道の駅 東谷 沢崎 東谷の回想

 東谷と沢崎が巧みに反撃したためか、敵の攻撃が一旦止んだ。だが、どこか変だ。


 二人はまたレストランで合流した。


 「連中は、俺達を裏手に追い立てようとしているらしい」


 沢崎が言う。


 「ああ。俺もそう感じた。だが、妙だ。裏で戦闘が起こった様子はない」


 東谷が応える。応戦しながら、木戸達が逃げた裏の林の方にも注意を向けていたが、特に襲われた気配は感じられなかった。


 「敵もあまり統率がとれてないんじゃないか? あるいは、例の怪物とやらが敵のことも襲ってくれたのか」


 沢崎が言う。常に何気ないふうな口調で、東谷はいらだった。


 「木戸さん達が怪物と遭遇した可能性もある。そろそろ行くぞ」


 東谷が促し裏へ出た。敵の攻撃はない。


 林に向かう途中、沢崎がしげしげと東谷を見た。


 「何だ?」


 「あんたほどの刑事が、何故こんな田舎にいる?」


 「俺なりの事情があるんだ」


 詳しいことを話す気にはならないし、そんな状況でもなかった。ただ、思い出していた。


 SATを辞めた理由――。もう、何年も前のことだ。


 拳銃を持った2人組が、強盗を働いて追われ、民家に立て籠もった。横浜の住宅街だった。人質は幼い子供2人とその両親。時間は夜から深夜にさしかかろうとしていた。長期化すると、何より中の子供達が心配だった。


 突入が決まり、東谷はその家の一階、庭側からの班に加わることとなった。


 あの時の自分の行為は、間違ってはいなかった――。今でも東谷はそう思っている。


 突入後、リビングに入った東谷が最初に見たのは、犯人のうち一人が、必死に母親の元に駆け寄ろうとした5歳くらいの女の子を追いかけているところだった。その手が女の子の首根っこにかかろうとした時、東谷は躊躇わずに犯人を撃った。女の子に危険が迫っていると感じたからだ。その場で殺されないまでも、その子を捕まえ、盾にして逃げようとするに違いない。その際に女の子に危害が加えられる恐れは大いにあった。


 東谷が撃った男は即死した。もう一人も取り押さえられ、人質は無事に保護された。






 だが、東谷の行為が問題視された。


 射殺した男は、その時、銃を持っていなかったのだ。突入の騒ぎで慌てて取り落としたか、それとも何か理由があってその時たまたま銃を置いていたのかはわからない。男が所持していた銃は、リビングのソファの上にあった。


 丸腰の相手を射殺した――。その事実だけが大きく取り上げられ、マスコミも必要以上に騒ぎ始めた。結局、東谷を含む何名かが処分を受けることになった。


 何かを感じとったらしい沢崎は、例の笑みを見せ「今回生きのびることができたら、あんたも俺の側に来るか?」と言った。


 何を言い出すんだ、こいつは?


 沢崎を睨む東谷。表情からは、その意図が見えない。


 「まっぴらだ。俺は警察官以外になるつもりはない」


 「好きなのか、警察の仕事が?」


 「ああ。いろいろあるが、誇りも持っている」


 沢崎はまた笑った。「あんたらしい言い方だな。だが、あの連中も同じ警察官だったとしたら、それでもあんたは誇りを持ち続けることができるか?」


 「何だって?」驚愕して沢崎を睨む。思わず走る足が止まりそうになった。「どういう意味だ?」


 林にさしかかる。沢崎は一旦東谷を見たが「いや、いい。今話しても仕方あるまい。早くみんなに追いつくのが先決だ」


 スピードを上げる沢崎の背中を見ながら、東谷は不快な思いを堪えていた。この事件の最初から、何か嫌なものが胸の中でわだかまっていた。それが何なのか、沢崎ならわかるのかもしれない。


 だが、沢崎の言うとおり、今は何かを検討している場合ではない。東谷も足を速めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます