第三楽章 -決意の音-

episode12:狂姫ならぬ、凶器そのものじゃないか


 僕には欲しいものがあった。

 それが何なのかと聞かれると、具体的な名前はいまいちわからない。

 敢えて言葉にするのだとすれば、それは「光」だと思う。


 その光が純粋に欲しくて、ただがむしゃらにそれを追いかけた。

 何度も、何度も……。

 いつしかそれが欲しいと思い、自分の手が限界になるまで音を奏で続けていた。

 

 そんな、都合のいい光があるわけがない。

 それでも僕は、何かに縋らずにはいられなかったのだ。

 

 縋って、求めて、追いかけてを繰り返して……。

 そんな毎日から僕は抜け出せないでいた。

 

 色で表すならそれは曖昧な玉虫色のようで。

 消えそうな夢のような曖昧な白い光。

 それが手に入ったらきっと、僕は僕でいられると思ったから……。

 

 今日も飽きずに、必死に追い求める。

 それが、僕の罪であり罰と言わんばかりに。

 決して掴まえることができない光を、必死に追いかけ続けるのだった……。



♯♯♯



 あれから二週間が経過し、正月が過ぎた頃だった。

 

 相変わらずお金を稼ぐために、アルバイト生活に明け暮れていた僕は、久しぶりの休みにソファでゴロゴロ寝転がりながら溜まっていた小説を読んでいると、スマホ画面に「東雲静」と表示された無機質な着信音が鳴り響く。


「……はぁ」


「パパ、出ないんですか?しーちゃんからですけど」


 隣の椅子に座って牛乳を飲んで、なにやら気合いを入れている白雪が僕のスマホ画面を見て、目の前に持ってくる。


「んー……」


 Project白雪関連の面倒なことだろうから今は出たくない。

 さらに本音を言えば、手元に置いてある本の続きが気になって仕方ないのだ。

 

 白雪には悪いけど、ここはパパとして社会で生き残る為のニート候補生直伝の特別授業をしてやろうと思う。


「いきなりだけど、白雪。これからいつでも社会に出られるように一つ、社会人としての知恵を授けようと思う」


「社会人の知恵……ですか?それは嬉しいですけど……って、それよりしーちゃんからの電話に出なくてもいいのですか!?」


「そう、今のこの状況がまさにそうなんだよね」


「えっ!?それってどういう……」


「僕は今、本を読んでいて忙しくて電話に出たくないんだ」


「は、はい……」


「そんなときは、あえて電話に出ないという習わしが日本では広がっているんだ。これは社会人になってから結構使える技術だから、白雪も覚えておくといい」


「えっと……パパ?それって居留守ってやつなんじゃ……」


「日本ではそういう言い方をすることもあるし、ないこともあるかもしれないし、そんな気がしなくもないよね」


「あるのか、ないのかよくわからないですが……。もしかして、パパは……」


 ジト目で見てくる白雪に気づきながらも、さっと横に視線を逸らしながら答えることにする。


「面倒です、本読むから絶対家から出たくない。以上だ」


「もしもし?しーちゃんですか、今パパに代わりますね?」


「あっ、バカ。なんで電話出てるんだよっ!?」


「もうっ、居留守なんて使ってはメッですよ!はい、どうぞっ!」


「……はぁ、はいはい」


 僕は仕方なく白雪からスマホを受け取り、電話に出た仕返しも兼ねて膨らんでいる頬を人差し指で軽くちょんちょん押して「わわっ、パパ」っと、慌てている姿に少し和みながら耳に当てる。


「えー、コホンッ……。ただいま早見優人は電話に出ることができません。ご用の際には一度電話を切り」


「居留守の上に、ふざけているとCRS時代の君の黒歴史を白雪にバラしてやっても」


「はい、すみません。なんでございましょうか?」


「ふっ、それでいいんだよ。早見少年、今から白雪と一緒にCRS舞台館に来てくれ。白雪には荷物の中に白いドレスがあるからそれを着せて必ず来るように、以上」


「またいきなりですね、今忙しいんですけど……」


「本を片手にソファに寝ころんでいる奴が忙しいものか」


「えっ、何で知ってるんですか!?」


「はぁ……君ってやつは本当にしていたのかね」


「あーいや、今ちょうどバイトに行く前でー」


「さて、嘘がわかったところで白雪を連れて早く来てくれよ。それじゃ」


 そう言って、最後まで聞かずに電話を切る狂姫こと東雲静。

 てか、誰だよ。

 

 狂姫って二つ名をつけたバカ野郎は。

 狂姫なんて生易しいものじゃないぞ。


「狂姫ならぬ、凶器そのものじゃないか」


 ため息をつきながらも、さっきの会話が聞こえてきたのだろう。横でキラキラしている白雪を見て、諦めて荷物から白雪の白ドレスを取り出し、僕も久しぶりのドレスコードを着て準備をした。


「パパ、早く行きましょう!!」


「こらこら、白ドレスだけじゃこの寒さに対して、防御力全然ないからね?外は寒いからこのアウター着ておいて……あとは、マフラー……よし。これなら大丈夫だよね、寒くない?」


 白雪に赤のダッフルコートと緑色のチェックマフラーを首に巻いてあげて、確認を取ると、少々呆れ気味で僕を見ていた。


「……あのですね、パパ」


「ん?」


「私が何歳だったか覚えていますか?」


「十歳、だっだよね?」


「ええ、そうです、十歳です!十歳になれば一人で着替えもできるし、マフラーだって巻けるんですよ?パパがすごく優しいのはわかりますけど、甘すぎます!胸焼けするレベルで甘々ですっ!」


「そ、そうかな?」


「そうなんですっ!このままだと私がダメダメになってしまうので、心配なのはわかりますが、これからは頼りたいときにしっかり頼りますから、大丈夫です!」


「りょ、了解です。白雪さん」


 前のめりで訴えてくる白雪に思わず頷くしかできない僕。そこまで甘々だったつもりなかったんだけど、人がダメになるレベルで甘々だったらしい。


 頬を掻きながら、自粛しようと心に誓う。

 そして、白雪は身支度を済ませ、ガッツポーズしながら笑顔で身支度完了の言葉を投げかけてくる。


「準備できました!!」


「うん、僕も終わったとこ。それじゃ、行こうか」


「「いってきます!!」」




 この選択が運命を大きく変えることになるだなんて。

 この時の僕は、思いもしなかったんだ……。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます