きみが本気で笑うまで 〜ちっちゃなミリーの大挑戦〜

作者 春川晴人

33

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

笑顔の効能。誰もが身近に知っているはずなのに、誰もがそれに気付かない。
幸せな気持ちを迎え入れる窓を閉ざした少女と、彼女を幸せにしたい妖精との物語は、御作者様の優しいタッチの文章と、ちょっぴり悲しい出来事との狭間に揺られながら紡がれていきます。

はたして、少女は笑顔を取り戻すことができるのか。
まるで絵本のような一冊を、どうぞ手に取ってみてください。

★★★ Excellent!!!

ミリーは明るく楽天的な妖精なのですが、ちょっぴり落ちこぼれ気味💦

そんなミリーに「人間の女の子を笑わせる」ミッションが。
妖精学校の校長先生でもあるお母さんに送り出され、妖精界の王子や王女たちと一緒に人間界へ。

ミリー達が笑顔にしたい女の子静香には笑顔になれない哀しい理由がありました。
そんな静香にも持ち前の明るさでミリーは接します。
いつしかミリーの明るさや行動力で静香の「哀しい境遇」も変わってゆきます。

妖精界、人間界のキャラクターたちが織り成す心温まるストーリー。
恋の花や恋のつぼみもちらほらとほころびます。

前半部分はミリーの失敗にハラハラドキドキ。
静香の境遇に「そんな……」と絶句。
そして物語がすすむにつれてミリーと静香に共感しはじめ、
最後にはスタンディングオーベーション!

本気で心配し、本気で哀しみ、本気で見守りたくなる物語です。

静香が本気で笑えるように本気で見守ってあげてはいかがですか?

作者さまらしい「読み心地のよい」ストーリー、春川ブランドをぜひみなさんも楽しんでください。

★★★ Excellent!!!

妖精見習いのミリーは、妖精学校で失敗ばかり。このままでは落第の危機?
そんな彼女に与えられたチャンス。それは、静香という人間の女の子を、心から笑わせるというものでした。

笑わせると言っても、ある出来事が原因で心に傷を負っている彼女を笑顔にするのは、決して簡単なことではありません。ミリーやその仲間達も頑張るのですが、彼女の身には、さらに悲しい出来事が……

切ない展開が続く中、ミリーの前向きで思いに癒されます。彼女は決して自らのためだけでなく、心から静香に笑ってほしいと思い頑張るのですが、読む側にもその気持ちは移っていくのか、ずっと、静香に笑顔になってと思いながら読み続けていました。
静香を笑顔になれるのか。ミリー達の奮闘を応援しながらご覧ください。

★★★ Excellent!!!

春川さんの描かれる登場人物って、繊細でとても表現するのが難しいようなところにまでご配慮が行き届いていると言いますか、前作の長編を読んでも感じたことなんですけど、登場人物が本当のリアルな思春期の子供なんです。
描写が丁寧で読むたびに痒い所に手が確実に届いているという感覚が常にありましたし、心の機微をひしひしと感じました。
今回は妖精さんも登場して彼らが実に妖精らしい。
妖精と人間の仕草の違い、妖精は人間に比べると感情がものすごく明快で、その書き分けにも感動していました。とても可愛らしいキャラクターたちです。
物語は妖精であるミリーが、愛犬を失い心を閉ざした静香を笑わせることが出来るか、というところから始まります。
色んな障害を乗り越えながら進んでいくミリーとその仲間たち、静香の心の変化を楽しんで下さい。
おすすめいたします!

★★★ Excellent!!!

妖精界で暮らす、ちょっとおてんばな女の子ミリー。
一人前の妖精になるべく、日々妖精学校で頑張っているけど、生憎失敗ばかり。
そんなミリーに、名誉挽回の機会が。日本に住む笑うことができなくなってしまった女の子、静香を笑わせることができれば、一人前の妖精に認めてくれるのだと言う。

これはチャンスと、大喜びのミリー。しかしその楽天的な性格から、周りからは心配する声も。
だけど、読んでて思いました。こんな明るいミリーだからこそ、誰かを笑わせる役は、適任なのではないかって。
ちょっとドジで、不用心な所があるミリーだけど明るさだけは誰にも負けません。一人前の妖精になる為、そして静香の笑顔を取り戻すため仲間の妖精たちと一緒に、人間界へといざ行かん!

友達のことで悩み、家族の事で悩む静香の背中を、妖精ミリーが暖かな手で押してくれる、可愛くて前向きな気持ちになれるお話です。

★★★ Excellent!!!

お茶目な妖精・ミリーが、人間界の少女・静香の笑顔を取り戻すために、仲間と切磋琢磨、時には孤軍奮闘するハートフルなストーリーです。

ごはんもおやつも頂きますが、妖精にとって人間の笑顔は一番の栄養。ミリーのキャラクターのおかげでしょうか。ミリーをはじめとする妖精チームの働きかけは、自分たちの栄養確保のためと言うより、或る喪失で傷付いた少女の心を純粋に救うための活動に思えます。

落ち込んでいる少女の笑顔を取り戻そうとする戦い。それは見えない心と戦うということ。住む場所も文化も違う妖精と人間は、どのようにつながって関わっていくのでしょうか。

2020年8月14日現在、絶賛連載中の物語です。是非どうぞ。