episode7:パパのお腹の音、凄く大きい音ですね!


 どこまでも真っ直ぐで、相手を射抜く力のある表情。

 東雲静の夜闇やあんよりの黒い瞳の奥には、僕の知らない感情や想いが感じられた。


 同時に自分の感情が読み取られている気がして直視することが出来ず、つい後ろの窓辺に目をやる。窓硝子越しに映る自分の姿は、誰が見ても明らかに戸惑った表情だった。


 ――――白雪にピアノを教える。


 東雲静が言うところの「教える」は、CRSという意味に他ならない。


 全盛期のあの頃ならまだしも、実力では、人にピアノを教えるなんて真似は、僕には到底困難だと思ったからだ。


 それにもう、ピアノはもう弾かないと決めたんだ。

 白雪にはもっとちゃんとした先生に教えてもらった方がいいに決まっている。


 この感情に嘘はない。けれど、どうしてだろう。

 ハッキリと無理ですと断ればいいのに……。


「……っ」


 中々その言葉を出すのに時間が掛かってしまう。

 なんで、そうなっているのか。

 なんで、こう時間が掛かってしまっているのかわからない。


 けれど、この場で適当なごまかしや中途半端な答えではいけない。

 すると何かを察したのか。

 

 開こうとした口を人差し指で押さえて、ウインクをしてくる。


「暫く白雪と暮らしてから結論を出すってことでいいだろう。答えはそれからでも遅くはないさ」


「……すみません」


「いいさ、真っ先に断られると思っていたんだが、それほどまでに白雪の演奏が良かったかな?」


 からかうように肩をポンポンと叩いてくる。

 図星だったが、素直に認めるのが嫌で頬を掻きながら視線を逸らす。


「ふふっ、君のそういう姿が見れただけでも今日は良しとしよう。それと、君にこれを渡しておくよ」


 そう言って「Project白雪:極秘詳細資料」と書いてある厚みの茶封筒を僕に投げてくる。


「それが、白雪の簡単なプロフィールとか困ったときに連絡するサポートマニュアルみたいなものだ。しっかり見ておくように。それじゃあ、またわからないことがあれば連絡したまえ」


「……あの、わからないことだらけなんですが」


「あははっ、細かいことは気にするな!生活していけばおのずと自分たちの進む方向性が決まってくるさ。このProject白雪は安心したまえ。それじゃ、またくるよ」


 ――――、ねぇ。


 この計画を考案し、実行に移した人物が誰なのか気になるところだが、今はそうも言ってられない状況だ。


 ため息交じりに渋々わかりました、と相槌だけ打っておく。

 そうして、玄関先まで再び帰る支度を始める。


「しーちゃん!!ばいばーい、ですっ!!」


「ああ、また近いうちにね。白雪」


 不敵な笑みを浮かべながら、東雲静は後ろ向きに手を横に振りながら帰ったあと、白雪と二人きりになる。


「……ふぅ」


「えへへっ、なんだか疲れましたね!良かったらお水でも飲みますか?」


「ああ……って、いいよいいよ!僕が出すから気にせずにゆっくりしてね?」


「そうですか?それじゃあ、ゆっくりしてますねっ!」


 そう言って、近くのソファに座って、楽しく足をプラプラさせていた。


 白雪の声音が今から新しい門出を自身で祝うかのような楽しい色があり、弾んだ声は何だか聴いているこっちが微笑ましい。


 けれど、少し疲労感が見られるのも事実だ。


 当面は互いの生活に慣れるところから始めないといけないだろうし、何より自分より年齢が低い子供の接し方がいまいちよくわかってないんだよなぁ……。


「……さて、白雪。まだピアノは弾くか?」


「いいえ、大丈夫ですよっ!それとピアノ、勝手に弾いてごめんなさい」


「んーん、いいよ。それに、いつでも弾いていいから遠慮しないで」


「えっ、本当ですかっ!?ありがとうございますっ!!」


 グッと握りコブシをこっそりしている辺り、本当にピアノを弾くのが好きなんだろう。


 僕にも白雪みたいなピアノが楽しいと思える時代があったからとても懐かしくもあり、なんだかむず痒い気持ちにもなる。


 色々思い返していると「「ぐーっ」」と、お互いのお腹が鳴り始める。


 僕は白雪と思わず顔を見合わせ、声に出して笑い合う。

 気が抜けたかな……。

 久しぶりに声に出して笑った気がする。


「ふふっ、パパのお腹の音、凄く大きい音ですね!」


「くくっ、そうかな?白雪のは随分可愛らしい音だったね」


「あー、レディを笑ったらいけないんですよー?」


「あははっ、ごめんごめん。さて、冷蔵庫になにかあったかな?」


 言葉にしながら冷蔵庫の中身を空けて見ると、中には先ほどバイト先でもらったショートケーキ二つと骨付きチキン、牛乳と水以外に何も置いていなかった。


「……ごめん、白雪。ケーキとチキンしかない」


「私は一緒に食べられたら、それでも大丈夫ですよ?」


「僕はそれでもいいけど、白雪は育ち盛りだろ?ちょっと待ってて、財布、財布っと……」


 今から白雪と生活しなくちゃいけないとなるとお金が当然必要だ。

 財布の中にある通帳を開いて見ると、現在持っている所持金は諭吉さん三枚、か。


 幸い明日は給料日だし、今日中にこれからの生活で必要な最低限の物は揃えられそうだ。


「……まぁ、なんとかなるか。それと、白雪」


「はいっ!」


「白ワンピースだけじゃ流石に寒いからこれ着てね。少し、外に出よう」


 先ほど貰った白雪のプロフィールをスマホで写真撮りしておき、白雪に小さめのアウターとマフラーを軽く投げる。


「わわっ、これからどこかに行くんですか?」


「ああ、それはね」




 ――――お互いの自己紹介をしながら、買い物に行こうよ。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます