。

 小さな体ながら、どこか別世界から来たような白く、美しい容姿。

 腰まである長い銀色の髪と全てを見通しそうな深く透き通った群青色の瞳。


「さぁ、早見少年。君はこの物語をどういう風に見るかな?」


 どこか冬をイメージさせる真っ白な雪色のドレスに身を包む一人の女の子。

 白雪が、そこにはいた。


アナウンス「女王Ⅰの二つ名『狂姫』が推薦!?特別ゲスト枠で今回がCRS大会初参戦!!CRSナンバーは未登録ですが、お願いします」


「し、白雪!?」


「……さぁ、白雪。君の物語を見せてくれ」



 ――――白雪によって、銀色の音が会場中に鳴り響いた。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます