明けそめるとき

作者 烏目浩輔(からすめこうすけ)

切ない……。

  • ★★★ Excellent!!!

車が嫌い。
そこからスタートしてる。

たった二人しか出てこない。
その二人がずっとおしゃべりしてるだけの物語。

最後に車が苦手だった理由が明かされる。
彼は彼女の為に車の免許を取ったのだけれど……。

お互いを思う気持ちが一万字弱に溢れていて涙腺崩壊必至です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

如月芳美さんの他のおすすめレビュー 690