episode9:こんなにも朝ご飯が美味しいなんて、おかしいな


 いつの頃だったか、夢を見るようになっていた。

 決して忘れるなと言っているかのように、何度も、何度も……。

 

 暗闇よりも暗く、本当に何もない虚無。

 懺悔を言うことさえ許されない、早見優人の過去の記憶。

 

 結末が分かっている映像を何度も振り返り、僕は意識する。

 悲しくて、決して戻ることのないあの日のこと……。


 ――――これは僕の罪であり、罰だ。


 サァァァァ、っと……。

 脆く、痛く、自分が崩れる音が全身に響き渡る。

 酷く冷たく、ただ残酷に。

 目の前で、暗闇より暗い闇に広がる赤く血色に染まる夢。



 ――――助、けて。



 火で燃えた焦げ臭い煙の臭いと、周りで聞こえる騒がしい声。

 何度も、何度も……。

 この言葉が、頭から離れない。



 ――――ねぇ。



 やめてくれ。頼むから……っ。

 それ以上は、聞きたくない……っ。

 その罰を受け入れるかのように、僕はゆっくり両手を差し出した。



 ――――なんで、助けてくれなかったの?



 ――――優人っ……。



 僕が起きるまでの繰り返される無限ループ。

 永遠とも言えるこの時間は、寝る度に見続けなければならない。

 

 これが神様から与えられた罰と言わんばかりに何度も、だ。

 しかし、今日はいつもと様子が違った。



「――――――――♪」


 

 包み込むような優しいamabile愛らしさを表現した音色が夢の世界に聞こえてきた。


 空からゆっくり降りてくる雪のように綺麗な音。

 闇を真っ白い雪で照らしてくれる。

 そんな白雪色の光だった……。



♯♯♯



 瞼を通して透かす朝の眩い光からぼやけた意識の中、目が覚める。

 透明感のある朝の空気を感じつつ、カーテンの隙間から漏れる曙光が白い床を輝かせていた。

 

 ベットから起き上がりグッと背伸びをして、一息つく。

 目の前にはいつも見慣れたピアノと数多くの作曲家が残した楽譜に小さな机。

 白黒モノクロで統一された僕の部屋。


 見る人から見れば、何の面白みもない部屋に今日からは、いつもと違う色がそこにはあった。


「すぅ……んっ、パパ……えへへっ。ダメですよ、そんなにデストロイヤー食べたら豚さんになっちゃいますよー?」


 まさかのデストロイヤー。ジャガイモとサツマイモを組み合わせたような外観で、皮の色が紫なのが特徴なんだけど、甘みが結構あるからすっごく美味しんだよね……。


 しかしまぁ、寝言が可愛らしく苺とかケーキじゃなくてデストロイヤーってところがまた何というか、絶妙なズレ具合で面白い。


「夢の世界の僕は、また随分な食いしん坊になっているなー」


 つい頬を緩ませながら、視線を映す。

 昨日から家族になった銀髪の女の子。

 白雪が隣で、すやすやと気持ちよさそうに寝言を言いながら眠っていた。


「それにしても……体の調子がいいな」


 あの夢の終わりがいつもの終わり方じゃなかったのは、きっと隣にいる白雪のおかげなのだろうか。


 いつもなら寝起きは全身汗だくで、全力疾走で二百メートルを走り終えたくらい疲れているはずなのに、今日は全くその気配がなく、気分的には健康そのもので何も問題がなかった。


 隣で眠っている柔らかそうでマシュマロみたいな頬を人差し指でつんつんしながらありがとなと、小さな声で感謝を伝えておく。それにしても……。


(つんつん……っ)


 うわっ……。

 めちゃくちゃ柔らかいな……。


(つんつん……っ)


 暫く白雪の頬をつんつんしていると、流石に目が覚めたのか。僕の人指し指を小さな両手で掴んで不機嫌そうな目で「……んんーっ、パパのエッチ」と頬を膨らませていた。


 ごめんごめんと苦笑いしながら頭を撫でつつ、白雪は寝起きのときでは敬語が抜けるんだなと、心の中で記憶しておく。


「ふぁぁぁぁぁ……っ。パパ、おはようございます」


「うん、おはようございます。顔洗っておいで」


「はーいっ!」


 ベットから降りて、トコトコと洗面台に向かっていく。

 いい朝だなぁ……。 


 今日から新しい日々の幕開けだ。どんな理由があるにしろ、やることはやらなきゃ何も始まらない。まずは、二人でこれから生活するためにも何よりお金が必要だよね。


「働かざる者食うべからず、だ」


 キリスト教徒たちによって書かれた文書。新約聖書のテサロニケの信徒への手紙二三章十節には「働きたくない者は食べてはならない」という一節が記してある。


 これが「働かざる者食うべからず」という表現で日本で広く知られることとなった所以だ。


 ただ淡々と時間を過ごしてきた僕にとって、今のこの状況はとてもありがたい。白黒モノクロだった僕の世界が、この子によって少しずつ色づき変わっていくのだ。


「柄にもなく生きる希望とやらでも見つけたのかもな……。東雲静には感謝だな」

 

 本人には癪だし、絶対言わないけど。


「しーちゃんがどうかしましたか?」


 僕の呟いた独り言に首を傾げる。


「んーん、何でもないよ。それよりも白雪」


「はい、なんでしょうか?」


「これから僕お仕事に出かけるけど、一人で留守番とかできるかな?」


「パパは私を何歳だと思っているんですかっ!?」


「えっと、十歳?」


「そうです、もう立派な十歳なんですよ!?お気になさらず、です!」


「……そ、そう?そんなものか」


「そんなものなのです!えっへん、です!」


 控えめな胸をすごく自慢気にふんぞり返っている。

 どうやら一人で留守番できるです!と、アピールしたいお年頃らしい。


「それと、一つ我儘を言ってもよろしいでしょうか?」


「……ん?」


「家にいる間、ピアノの練習を弾いてもいいですか?」


「うん、大丈夫だよ。なんなら楽譜とか本も好きに使って問題ないし……って、いうより今日から白雪の家でもあるんだから、聞かなくても自由にしていいからね?」


「そ、そうなのですか?えっと、それってあまりに我儘じゃないでしょうか?」


「昨日の僕からのお願いを、白雪は忘れたかな?」


「あっ……えっと……そうでした。ありがとうございます、えへへっ」


 子供は子供らしく気を遣わずに我儘を沢山しておけ。

 僕の言ったことを思い出したのか、頬を赤く染めながら頷く白雪。



 ――――あ、頭撫でて欲しいときとか、手を繋いだり抱きしめたりして甘えてもいいんでしょうか?本当の親子みたいにお願いごとをパパに言ってもいいんでしょうか?



 あの言葉を僕は絶対忘れないだろう。

 きっと、今の白雪が心の底から出た切なる願いがあの言葉の裏には含まれていた気がしたから……。


「どういたしまして。それと、白雪」


「はい、何でしょうか?」


 ――――ぐぅー……。


「お腹空いたから、朝ご飯にしようか」


「……ふふっ。はいっ、パパ!!」



 嬉しそうに返事をする白雪と、朝ご飯を楽しんだのは言うまでもなく。



 ――――amabileアマービレ



 発想用語で使われる「愛らしく」という意味の用語だ。


、凄く美味しいです!!」


「ありがとう……。あと白雪さん、その言葉だけちょっと誤解を生む可能性があるから『焼いた』をしっかりつけてね、本当に」


「んー?よくわからないですが、わかりました!それにしてもパパの『ミルク』も美味しいですねっ!」


「いや、それ絶対わざとだよねっ!?」



 お茶碗と箸の当たる始まりの日常音が、部屋中に鳴り響く。

 今までの朝ご飯の音は、ただ一つの音でしかなく孤独な音だったけど……。

 

 今では、二つの音が部屋中に鳴り響いていて……。

 落ち着かなかったけれど、それは決して嫌な気分ではなくて。


 朝ご飯が一人から二人になっただけ……。

 たったそれだけのことなのに。


「こんなにも朝ご飯が美味しいなんて、おかしいな」


 気づいたら自分の口元が微かに緩んでいた。


 当たり前なこの音でさえも、愛らしく聞こえるのはきっと……。

 白雪が奏でてるamabileアマービレの音せいだと感じた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます