episode3:私は白い雪って書いて、白雪って言いますっ!

 

 夕暮れ時の室内で、じっと目の前の女の子を見る。

 銀髪に群青色の瞳、日本人離れした透き通った白い肌はまるで雪のようだった。


「ごくっ……ごくっ……ぷはぁーっ!!」


「美味そうに飲むね、君」


「おかわりお願いしますっ!!」


 上唇にミルクをほんのりつけたまま満面の笑みでおかわりを所望してくる銀髪の美少女。見た目から見るに歳は小学生くらいだろうか。


 白のワンピースを一枚着用しているだけで、かなり寒そうだ。

 普段は節約の為につけないけれど、念のため暖房をつけておくことにする。

 

 温かくなるまで時間はしばらくかかるが、この温かくなる瞬間の時間もまた暖房の楽しみでもある。


 暫くすると、幾度となく微睡に誘われることになるので、集中してなにかをするときなんかは注意が必要だが、今は仕方がない。


「……さて」

 

 どうしたものかと、思わずため息が漏れそうになる。つい勢いで家に連れてきてしまったが、一体何に巻き込まれているか正直検討もつかない。


 しかも、さっきこの子が言った僕を呼ぶ呼称が聞き間違いでなければ……。


、どうかしましたか?」


 可愛く首を傾げながらきょとんとしているのを見て「どうかしているから、困ってるんだけど」とは流石に面と向かっては言えず「なんでもないよ、おかわりどうぞ」と、できるだけ笑顔で返答しておくことにした。


 ……ああ、やっぱり聞き間違いじゃないんだよなぁ。


 真っ先に考えられるのは、捨てられた子供。いわゆる育児放棄ネグレクトっていうのが一番妥当な線だろうけど、なぜ「早見優人宛」になっていたのかがわからないな。


 こんな小さい子にあまり詮索はしたくはないけれど、この子がどこまで自分の状況を理解しているのかで、今後の動き方が決まってくるのも事実だ。


 警察かそれとも……。

 いや、できるならなんとかしてやりたい。

 

 そんな感情が僕を支配する。 

 出来るだけ優しく、聞いてみることにした。


「……えっと、君の名前、わかる?」


「名前ですか?私は白い雪って書いて、白雪しらゆきって言いますっ!パパの名前は優人さんですよね?私知ってますよ!」


 控えめな胸を張りながらえっへんと言わんばかりに、自慢げに語るその姿は見る人からすれば何とも愛らしいが、僕の名前まで知っているのか……。


「うん、そうだね。どうして僕の名前を知ってるの?」


「しーちゃんに聞きましたっ!」


「し、しーちゃん?」


「えっとですね、しーちゃんは偉い人で、かっこよくて照れ屋さんなのですっ!」


「……そ、そう」


「はいっ!!」


 うん、全くわからん。

 こんなことがあるなら、事前に子供との接し方とか習っておくべきだった……。


 という人物がこの件に関して深く関わっていることだけはわかった。


 あとで、そのしーちゃんの正式な名前を聞いてみることにしよう。

 それよりも僕にとって、もっと重要なことが他にある。


「それじゃあ、白雪に質問。なんで僕のことをって呼ぶんだ?」


「これから優人さんをパパって呼びなさいってしーちゃんが言ってましたっ!あとは、答え方に困ったときは上目使いで「お願い、パパ!いいでしょ?」って可愛く言えばイチコ?って。……ねぇ、パパ。イチコってどういう意味なんですか?」


「えっとそれを言うならイチロだな。意味は、いっぺんでころりと負けることって意味なんだが、わかるか?」


 「んー?」と、人差し指を顎に当てながら首を傾げる白雪。

 おい、しーちゃんよ。

 何者かわからないけれど、あんたの目的めちゃくちゃバラされてるぞ。


「ふんふんふーん♪いちー、こーろっ♪いち、いち、ころころりんっ♪えへへっ」


「おおー……お上手、ですね?」


 なんとも言えない微妙に音程がズレている歌だが、なんとも微笑ましい光景に思わず頬が緩むのを右手でさっと抑える。


 何が何だかわからないこの状況の整理をするために「おかわりのミルク、持ってくるね」と言って、一旦席を立つ。


 これからどうしたものか。警察に行って全てを任せるのが一番手っ取り早いんだが、イマイチ理由もわからずにそのままにしておくのも、なんだか気分が悪い。


 なによりしーちゃんという人物は、なぜ僕にわざわざ箱に入った白雪を送ってきたのだろうか。絶対に理由があるはずなんだけど、手がかりが少なすぎる。


 質問攻めで悪い気もするが、もう少し白雪に聞いてみるとするか。ため息と同時に頭を抱えていると「……あの、パパ?」と、袖を引っ張られたことで、意識が現実世界に戻る。


 いつの間にか、一人の世界に入り込んでいたらしい。


「……ああ、ごめんね。どうかした?」


「しーちゃんからパパがお手紙をパパに渡してって言われたので。これ、どうぞ!」


「よしっ、その喧嘩今すぐ買ってやるぞ。この野郎」


「え?」


「あ、いや、悪い……つい、気にしないでくれ」


 そのしーちゃんという人物は、なかなかにいい性格をしているらしい。


 例えるなら、相手から誘われ今から出かけようする前に「やっぱり今日、別の予定ができたから無理になったわー」と電話ではなく、メールが入るくらいに微妙にムカついた。


 そして、文面の最後がってところがまたミソでもある。


「……はぁ」


「あっ、パパ!!ため息をついたらが逃げるんだよってしーちゃんが言ってましたよ?だからすぐに戻さないと!!」


 そう言って焦った顔で僕の周りの空気を手で必死にかき集めて、その集めたであろう小さな両手で僕の口に運んでくる。


「はい、パパ!早く吸って?こでが、ですよ?」


 その様子に先ほど緩んでいた頬が抑えられなくなってしまい、思わず「あははっ!!」と声に出して笑ってしまった。


「ええっーっ?パパ、どーして笑っているんですかっ!?」と慌てふためく白雪。


「あのな、白雪。それはって言うんじゃなくてだな」



 これがどういう状況で、どんな縁なのかわからない。

 これから何が起こるのか、今の僕には全く想像もできない。

 けれど、久しぶりに笑った気がしたんだ。



 「――――それは、し・あ・わ・せって言うんだよ」



 こんなに笑ったのは、いつ以来だろうか。

 いつの間にか、忘れていたんだ……。

 人と触れ合うことで、こんなに楽しい音が奏でられるなんて……。



 「……ありがとう」と。

 僕は、心の中で一言お礼を言った。


 そして、僕は白雪から白い封筒に入った手紙を受け取る。

 その表紙にはこう書いてあったんだ。




「……Project白雪?」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます