浅田が来りて笛を吹く

作者 浅田 千恋

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第9話 馬鹿な事をくそ真面目にやり通すへのコメント

    「馬鹿な事をくそ真面目にやる」

    完全同意!!

    また遊びにきまーす!

    作者からの返信

    そうですよね、だから面白いんですよね。

    しょうもない事しか書きませんが、また来て下さい!

    2019年12月21日 23:26

  • 第6話 ミステリ小説が書きたい!③へのコメント

    よーし、そこへ立て!!
    歯をくいしばれ!!

    ワクワクしながら次のエピソードに移ったわたしの心を返せ!!

    ……ん?

    いや、たしか前のエピソードに注釈があったような。
    「あなたの心です!」
    あ! あれが伏線だったんですね……おそるべしミステリ。

    作者からの返信

    ごめんなさい!未完なの、これ。ミステリ小説としては有り得ないよね!だからエッセイであげたの(一緒だろっ、おい!)
    まあ、もうちょっと続きがあるからそのうち気分で上げますかね。(でも結局未完だからっ!)

    2019年12月21日 23:24

  • 第5話 ミステリ小説が書きたい!②へのコメント

    この統計は本当ですか……!?
    まっくろくろすけ。それは妖怪ですか……!?

    いつもと違う浅田文学の文章力に驚愕を覚えつつ楽しく読ませていただいています。土曜日の夜にこういうのもいいですね。アイスコーヒーも進むというものです。

    作者からの返信

    ライト馬鹿ミスが書きたいと思って始めましたが上手くいかなかったのを上げてみました。
    ちなみに、この統計というのは嘘っぱちです。
    この後の話に、嘘ですよっていうくだりが出てくるんですが、それはアップしてなかったかな(笑
    まっくろくろすけは妖怪ではなく精霊です。

    2019年12月21日 23:20

  • 第3話 事実は小説より奇なりへのコメント

    わたしたちが編集に叱られ、死ぬ気で『登場人物の行動原理』を整えているというのに、実在の人間ってやつは容易く行動原理を踏み外してくれる……!
    でもそんなあるがままの人間を書けば、編集に「キャラがブレてますよ」と注意をされる! 読者にはレビューに「キャラ崩壊であるため1点」とつけられてしまう! どうすればよいのか! どうすればぁぁぁぁぁ!!

    作者からの返信

    現実の人間の行動は突飛であっても『面白い』とは限りません(面白い場合もある)。それを面白く、より面白くするのが小説だと思ってます。
    だから厳密には小説は全てフィクションだと。そうでありたいと思ってます。

    2019年12月21日 23:13

  • 第2話 人形の髪は伸びるへのコメント

    室温や湿度でそんなに変わるのですか……!?
    その理を知っているだけじゃなく、その理を信じたことがすごいですね。
    しかも室温の影響を受けるなら全ての髪が伸びるはずなのに、なぜ不揃いに……?

    というかわたしの知っている浅田文章じゃない(笑)
    これはたぶん小説雑誌に載っているやつだ(笑)

    作者からの返信

    うちの人形はいつの間にか髪型が不揃いになってました(笑
    そこに何らかの理由を付けないと怖くてやってられない、という心理があったのだと思います。
    その証拠に、その部屋にいる時だけ、人形の怖い夢を必ずみるようになりました。子供心によっぽどトラウマだったのだと思います。

    文章は……ちょっと雰囲気出してみました(笑

    2019年12月21日 23:02