インペリアル・ガード

作者 清水 涙

題材への勇気を讃えたい。なかなか読めないこの物語を見逃すな!

  • ★★★ Excellent!!!

いつ読めなくなるか作者も分かりません。ただ、本作で取り扱うのはあくまでも「皇室に関わる人々の友情」の物語――

皇室です。
あの、謎に満ちている皇室。しかし、誰もが興味を持ちながら、その内情は明かされることがない。

カクヨムコン初日あたりから、読み始めました。
「いつ読めなくなるかわかりません」ということは、それ相当の覚悟をして始めた物語であるということ。

数多くのカクヨムコン参加の中でも、異質で、度胸のある題材だと思います。
それでも、みなさんに読んで欲しいと温めて来た大切な物語です。

噛み締めながら読んでいます。
心配していましたが、たくさんの応援が届いていて、嬉しくなりまして。

わたしからもエールを贈りますね。
物語は題材も大きなファクターです。皇室を舞台にしたドラマと、事件性がどう展開していくのか、これからゆっくりと見届けます!

やっと長期休暇です。一章の後、ずっとずっと楽しみでした。でも、終わってしまうかもと思うと寂しくもありました。
続いていました―!!!°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°
作者さま、どうぞこれからも頑張ってください。紆余曲折は力にしましょう。

皆さん、なかなか読めない物語! そして、今年のカクヨムコン面白すぎませんか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 天皇は、何故日本人の象徴となりえるのか? それは天皇が天照大神の子孫であるからだ。つまり、現在の皇族というのは、神話によって存在意義や権威を保証されている。この物語は、そんな記紀神話によって「御力… 続きを読む

結愛みりかさんの他のおすすめレビュー 108