episode13:サプライズに期待したまえ


 寒さには慣れていた。

 雪はしんしんと降り続け、空を見上げると一片の小さな雪が頬に当たる。

 ひんやりとした感触を残したまま、雪消ゆきげの水に変わっていく。

 

 冷え切った指先でそっと拭いながら一呼吸入れると、僕の口からは白い吐息が漏れていて、白雪がそれを見て楽しそうに「ふぅー……えへへっ」と、真似をしている姿を見て、なんだか心も体も温まる。


「そういえば駅を降りてから、道行く人が同じ方向に向かってますね?もしかして、みんなCRS舞台館に向かっているんですか?」


「そうだね。周りには色々と大きな商業施設があるんだけど、殆どがCRS運営が取り仕切っているものだからね」


「えぇーっ!?もしかして、ここにいる人たちの殆どがもしかして……」


「観客か、CRSに何かしら関係のある者だろうね」


 白雪が驚くのも無理はない、僕も初めて来たときは驚いたものだ。

 道行く人の殆どが当時は敵に見えて、演奏で全て負かしてやるだなんて思っていた若かりし頃もあったが、今となっては中途半端を貫いたニート候補生。


 過去の僕が今の僕を見たら、きっと失望するだろう。

 まさか、ピアノすらやめてしまうとは……。

 本当に、人生何が起きるかわからないものだ。


 皮肉めいた笑みを僅かに浮かべながら歩を進めて行くと、多くのカメラマンや期待に胸踊らせる観客たちの声が聞こえてきて、思わず立ち止まり視線を向ける。


 すると、チェスの駒にあるルークをモチーフにした銀色に輝くネクタイピンが目立つCRSピアニスト数十名が会場入りしているのが目に映った。


 最早懐かしいとさえ思うほど僕自身の時が流れていたことに驚きつつ、大きな心臓の高鳴りが、体中を通じて鳴り響いていた。


 動揺、しているのだろうか……?

 いやいや、別に演奏するわけじゃないか。

 それに、僕はもうピアノをやめた。

 

 なのに、なんでだろう。

 このモヤモヤした気持ちは……。


 東雲静に言われて、白雪を連れてきたのはいいが、どうにも落ち着かない。

 そして、CRS舞台館に着くと、思わず目の前で立ち止まる。


「……もう来ることは無いと思っていたのにな」


 ――――CRS舞台館。


 かつて、僕もあのネクタイピンをつけて、何度も足をここに運んだものだ。

 隣にいる白雪も、その様子をじっくり興味深そうに見つめていた……。


「ここが、CRS舞台館……。それに、きっとあの人たちが大会に出場するピアニストなんですよね?凄い数です……っ」


「これでも、まだ少ないほうなんだけどな」


「えぇーっ、そうなんですか!?」


「ああ、今日はCRSランクでいうと、ルークから僧正ビショップに上がるチャンスがあるCRSランクアップ大会だね。いい所、これから注目するべきピアニストの視察と取材、あわよくば事務所への勧誘ってところじゃないかな?」


「へぇ……。何だかピアニスト以外も大変そうですね」


「そりゃあ、大変だろう。今の時代はアイドルやモデルよりも、世界はピアニストを欲しているからね」


「それじゃあピアニストさんにとっては、嬉しいことですね!」


「まぁ……どのジャンルでも厳しい世界には違いはないさ。白雪も見ていて損はないから今日は沢山見たらいいさ」


「はいっ!それにしても……」


「ん?」


「今日は沢山パパとお話している気がして、とっても嬉しいですっ!いつもより、色々話してくれますし、なんだか楽しくなってきましたっ!」


「お、おお……そう、かな?」


 つい懐かしい気持ちになり、照れ隠しについ頬を掻く。

 いつもより言葉数が多くなっているのも事実かもしれないが、恥ずかしい……。


 コホンッと咳払いを入れつつ気を取り直して、僕たちを呼んだ狂姫こと東雲静をきょろきょろと探していると、ポケットに入っていたスマホが着信で震える。


「……はい、もしもし。今どこに」


「ようやくきたね、待っていたよ。そのままC-1入口から会場に入ってきたまえ。君の席はこちらで取ってある。私の名前を言えば受付の者が案内してくれるだろう。私はそこにいるから、それじゃ」


「あっ、ちょっと!?なんなんだよ、全く……」


 有無を言わさずに電話を切りやがったよ、あの人。

 何のつもりなんだ?

  

 果たして彼女が一体何を考えているのかは検討もつかないが、従うしかない。

 僕は白雪の手を取り、C-1入口に向かって歩き出した。



♯♯♯



 視界に入るのは会場の真ん中に位置する丁度ピアニストの音を聞くにはちょうどいい席であり、僕はそこに案内されたのだが、そこは……。


「審査員席……。僕っていつ審査員になったんでしたっけ?狂姫」


「あれ、言ってなかったか?あはは、悪い悪い。そういうことだから付き合いたまえ」


「ちょっと、聞いてないですよ!!そういうことなら僕は帰らせて」


「あーあ、バイト代弾むのになー。日給十万円」


「やらせていただきますっ!」


「頼んでおいてなんだが、凄い潔さだね……」


「諭吉十人ですよ、やるに決まっているじゃないですか」


 ニート候補生の僕には、破格の仕事だから迷うわけがない。

 稼げるときに、稼いでおいて損はない。

 

「そうはそうと一つだけ気になっているんですが、そもそもどうしてこんな状況になったんですか。僕じゃなくても、代理が立てられたと思うんですが?」


「ふむ、君の言うことももっともだが、今日は元々審査員をするはずだった者が急遽来れなくなってしまってね。なんでも、インフルエンザにかかってしまって来れなくなったらしい」


「へぇ……。随分都合よくインフルエンザになりますね?」


「そうだね、当然CRSランクアップの為の審査員だ。会場中の皆が納得してもらいつつ、音の正確さを知り、評価できる人間。そこで代理候補に上がったのが早見少年、君というわけさ」


 たまたま、ねぇ……。

 何か都合のいいような裏工作の匂いを感じてしまうのは、考えすぎだろうか?

 疑わしいのは、目に見えてわかるのだが、諭吉十人は捨てがたい。

 さて、変なことになったが頑張るしかないか……。


「……わかりました。それでも、なんで引退した僕が?もっと候補がいたでしょうに」


「他の審査員も他の場所で審査しないといけないからね。どうしても人手が足りないし、審査員を全くの素人に頼むわけにもいくまい。そこで誰か宛があるのか聞かれたから……な?」


「だから僕、ですか……」


「上に確認したところ、実力、評価共に文句なしの元CRSランク:騎士ナイト。元ナンバーⅣの君くらいしかいなかったんだ。無論、上からは許可を得ているし、なんの問題もないよ」


「まぁ、そういうことなら……。あと、もう一つ」


「なんだね?」


「僕が審査員をしなきゃいけないのはわかるんですが、白雪を受付員が連れて行ったんですけど、一人で大丈夫なんですか?」


 入口に入ると同時に、黒スーツを着た女性受付員に「東雲静様から、白雪様に言伝を預かっています。こちらへ、どうぞ」と、別で席を案内されたのだ。


 そのことに動揺したのは僕だけで、白雪は予め知っていたかのように振る舞い「では、またあとですっ!」と僕の前から突然姿を消したのだ。


「ああ、それなら心配いらないよ。事前に白雪には伝えてあるからね。それじゃ、そろそろピアニストたちの演奏が始まるから審査の方、公平に頼むよ音殺しサウンド・キル


「ええ、日給分はちゃんと仕事しますよ」


「……ああ、言い忘れてた」




 不敵な笑みを浮かべて、僕に彼女はこう告げた。




「――――サプライズに期待したまえ」




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます