ものけの姫子と鬼紛い

作者 夢見里 龍

善悪を覆す、衝撃の現代ファンタジー

  • ★★★ Excellent!!!

なんとも不運で、なんとも肝の据わった高校生アヤカと、夜弥という少女が、不思議な隠れ屋敷で出会うところから始まる物語。

流麗な文章で描き出される迫力の戦闘シーンがまず見所のひとつ。

そして、主人公アヤカが、あまりにも肝が据わりすぎてどんどん突っ込んでいき、おおい!と叫びたくなるのがまたひとつ。

さらにさらに、夜弥が!
可愛い!! ひとり時代をずれにずれたビジュアルに口調。そんな彼女が現代社会に飛び込んでいくとまぁかわいい!

そんなあれやこれやに加え、現在三章に突入したところで今だ少しばかり顔を覗かせただけの黒幕はかなりアクが強いご様子。

現在連載中で、まだまだ話の底が知れないこの物語。是非、最前線で追いかけてみてくださいませ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

水凪 らせんさんの他のおすすめレビュー 249