サドリの物語

作者 辰井圭斗

24

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

好きな作家のデビュー作(っぽい位置付けのそれ)が好きなのです。随所に見える試行錯誤の痕跡。読んでいると、まるで物語の編まれるプロセスを目の当たりにしているかのような楽しさがあるのです。

辰井圭斗と云えば、今や『デルギ・ハンの大叛乱―皇孫アリンの復讐―』と『俺達ルームシェアしている友達と何が違うんですか』の二作品が(少なくともカクヨムにおいては)代名詞と化しています。二作品の魅力については、多くの方が応援コメントやレビューといった形でその想いをしたためている通り。もはや言わずもがなでしょう。

しかし、あなたを魅了してやまないそれらの作品は、いきなり何の“根底”もなく生じたわけではありません。あなたの心をしかと掴んだそれは、この作品なくしては形にならなかったかもしれないのです。

「注目された作品」と「注目されなかった作品」は、全く無縁の別モノと云うわけではありません。「注目されなかった作品」があったからこそ「注目された作品」を書けるに至ったのです。個々の作品は離れ離れであるようで、その実地続きなのです(まさしくひとつなぎの大秘宝)。

今あなたを魅了してやまない作品の“根底”に触れれば、その作品のこれまでとはまた違った面白さに出逢えるのではないでしょうか。

個人の見解ですが、デビュー作(っぽい位置付けのそれ)は一番作者の“顔”が透けて見える作品だと思います(この物語の静謐な幕引きを目にしたとき、私が最初に抱いた感想は何故か「この作者さんらしい締め括り方だなぁ」でした。これが初めて読んだ辰井圭斗作品であるにもかかわらず)だから、ファンには堪らないのだろうなぁ──などと考察してみたりするのですが、いかがか。