海街マリアは春を待つ 〜雪の花冠が散り逝く前に月夜の風に願うのは〜

作者 御子柴 流歌

日常に突然現れるミステリアスな雰囲気がたまんない!

  • ★★ Very Good!!

今までの日常を徐々に侵食する異変をミステリアスな空気でうまく表現している。
そして何より気になるのは彼と彼女のその先に待つもの。
純粋に先が気になる!
途中で読み止めるのは難しい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夜野 桜さんの他のおすすめレビュー 7