動画

作者 千石京二

31

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まずは、目を背けたくなるほどの残酷描写に面食らう。読者の好みはここで既にはっきりと分かれることでしょう。ですがとんでもない死に様を見るのが好きな私にとっては、嬉しいご馳走でした。
そして、グロテスクさもさることながら、その後の展開に目をみはりました。二転三転四転と、物語が転じるほどに、意外な結末へと展開が収斂していく。
ただ残虐な表現を書き連ねるだけの小説ではなく、その残虐さがストーリーのなかにしっかりと根を下ろしている。惰性で読み進めてしまうけれど、これでもか! これでもか! と、物語に欺かれます。
個人的には、最近1番。最高のグロ胸糞小説でした。

★★★ Excellent!!!

序盤は目を覆いたくなるような残忍なシーンが続き、最後まで読めないかもしれない、と心配しましたが、読み進めていくうちに、この物語の真相が知りたいという好奇心の方が強くなり、気が付けば読了していました。
ホラーもグロも苦手ですが、千石先生の作品は面白くていつも最後まで読んでしまいます。
ああ、こんな結末になるんだ!
ああ、こういうことだったんだ!
という、読み終わった後の満足感があります。
今回も楽しませていただきました。
衝撃のラストにビックリです。

★★★ Excellent!!!

この小説は グロテスクな表現が多い作品です。
しかし、ただただその表現を羅列するだけではありません。
物語が進んで行く先で、グロすぎて という意味ではない『驚き』があります。
個人的に読後感は陰鬱なものにはなりませんでしたが、かなり読む人を選ぶ小説です。ご注意を。

ゴア耐性のある方は、ぜひ読んでみてください。