明けそめるとき

作者 烏目浩輔(からすめこうすけ)

思わず声が出る、感動の一作

  • ★★★ Excellent!!!

前編で、興味を引き、後編で裏を返す。
まさに、人を感動させる理想の小説といっても過言ではありません!
私も、読んでいて、思わず声が出てしまいました。
6000字ちょっとで、ここまで感動できる作品を作れるとは、お見事です!
タイトルの意味も読み終わると、納得!っといった感じです!

すばらしい一作をありがとうございます!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

氷堂 凛さんの他のおすすめレビュー 44