初心者が馬に乗ると

普通に歩くだけの常歩なみあしはぼんやり乗っていられるから別にいい。問題は速歩はやあし。人間が上下に立ったり座ったりするやつ。(名称はうろ覚えなので間違っていたらごめんなさい)


あの動きは勝手に振動でそうなってしまうわけじゃなくて、乗っている人間が意図的にそうしている。馬のリズムに合わせてやらなきゃいけないから、できるようになるまではまぁ難しい。

でもやらないと、振動で人間のお尻が馬の背中にガンガン当たるわけだから、馬の身体を痛めてしまうのだとか。だから下手くそなりに頑張らなきゃいけない。協力してくれているお馬さんに怪我はさせられない。


しかし、あれですよ。要はずっと軽いスクワットをしているわけです。しかもちょっと足場は不安定。つまり何が一番言いたいのかというと。


翌日には鬼のような筋肉痛が待っている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

備忘録的な体験談 新名 新 @nina_arata

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ