竜使いの運び人

作者 大宮 葉月

56

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本格的なファンタジー世界を舞台に、相棒の竜と共に駆け巡る爽快な物語。
火を吐けないという一見デメリットな感じの特性だが、そこは主人公の相棒たる存在、頼りになります。
序盤から迫力あるシーンの目白押しで読む人の心を鷲掴みにすることでしょう。

ですが、本作の見どころとして私が着目したのは、ヒロインである王女様!
「か、勘違いしないでよ!? ……助けてくれたことに感謝してるのであって……」
という台詞を聞けば、もう好事家には堪らないことでしょう。

★★★ Excellent!!!

人間と竜がまるで友達のように会話をしている世界。

運び人とは竜などの“幻想種”に乗って積み荷を配達することを生業とする者達。

“運び人”達から積み荷の強奪する“空賊”。

本格的なファンタジーです。

色々ネーミングセンスがいいです。

delivery 2 などの題名表記独特です。

クールな戦闘。

大空に舞い上がる描写うまいです、迫力あります。

今後の展開が気になります!