コンバーターズ ~五感の変換者たち~

作者 糸本基

59

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

物語の進行がスムーズなので、テンポ良く読めます!
中でも戦闘シーンは迫力満点。五感という変わり映えがある異能を個性あるキャラクターが駆使する描写は圧巻です。

また、日常描写も繊細で会食シーンは実に優雅に描かれています。
作者様がお洒落な店に良く足を運ぶからでしょうかね? 色々なお店の描写が実にリアルでお腹が空きます。

個人的には恋の行方が少し気になっています。果たして、凪で進むのか荒れるのか……楽しみですね。

是非、皆様もご覧くださいませ|ω·)و ̑̑

★★★ Excellent!!!

特別な家系に生まれ、特殊能力を継承した者達の物語です。

バトルシーンは重く、社会的な事情が語られるシーンは硬派な空気感がある。でも読みやすいのです。
それはきっと、端的な表現ながら熱量のある文章と、特徴がはっきりしたキャラクター達によるものでしょう。


ゲームなどの娯楽に小説はシェアを奪われ始めていますが、このようなアクションノベルなら対抗できるかもしれません。

★★★ Excellent!!!


 戦闘シーンにテンポがあって、すっとリズムよく読むことができました。
 その速度感が、すっごく心地良いです。
 こういった淀みない文章は好きです。

 それでありながら戦闘描写は緻密。
 と、いっても情報過多でもない。
 達筆の描く剣豪小説のような、一瞬のキレ。
 それが想像力をかき立てつつ、情景が目に浮かびます。
 作者の脳裏に浮かんだシーンと、読者が浮かべるシーン、その映像は間違いなくシンクロしています。
 そう、確信できます。

 こういった作品は強いです。
 強度があります。
 本物の小説です。
 物が違う、本物の小説。
 それがこれです。
 間違いなく、こぶしを握って言えます。
「我々はこういった物語が読みたいのだ!」


 さらに異能者のその興味深い能力。
 ネタバレになるので子細は書きませんが、これがもういろいろと想像力をかき立てらる。
「あんな活躍するのかな」「こんな戦い方があるかな」
 もう想像が次から次へと湧いて止まらない。


 確かにまだ一話、そして数千文字ではあります。
 でもここで小説を探訪する我々の大多数は、小説の達人でもある筈だ。
 その我々は、その冒頭で出来を見抜くことができる。
 たった数行、数十行で、得た感触。
 それは最後まで変わらない。
 それくらい読んで読んで読みふけった、その我々。
 だから分る。
 この物語は追跡するに足る小説であると。


 そして、このような作品が第一話から読める。
 だからネット小説は面白いです。
 今後を予感させます。

 興奮してレビューを一気に書いてしまいました。
 ですからパッションのまま綴ったことをお詫びします。