純白の魔法少女はその身を紅く染め直す

作者 細木あすか

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全134話

更新

  1. 宣伝〜こんなお話です〜
  2. 魔法少女は忙しない
  3. 本編
  4. プロローグ:過去
  5. 小さな私と小さな世界①
  6. 小さな私と小さな世界②
  7. 01:レンジュ大国管理部所属、天野ユキ
  8. 1:少女と青年①
  9. 1:少女と青年②
  10. 2:少女と少年①
  11. 2:少女と少年②
  12. 3:少年と少年
  13. 4:少年と少女
  14. 5:2人の少年と2人の少女
  15. 6:実技試験
  16. 7:試験の罠
  17. 8:罠の仕掛け人
  18. 9:仕掛け人の姿
  19. 10:姿を探す
  20. 11:探し物は失せる
  21. 12:失うものと得るもの①
  22. 12:失うものと得るもの②
  23. 01-エピローグ:管理部というところ
  24. 02:闇の組織「ナイトメア」
  25. 1:赤い地面、黒い影①
  26. 1:赤い地面、黒い影②
  27. 2:青色の光は
  28. 3:オレンジの陽だまりが照らすのは
  29. 4:薄暗い気持ちは、煤の色
  30. 5:眩い明かりは、絶望の色
  31. 6:怒りの刃、振り翳す白刃
  32. 7:背負った業が漆黒でも
  33. 8:記憶は無色で
  34. 9:桜の罪と罰
  35. 02-エピローグ:セピア色の夕暮れ
  36. 03:レンジュ大国管理部メンバー、ここに見参!
  37. 1:風に流されて
  38. 2:秋の気まぐれ、あまねく季節
  39. 3:後ろがあれば、前もある
  40. 4:家族と仕事、瀬戸際の決断
  41. 5:空高く、きらめく星の眩しさ①
  42. 5:空高く、きらめく星の眩しさ②
  43. 6:日常が照らす光
  44. 7:眩いほどの灯火は、希望か絶望か①
  45. 7:眩いほどの灯火は、希望か絶望か②
  46. 8:光を求めて①
  47. 8:光を求めて②
  48. 9:線香花火は着地点を彷徨う
  49. 10:桜の焔が鋼に変わる時①
  50. 10:桜の焔が鋼に変わる時②
  51. 11:水面に映るは太陽の照らし①
  52. 11:水面に映るは太陽の照らし②
  53. 12:疑惑は月明かりに輝く①
  54. 12:疑惑は月明かりに輝く②
  55. 13:暖かい光は生命を削る
  56. 14:始まりはいつも0か1
  57. 15:涙は3日で枯れ果てる
  58. 16:4人と1人で歌を唄って
  59. 03-エピローグ:彼女の未来に手を差し伸べて
  60. 04:ザンカン国の女皇帝、「マナ」
  61. 1:道化師が始まりの鐘を鳴らす
  62. 2:ピエロは官能を刺激する
  63. 3:獣の咆哮が観客を魅了する①
  64. 3:獣の咆哮が観客を魅了する②
  65. 4:覚悟は綱渡りの後で①
  66. 4:覚悟は綱渡りの後で②
  67. 5:フィナーレは天使のささやきで
  68. 6:手と手を繋いで①
  69. 6:手と手を繋いで②
  70. 7:掌に落ちたのは闇の破片
  71. 8:指先で愛を語って①
  72. 8:指先で愛を語って②
  73. 9:水と油は溶け合わない
  74. 10:交差する生死①
  75. 10:交差する生死②
  76. 11:視線が交われば①
  77. 11:視線が交われば②
  78. 12:新芽は摘めず①
  79. 12:新芽は摘めず②
  80. 12:新芽は摘めず③
  81. 13:桜の花びらは地面から消える①
  82. 13:桜の花びらは地面から消える②
  83. 04-エピローグ:その正体に蓋をして
  84. 05:心優しいキメラ少女、「サツキ」
  85. 1:春一番は寒さに強い
  86. 2:春暁は歌で締めくくる①
  87. 2:春暁は歌で締めくくる②
  88. 3:少女は淡雪に夢を見る
  89. 4:団扇作る季節に気合いを入れる
  90. 5:鞦韆は縦に揺れる①
  91. 5:鞦韆は縦に揺れる②
  92. 6:春雷が轟く①
  93. 6:春雷が轟く②
  94. 7:草笛は遠くまで響く①
  95. 7:草笛は遠くまで響く②
  96. 8:青簾の香りが爽やかな夏を連想させる
  97. 9:金魚玉から飛び出た人魚は自由を手に入れる①
  98. 9:金魚玉から飛び出た人魚は自由を手に入れる②
  99. 9:金魚玉から飛び出た人魚は自由を手に入れる③
  100. 9:金魚玉から飛び出た人魚は自由を手に入れる④
  101. 10:サイダーの泡は向こう側を隠す
  102. 11:ひかたが運ぶ出会いと別れ①
  103. 11:ひかたが運ぶ出会いと別れ②
  104. 12:夏の灯に覚えるのは恐怖か、安堵か
  105. 13:食後に氷菓を一口
  106. 14:虎魚の棘が取れない①
  107. 14:虎魚の棘が取れない②
  108. 14:虎魚の棘が取れない③
  109. 15:ラムネのビー玉が手から溢れる①
  110. 15:ラムネのビー玉が手から溢れる②
  111. 05-エピローグ①:七ツの因果律が彼女を飲み込む時
  112. 05-エピローグ②:それは、平和を象徴するバケモノ①
  113. 05-エピローグ②:それは、平和を象徴するバケモノ②
  114. 05-エピローグ②:それは、平和を象徴するバケモノ③
  115. 06:管理部vsナイトメア
  116. 1:囲い船は、次の出番を待つ①
  117. 1:囲い船は、次の出番を待つ②
  118. 2:戯は鶉の巣の中で①
  119. 2:戯は鶉の巣の中で②
  120. 2:戯は鶉の巣の中で③
  121. 3:色なき風に想いを寄せて
  122. 4:メハジキが傷に染み渡る①
  123. 4:メハジキが傷に染み渡る②
  124. 5:秋収めは突然に①
  125. 5:秋収めは突然に②
  126. 6:千秋楽①
  127. 6:千秋楽②
  128. 間奏:サツキという人
  129. 7:オリオンの輝きが雨に覆われる
  130. 8:梟はヒナを連れ去る
  131. 9:隼が狩りを覚える①
  132. 9:隼が狩りを覚える②
  133. 10:薬喰いと毒喰い
  134. 11:帰り花は炎に焼かれる①
  135. 11:帰り花は炎に焼かれる②
  136. 11:帰り花は炎に焼かれる③
  137. 12:八つ手の花が寒さを包む①
  138. 12:八つ手の花が寒さを包む②
  139. 13:霜夜は星の瞬きを奪う
  140. 14:冬の虹は、モノクロにうつされる
  141. 06-エピローグ①:もう、1人じゃない
  142. 06-エピローグ②:大人の言うことには耳を傾けるべき
  143. 07:たとえそれが、終末に向けた始まりだとしても
  144. 1:桃花の雨が濡らすのは、夢か現か