腰痛剣士と肩凝り魔女

作者 一式鍵

愛しさを知って強さを得る

  • ★★★ Excellent!!!

 ひどい腰痛のために剣を抜くどころか日常生活にまで支障がある剣士と、魔女を引退したと自称する肩こり持ちの元魔女が出会い、愛を知り、困難を乗り越える。
 魔女狩りと称し、罪のない女性をなぶり、処刑するという世の中になってしまい、二人はその根源を調べようとともに旅をする。
 途中でハーフエルフと、ドラゴンの末裔の女の子達とも出会い、彼らは家族の絆のような愛で結ばれる。

 俺はこの時に至ってようやく、「愛しい」という単語の意味を理解したのかもしれなかった――。

 このモノローグがこんなにずんと胸に来るなんて。

 重厚な設定、暗い過去、困難な旅。
 それでも希望をもって、明るく前へ進む彼らを、ぜひ読んでいただきたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

御剣ひかるさんの他のおすすめレビュー 360