明けそめるとき

作者 烏目浩輔(からすめこうすけ)

展望台で最後の報告を……

  • ★★★ Excellent!!!

失われたものはそこに留まり。
けれど時間は確実に刻まれていて……いずれ別れがやってくる。

後半は、そういうことだったのかという驚きと、だからこそどちらにも非はなく、今が「最後」である必要があるのだと感じました。
そうして人は前に進んでいく。

これほど短い作品なのに、ぐっと胸にこみ上げてくるものは切なく最上質の読後感。
めぐりあえてよかったと思う作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

コノハナサクヤさんの他のおすすめレビュー 681