光の戦士たち3

 その頃のジェイス一行。


 カッ─────────!!


 照りつける太陽。

 足元から漂う悪臭。


 そして、飢えと渇きと疲労でジェイス達は倒れる寸前だった。


「くそ…………吐きそうだ」

「ちょっと、ジェイス! 向こうで吐いてよッ!」


「おえぇぇぇえええ!」


 ジェイスの代わりに、ザラディンが吐き戻した。

 しかし、吐き戻されたのは水でも食料でもなく、ただの胃液。


 あまりの渇きのため胃酸が逆流しているのだろう。


 そして、

「お前が吐くんかぃ───おぇぇぇええええ……!」


 結局ジェイスも貰いゲロをする。


「うわ、くっさ!」


 あまりの悪臭にメイベルがドン引きする。


 しかし、湿った足元のせいでうまく逃げられない。

 周囲には水分が大量にあるというのに、飲めないのだ。


 湿地帯に迷い込んだジェイス一行は照りつける太陽と、蒸発した湿地の悪臭に苛まれ進むことも戻ることも出来ずにいた。


「あーもぅ、いやッ!! ねー、帰ろうよぉぉお!」


 メイベルが半べそになりながら、キーキーと喚く。

 喋る元気すら失せた男性陣に比べると、まだまだ元気そうだ。


「ぉぇぇ……。か、帰るってどこに帰んだよ!」

「そうです……。むしろ帰り道が分かるなら、教えて欲しいものです」


 おぇぇぇええ……。


「何言ってんのよ! ベームスの街に決まってるでしょ? 足跡をたどれば帰れるってばー!」


 湿地帯に残る足跡を指さし、キーキーと騒ぐ。


「ばーか。そうやって何日も彷徨ってるだろうが!」

「そうですよ! それにベームスなんてとっくに……!」


 男性陣の意見など聞く耳を持たないとばかりに、メイベルが「帰りたい、帰りたい!」と騒ぐ。


 そこに、


「──────ベームスがどうしたの?」


「「「リズ?!」」」


 疲れた表情のリズが、荷物を抱えて戻ってきていた。


「お、遅かったじゃないか!」

「どこまで行ってたのよ、このグズ! 田舎者ぉ!」

「は、はやく。何か食べ物を……!」


 突然元気になり、やいのやいのと騒ぎだすパーティメンバーにウンザリとした様子も隠さず、

「───うるさいわね……。偵察と食料確保が短時間で終わるわけないでしょ!」


 そう言って、ポイっと丸いものを3人に投げ渡す。


「な、なんです? これは……」


 物知りザラディンが、しげしげと眺めている。

 やや楕円を描き、白くてツルンとしている……。


「ここらのリザードマンの卵よ……孵化しかけだから、早く食べて」


 そういったとたんに、ビクビクと卵が震えだした。


「ひぃ!!」


 その衝撃に驚いたザラディンがボトンとそれを取り落とし、卵を割ってしまう。


「バ───!!」

「な、ななななな、なんてことをするんですか!」


「バカッ!! 何をしているの、貴重な食糧よ! なんてことする───は、こっちのセリフよ!」


 リズは構わずザラディンに掴みかかり、問い詰める。


「人がどれだけ苦労してこれを集めたと思っているのよ!」

「リザードマンなんて、食えるわけがないでしょう!」


「そ、そうだ!」

「そ、そうよ!」


 ザラディンの援護をするジェイスとメイベル。

 二人は、卵を気持ち悪がってリズに突き返そうとする。


「あッそう、好きにして───」


 リズはまともに取り合わず、卵を取り返すとそのうちに一つを割り、ちゅーちゅーと中身を吸い始めた。

 よくよく見れば何やら緑色の物体が中で蠢いているが……。


「───ふぅ。……流石にこれは食えないけど、」


 プッ。と、蠢くリザードマンの幼生を吐き捨てる。


「汁だけ吸えば、水分は取れるわよ」


 そう言って、どうする───と目で訴えた。


「うげ……マジかよ」

「おえ。絶対無理」


 ジェイスもメイベルも全身全霊をもって拒否する。


「あ、そう。それ以外に水分を取る方法なんてないわよ───今のところはね」


 それだけ言うと、リズは3人には構わずスタスタと歩き去ってしまう。


「ちょ! どこいくんだよ!」

「ねぇ、水なら足元に一杯あんじゃん! これ飲もーよー!」

「そ、そうですぞ! もう、魔力もないのです! 水の生成をするより───」


 くるり。


「一回だけ言うね」


 笑顔のリズ。

 だけど、目が笑っていない───……。


「───好きにすれば?」


 ついてくるのも、水を飲むのも……全部好きにしろといっているのだ。

 リズには彼らを助ける義理など、もはや何一つないのだ。


「ぐ……! ま、待てよ!」

「ちょ、先にいかないでよ! 待ってぇ」

「おいていくつもりですか? 恩人に対してなんて冷たい……!」


 軍団から逃げおおせたことを恩に着せるジェイス達。

 だが、その言葉を発せばリズからは氷よりも冷たい目を向けられる。


「……恨みはあっても、恩はないわ───」


 それだけ言うと、もはや語らず黙々と歩き続けるリズ。

 その足取りはしっかりしており、ちゃんと目的地があるように見える。


 それを見て顔を見合わせるジェイス達。


 どうしようか、と悩んでいるのだ。

 ここに留まっても死を待つばかり。


 一か八かで歩き出しても、どこに向かえばいいのか分からない。


 人気の全くない荒野で、3人は途方に暮れてしまった。


「……ジェイス殿、ここはリズに従うのが得策かと」

「そ、そうよ。あの田舎者なら、こういった環境に詳しいはずだし」

「お、おう……そうだな。どのみち、湿地の上じゃ座ることもできやしねぇ」


 ここに迷い込んでからずっと立ちっぱなしの3人。

 いい加減くたびれて来たし、何か食べたい……。


 目の前に落ちている割れた卵と、ウゾウゾと蠢くリザードマンの幼生をみて思わずゴクリと喉が鳴る。

 さっきは拒否したが、それでも食えるならと……。


 リズは食料を調達に行ったと言っていた。

 そして偵察もしたと……。


 なるほど、見れば───彼女の背嚢は膨らんでいる。


 他にも食料を見つけたのかもしれない。

 そして、あの足取り。


 きっと手がかりをつかんだのだろう。

 文明までの道のりを───。


「お、おい!! リズ待てよ!」

「私達も行くぅ」

「わ、私の知識が必要になるはずですぞー」


 そうして、今更ながらドタバタとリズの後を追う3人。

 だがそれを顧みないリズ。


 黙々と歩く彼女の足取りは確かであったが、彼女の背中は酷く頼り無げに見えた……。




 まるで迷子の子供のように───。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます