第5話 夜ご飯。

 「今日の夜ご飯は何が食べたい?」

 

 ママがよく聞いてくるセリフなんだけど、僕はこれをワナだと思ってる。


 だって「ハンバーグかマグロ」って答えても

「またー?」とか言って、僕の言った通りの夜ご飯には、ならないからだ。


 だったら、わざわざ聞かなきゃいいのに。

 

 僕は毎日、ハンバーグとマグロの繰り返しでもいいと思ってるんだから!

 

 ……たまーにホイコーローでもいいけどさ。



 ママは他の事でも「どっちがいい?」って、僕に聞いてくることがあるんだけど、それも大体僕が言う方は選ばない。せっかく考えて答えたのにひどいよね?

 

 それなのに、昨日また「夜ご飯何がいい?」って聞いてくるから、僕はやっぱり「ハンバーグ!」って答えたんだ。


 そしたら「えー?またー?」って言われた。


 いつものパターンのやつだ……。


 そして、僕は納得がいかないまま習い事に出かけた。

 

 前までは習い事もママがついてきてくれたけれど、今では全部自分で行けるようになった。僕はちょっとだけ大人に近づいた気がする。


 大きいお月様を見ながら帰ってくるのも何だか楽しい。

 

 でも、1番喜んでいるのはママだと思う。なんかいつも疲れたーって言ってるから。


 僕から見たら、ママはいつも家にいて楽そうで羨ましいのにさ。


 そんな事を思いながら、習い事から帰ってドアを開けると、その瞬間にいい匂いがした。

 

 これはひょっとして!?

 

 ハンバーグ!!


 「えー」とか言いつつ、作ってくれてるじゃんか。さっきの「ママは楽そうで羨ましい」って言葉は無しにしなきゃ。明日は僕がご飯炊いてあげようかな。これ、ママが結構喜ぶことだから。笑


 そしたら、明日はマグロにしてくれるかも!!

 

 ママが喜ぶこと、多分パパより僕の方が知ってるんだよね。



 あ、この話は内緒だからね。


 約束だよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る