episode2:あなたが、私のパパ?


 ――――その日、家の前で白い箱の中で眠っている銀髪の美少女と出会った。


 事は一時間前に遡る。世界はイエス・キリストの誕生を祝う祭で知られるクリスマスとやらで賑わっていた。


 僕はバイト先である喫茶店「月の兎」で、外のホールケーキの販売を終えると、余った骨付きチキンとショートケーキを自転車カゴに入れて、崩れないように家に向かってペダルを漕いでいた。


 バイト先から約二十分くらい走ると到着する我が家は、三階建ての新築マンションで、名前はリナリア荘。


 別名、姫金魚草という金魚のような花を咲かせることで知られているが、花言葉を覚えているほど博識ではないので、いつか行くであろう花屋さんにでも今度聞いておくとしよう。


 室内は洋室の3LDKで快適としか言いようがない設備の数々。

 文句の付け所が一切ない部屋なのだが、疑わしきは月々の家賃だった。

 敷金礼金なしの三万円という破格の支払い額。


 あまりに怪しすぎると思い、当然疑って契約前になぜこんなに安いのか聞いてみると、なんでもお金がない社会人に対し何故か歓迎している政府が建てた新築マンションとのことで、何も心配が要らないですと笑顔で対応された。


 高校卒業後、なんとかバイトで生計を立ていつどうなるかわからないこの状況。まさにニート候補生(自称)になってしまった僕にとっては、この待遇は運がよかったと言わざる負えない。


「さぁ、早見さん!今日しかないチャンスですよっ!」


 契約前のマニュアルともいえるお決まりのプッシュトークに、どこの誰が契約するのだろうかと以前の僕なら笑っていただろう。


 だが、実際は違っていて「……そういうことなら、契約します」と、迷わず即決したのは言うまでもない。


 つい最近の出来事のように思い返しながらリナリア荘に到着後、半分ほど埋まっている駐輪場に自転車を止めて鍵をかける。


 袋を片手に入り口に足を踏み入れようとすると、自動でガラス張りになっているドアが音を立てて開くと、冷たい風が僕の頬を霞める。


「……寒いな」


 肩を震わせながら、白い息が僅かに漏れる。


 目の前には三階までのエレベーターが一つで、そこから目的地である二階のボタンを押す。ほとんど無音の状態で階に進んでいくと、ピンポーンと音が鳴り、二階に到着すると同時にドアが開く。


 普段の僕ならこれから部屋に帰り着いた後、頂いたチキンとショートケーキを食べて、食後に本でも読んでいただろう。しかし、



「……白い、箱?」



 見慣れない一回り大きな白い箱。恐る恐る近づいてみると、宛先は僕の名前で「早見優人様」と書いてある。どうやら宛先の間違いではないらしい。

 

 ……なんだか、嫌な予感がする。


 呼吸整え深呼吸をしながら、白い箱を丁寧にゆっくり開けて見る。

 そこには、銀髪の美少女が気持ちよさそうに、寝息を立てて眠っていた。


「――――なっ!?」


 開けた白い箱を素早く閉める。

 周りをキョロキョロと見渡すが、誰もいない。

 

 傍から見たら、明らかに不審者に映っているだろう。

 だが、そんなのものはお構いなしだ。

 

 こんな姿を見られたら、絶対に良くない誤解を生むことになりかねない。

 いや、確実に誤解を生む。


 早見ロリ人容疑者逮捕!!なんて新聞記事に載せられたら、たまったものじゃない。それにしても……。


「……気のせい、じゃないよな」


 いやいや、もしかしたら気のせいかもしれないと、淡い期待を込めながら、もう一度白い箱をそっーと開く。


 すると、銀髪の少女はやはりいて、さっきまでと違うのは群青色の綺麗な目で一言だけ、口を開いたのだった。



「――――あなたが、私のパパ?」



 僕は瞼を抑えながら、思わずため息をつく。

 


「……勘弁してくれ」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます