明けそめるとき

作者 烏目浩輔(からすめこうすけ)

二人の間に横たわるのは、ただ悠久の星の海

  • ★★★ Excellent!!!

二人の間に満天の星が広がり、その距離は永遠に離れ続ける。
同じ時間を過ごすこと、共にそう願ったはずなのに……
もはや交差することのない二人の思いをリリカルに綴ったガラス細工のような作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

凍龍さんの他のおすすめレビュー 49