episode6:白雪の奏でる音を聞かせてやりたくはないか?


 ドアを挟んで自室から聞こえてきたのは、寂寥感を感じさせる真っ白な音の世界に、雪が海にそっと優しく降っているような、幻想的で透明感のある綺麗な音。

 

 息を呑む。久しく感じていなかった期待感にも似たこの感情を素直に言葉にできる程、心が、溢れ出す感情が、自身で抑えきれないのを感じた。


 僕はその雪の音に迷い込み、誘われ、その世界が広がる扉をゆっくり開いた。


「おいおい、冗談だろ……っ」


 開けた扉の向こうでは、ピアノ椅子に白雪が座っており、先ほどまでの子供らしい一面とは打って変わり、隙間風に靡く銀色の髪は美しく、気高くて、でも、どこか儚げで……。


 見えた景色は、とっても綺麗で、幻想的で……。

 感じた音は、頬を霞める優しい風となって……。



 ――――早見優人という一人の観客の心を一瞬で、支配した。


 

 しかも、この曲は……っ。


「――――水の、戯れ」


 フランスの作曲家。モーリス・ラヴェルがパリの音楽院在学中に作曲したピアノ曲で知られる、水の戯れ。


 きわめて優しく、水と戯れるように奏でられるこの曲は、高難易度の曲で決して簡単に弾ける曲ではない。仮に弾けたとしても、ここまでの音で弾ける人間を、僕は今まで聞いたことがない。


「凄いな……」


 白雪の指が動くたび、跳ねる、跳ねる、飛ぶ。そして、時には優しく水を撫でるように奏でているその姿は、まるで楽しく水と戯れる天使のようで、僕は奏でている白雪に自然と目を奪われ、息をすることさえ忘れてしまっていた。


「くくっ、早見少年も驚いたみたいだね」


 白雪の演奏姿を真剣な表情で見ながら、僕の肩に手をそっと置く。

 大きくて細長い指、まさにトップピアニストに相応しい整えられた手だった。


「あなたが教えたんですか?」


「いいや、私は一切教えていないよ。私が教えたのは、、本当にそれだけさ」


「はぁ!?それだけで、あれだけの演奏が弾けるっていうのかよ……。それってとんでもない才能なんじゃ!?」


「……ああ。白雪はんだ。確かに人はそれを天才と一括りとして言うんだろうけど、ひとつ面白い問題点があってね。もうすぐだ、見ておけ」


「問題?いやいやあの演奏に問題なんてどこにも――――え?」



 ――――僕の言葉と同時に、音が思いっ切り変化した。



 先程までの神がかった演奏とは違い、むっとした表情を見せたかと思えば、急に先ほどまでの楽し気な曲調から、行進曲風アッラ・マルチャにアレンジしつつ、|気まぐれで我儘な音を入れて奏で始めたのだ。


「ここで行進曲風アッラ・マルチャ!?さらになんでこんな重い表現に変えて……っ、えぇ!?」


 曲調が……いや、原曲自体が思いっきり変わってきてるのか?

 これって……っ、オリジナルのアレンジか?

 

「しかし、これはまた……面白い表現ですね」


「始まったようだね」


 思わずずっこけそうだった。先ほどまで、プロ顔負けの演奏で全く楽譜の通りだったのに、今度は自分のアレンジを入れ、曲自体を変え始めたのだ。


 譜面通りかと思えば、今度は行進曲風アッラ・マルチャ

 そして三度みたび、彼女なりの感性を生かした我儘な音に変化する。

 

 「水の戯れ」というよりかは、森に流れる綺麗な川で犬、猫、兎、鳥たちが戯れるように遊んでいる様子が曲調から浮かんでくる。


 穏やかな音色ではなく、コミカルで今にもスキップしそうな音色。

 言葉にするならこれは……。


「……動物の戯れ、か?」


「あははっ、全くその通りだね」


「ふんふんふーん~~、よしっ!今度はこんな感じでーっ、はいっ!」


 白雪は納得がいったのか、どんどんアレンジしては楽しく弾き始める。これはどういうことか説明してくれと無言で視線を送ると「ふぅ……やれやれ」と、ため息をつきながら面倒くさそうに口を開く。


「白雪は天才であるが故なのか、気に入った音しか奏でないんだよ。これがどういうことなのか、早見少年じゃなくてもわかるだろ?」


「……楽譜通りに弾かず作曲家に喧嘩を売るような、自分で曲をアレンジして即興して作るなんてのは致命的ですね」


「ご名答」


 コンクールで求められているのは正確性。

 ましては楽譜通りに弾かないなんてのは、論外中の論外だ。


 減点対象であると同時に、賞が遠のく……いや。

 審査員次第では、下手したら退場なんてのもあり得る話だな。


 でも、それはあくまでもコンクールではの話であり、CRS、その対象には含まれない。


 CRSのピアノでの演奏評価は

 

 白雪自身が本格的なプロのピアニストを目指すのであれば話は別だが、どの道に進むかは彼女自身が決めることだ。


 だが、もしもだ……。

 あくまでも仮に。

 

 この子と共に過ごす未来があったとして……。

 白雪がCRSの世界で、あの捻くれた観客共に向かって全力で演奏してみろ。


「……っ」


 まずいな……っ。なんだろうか、このもどかしくて苦しい気持ちは……。

 勿体ないというか、もっとこう白雪の音を……っ。


 この子の演奏を……。

 こんな狭い部屋で奏でる人生で終えるのは、あまりに惜しいじゃないか。


「ふふっ、少年も同じことを思ったみたいだな」


「え?」


「……なぁ、早見少年」




「――――白雪の奏でる音を聞かせてやりたくはないか?」




 ストンッ――――っと。

 

 このわからない気持ちの正体を知ることができたからか。

 ドクンドクンッ……と、心臓の音が大きく鳴り響いているのがわかった。

 なんだ、この気持ちは?知らない感情に、戸惑いを隠せない。


「ふふっ、初めての感情で戸惑っているみたいだね。あの音殺しサウンドキルでも私と同じ感情を思ったはずだよ。白雪の奏でる音を私たちの舞台で弾かせてやりたいと、ね」


「……」 


「くくっ、ほーら。それに、ちょうど白雪の演奏も終わったみたいだよ」


 そう言って、この話は終わりだと話を打ち切る。


「あっ、しーちゃんにパパ!お話は、終わりましたか?」


 演奏に夢中になっていた白雪は、どうやら僕たちがいたことに今気づいたようで、嬉しそうにトコトコ走ってくる。


「……うん、終わったよ」


「白雪、また演奏が上手くなっていたね」


「本当ですか!?しーちゃんに褒められると自信になりますっ!パパは私の演奏を聞いてみて、どうでしたか?」


「あ、えっと……っ、そうだね」


 戸惑いを隠せない僕の表情を見て、右腕にしがみついて「ドキドキですっ!」と、期待に胸を膨らませながら目を輝かせているのを見ると、陳腐な褒め言葉しか見つからなかった。

 

「あー、なんだ。凄くいい演奏だった。久しぶりに僕も胸が躍ったな」


「……っ!?えへへっ、ありがとうございます!!」


 僕の下手くそな賛辞にも本当に嬉しそうに満面の笑みを咲かせた白雪を見て、僕は不覚にもドキッとしてしまう。


 そんな様子を見ながら不敵に笑みを浮かべる東雲静は、とんでもないことをお願いしてきたんだ。


「さて、元騎士ナイト様よ。君にProject白雪の責任者としてお願いがあるんだ」


「お願い?」


「ああ、それはね」




「――――白雪の師匠として、ピアノを教えてやってほしいんだ」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます