第33話「遠慮の二文字を知ってるかね?」

 ブスッとした雰囲気を隠しもしない少女は、アルガス用に注がれたエールを勝手に取ると、グビグビ。


「おい、誰が飲めっつったよ」

「うっさいなー。なんやねん、このオッサン」


 こっちのセリフだ。


 面倒くさくなったので、もう一杯エールを注文し、ミィナには果実ジュースを別に頼んでおく。


「もらうで」


 ツマミも勝手に、ポリポリ食い始めたのでさらにムカつく。


「ち……。おい、要件は何だ? 俺はお前みたいな厚かましい奴に、知り合いはいなかったはずだが……」

「アタシもアンタみたいな無礼な奴と知り合いとちゃうわ───あと、お前とちゃう。シーリン! シーリン・エンバニアっちゅう、そりゃあ立派な名前があるねん!」


 どっちが無礼なんだよ。

 名前とかどーでもええわ。


 女子供だから殴られないとか思ってんじゃないぞ。


「で?」

「ふん───預かりもんや」


 預かりもん?


 そう言って、シーリンが差し出したのは……、


「──────リズ?!」


 手紙。

 そして、差出人の名前を見て、アルガスがいきなり前のめりになる。


「び、ビックリしたぁ……! 食われるかと思ったやん?!」


 誰が食うかッ!


 その割にはしっかりとジョッキとツマミを確保していやがるし……。


 だが、テーブルの上は、アルガスの動きによってグッチャグチャ。


 ミィナが、ジュースをブッ被って茫然としている。


「おまッ! これをどこで?!」


 だが、アルガスには余裕がない。

 シーリンの肩を掴んでガックンガックンと揺さぶる。


 その拍子に、彼女の服がビリリと破れて、肩が覗く───、


「きゃッ?! ちょっ、や、やめぇや! だれか、誰かぁぁー! 犯されるぅぅうう!」

「犯すかボケッ! いいから答えろッ!」


 興奮するアルガスだが、ミィナがその足を掴んだ。

「アルガスさん止ーめーてー! お姉ちゃん何も悪いことしてないよ?! ねぇ!!」


 ミィナに引っ張られたくらいでアルガスはビクともしないが、その悲壮な声にハッと我に返る。


「アルガスさんヤメテ! ねぇぇってば!」


 グイグイと力いっぱい引っ張るミィナ。

 その間、シーリンは体を庇うようにして赤面している。


 そこで、ようやく自分のやったことに気付く。


「あ……すまん」


 シーリンを離すと、ドサリと椅子に腰かけ自分の手を見て、そして顔を覆う。


(しまった……。やっちまった)


 いくら無礼な少女相手とはいえ、完全に行き過ぎだ。


「え、ええわい。許したる───ほ、ほな、渡したで?」

 それだけ言うと、シーリンは立ち去ろうとする。


「ま、待ってくれ。すまなかった……何か詫びをさせてくれ」


 素直に頭を下げるアルガス。

 あっさりと許してくれたが、少女の服を破ったのは事実。


 時と場合によってはしょっ引かれる・・・・・・・案件だ。


「ええて、ええて。アタシも初対面でぶん殴ってもーたでな。それでチャラや」

「すまん……。せめて奢らせてくれ」


 そう言って、アルガスは給仕に適当に大盛りのセットを注文する。


 シーリンは良いというが、まだ話を聞きたいというのもある。


 ようやく見つけたリズの手がかりだ。

 それに、悪い奴じゃあなさそうだ。

 冒険者なら、こんな美味しいネタを逃したりしない。

 場合によっては、これを元に揺すったりする連中なんかゴマンといる。


「ほうか? ほな、遠慮なく!」


 去っていくかと思いきや、シーリンはあっさりと席に戻った。

 そして、給仕にさらに追加注文。


「あ! お姉さ~ん、高級チーズのわがままピザと、このー……超高級ステーキを、レアで、あと、金小麦の柔らかパンと、この高そうな卵の入ったスープを頂戴。あ、お支払いはこのお兄さんに」


 前言撤回。

 悪い奴だ。



「私も食べゆー!」


 …………うん。

 ミィナちゃんも調子にのらないの!!


 はいはーい! って、二人揃って手をあげて給仕さんにアピール。


 っていうか、おばちゃん?

 なにをアムズアップ親指をあげる仕草しとんねん!?


 今の二人前?!


 ここのメニューは基本安物だけど、上級の冒険者用にスゲー高級品もあるのだ。


 それも、金貨で払うクラスの……。


「………………食いながらでいいから、話は聞かせてくれよ」

 



 疲れた表情でアルガスは席に沈んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます