インペリアル・ガード

作者 清水 涙

例え不敬罪になったとしても司子殿下萌えと叫びたい!

  • ★★★ Excellent!!!

皇居が正体不明の敵に占拠されるお話。

その設定の斬新さもさることながら、皇居内の建物から人物まで非常に丁寧に描写されているため、緊張感を持ったまま物語に引き込まれます。
特に第一章で登場人物達をじっくりと描きながら餌を撒いていき、第二章で一気にこちらのボルテージを上げる展開がお見事です。ここからはスピード感を持って最後まで止まらずに読んでしまうことでしょう。

登場人物達の中でも、私はやはり司子殿下がお気に入り(いや、決してロ○ではないですよ…)。年齢が幼い故、言葉にすることは純粋で正論。だけどその立場故か大人顔負けの思考を持っています。彼女が今後、どのように事件と向き合い、成長していくのか楽しみです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 天皇は、何故日本人の象徴となりえるのか? それは天皇が天照大神の子孫であるからだ。つまり、現在の皇族というのは、神話によって存在意義や権威を保証されている。この物語は、そんな記紀神話によって「御力… 続きを読む

滝コウイチさんの他のおすすめレビュー 6